--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国ドラマ グッドドクター あらすじを企画意図から先に読む!

2013年08月08日 19:37

韓国ドラマ グッドドクター あらすじを企画意図から先に読む!

韓国ドラマ グッドドクターのあらすじ情報は予告あらすじを記載するつもり。
韓国ドラマグッドドクターあらすじを見てドラマの視聴を決める人もいると思う。
しかし、韓国ドラマ グッドドクター 1話と2話を視聴したものとして言えるのは、一度視聴してから決めて欲しい。
韓国ドラマのキャストが気になるのは、視聴をするかしないかを決める時に基準になる場合があるから?
韓国ドラマ グッドドクター キャストより、メディカルドラマと言うジャンルが、パク・ジェボムと言う作家への期待がドラマを視聴させた。
パク・ジェボム作家への期待は間違いではなかった。
しかし、あまり期待していなかった、韓国ドラマ グッドドクター キャスト チュウォンの演技力と演出は私に感動を与えてくれた。

韓国ドラマ グッドドクター あらすじは障害を克服して小児外科医になる成長ドラマ? 
韓国ドラマ グッドドクター あらすじは障害を克服して小児外科医になる成長ドラマ?

韓国ドラマ グッドドクター 観戦ポイントでも記載しているが、サヴァン症候群を持った男子主人公が想像の中で手術を行う場面が最も印象に残っている。
韓国ドラマグッドドクターの視聴率は月・火ドラマの中でトップを座を占めた。
韓国ドラマ グッドドクター 1話の視聴率は、10.5%(2013.08.05基準 TNmS)を記録して、2話の視聴率は、13.6%(2013.08.06基準 TNmS)であった。
競争作である火の女神チョンイの視聴率は、11話が10.7% (2013.08.05基準 TNmS)、12話が11.0% (2013.08.06基準 TNmS)だった。
そして、黄金の帝国視聴率は、11話が10.3% (2013.08.05基準 TNmS)、12話が10.5% (2013.08.06基準 TNmS)を記録した。
月・火韓国ドラマの視聴率は、始まったばかりの韓国ドラマ グッドドクターがトップの座を固めている。

子供の未来のために、そして家族の幸せのために孤軍奮闘している小児外科医の世界

メディカルドラマと言うジャンルが、パク・ジェボムと言う作家への期待がドラマを視聴させた。 
メディカルドラマと言うジャンルが、パク・ジェボムと言う作家への期待がドラマを視聴させた。

多くの人々が小児外科が別に存在するという事実を知らない。
しかし、小児外科はずっと存在してきたし、黙々と自分の行く道を歩んでいる。
ボールペンサイズの超極小未熟児の手術、お母さんのお腹の中にいる胎児の手術など・・・
私たちが知らない驚異的な医術が小児外科で行われている。

小児外科医になりたかった理由は、大人になれない子供を救うため!  
小児外科医になりたかった理由は、大人になれない子供を救うため!

韓国ドラマグッドドクターは、透徹した使命感で子供の命を救っている小児外科医の世界を扱って彼らの苦悩と痛みを扱う作品だ。
これとともに、不当な医療保険システム、利益だけを追求する病院の経営によって劣悪した環境を持つしかない小児外科の現実も加減なしに見せてくれる予定だ。
また、単純な治療ではなく、子供たちの未来に責任を持つ医師の活躍を通じて、大人が本当に子供のためにすべきことは何かを問い直すこともできるだろう。
小児外科病棟の子どもたちは、我々の子供であり、甥であり、弟・妹である。
韓国ドラマグッドドクターは、ドラマを通じて子供たちの快復と未来、健康的な世界を願う。

障害者に対する同情と憐憫の視線ではなく、同質感と共感で眺める。

韓国ドラマ グッドドクター キャスト チュウォンの演技力と演出に感動を受けた。 
韓国ドラマ グッドドクター キャスト チュウォンの演技力と演出に感動を受けた。

障害者がドキュメンタリーではなくドラマで出てくることを不便に思う視聴者もいる。
そして、そのような視聴者は、素敵であるかきれいな主人公が出てくるのを望む。
‘不便だ’というのは、ドラマでは美しいものだけを見たいという意味だ。
ドラマではなく、現実では障害者を同情と憐憫の対象として眺める。
ならば、障害者は美しくない不便な対象なのか?
単純な憐憫と同情の対象なのか?

障害の中で自閉症くらい一般の人たちの偏見と誤解をたくさん持っているものはない。
韓国映画‘マラソン’のチョウォンの言い方、不安定な手つき、低能、社会不適応、そして、不治の病・・・
自閉症と言うと一般の人が思い浮かべるのは、決まった特徴である。
しかし、自閉症はあまりにも様々な症状のパターンが存在し、ケースによって違いはあるが、治療が可能な障害である。

想像の中で手術を行っているが、いつかは救いたい子供のためにメスを持つようになる日を夢見て! 
想像の中で手術を行っているが、いつかは救いたい子供のためにメスを持つようになる日を夢見て!

治療後、社会の構成員としての活動も可能である。
障害に対する偏見や誤った知識は、彼らを障害者として烙印を押す要因である。
この烙印は彼らを理解するのではなく、平然に同情と憐憫に固められる。
韓国ドラマグッドドクターは、障害者も健常者と同じ感情や夢を持った存在であり、かえって私たちに響きを与えることができる‘美しい’存在であることを示そうとする。
このドラマを通じて、彼らに必要なのは思いやりと同情ではなく、同質感と共感であり、社会構成員として認めであることを言おうとしている。

- 善良なドラマグッドドクターの企画意図の概要 -

私にも夢はある!いつかは誰かを救える存在になりたい! 
私にも夢はある!いつかは誰かを救える存在になりたい!

韓国ドラマグッドドクターを執筆した作家の企画意図が公式ホームページに載せられた。
子供の命を救うために努力する小児外科医の苦悩と痛みを扱っている作品であり、不合理な医療保険システムと病院の利益追求のために劣悪な環境におかれている小児外科の現実をすべて盛り込むドラマグッドドクター。
韓国ドラマグッドドクターの主演を引き受けたチュウォンは、自閉症を持っている役で出演することになる。
自閉症に対する偏見を晴らせて、ケースに応じて治療が可能な疾患であることを知らせようとしている。
そして、社会構成員として活動する姿を描いて障害、自閉症に対する烙印ではなく別の理解を助け、社会構成員として認められていく姿を描こうとする。

- 新たに始まる月火韓国ドラマ、グッドドクター競争作 -

月火韓国ドラマグッドドクターと同じ時期に開始する韓国ドラマでは、コン·ヒョジンとソ·ジソプの主演ですでに多くの期待を受けている主君の太陽とイ·ジュンギとキム·ソヨンの組み合わせでスリルあるドラマになりそうなTwo weeksがある。
主君の太陽とTwo weeksは水・木ドラマであり、月・火ドラマは現在放送中の火の女神チョンイと黄金の帝国が韓国ドラマグッドドクターの競争作になる。
新しい月火韓国ドラマ戦争でどのようなドラマが勝つだろうか?
主君の太陽とTwo weeksもおすすめの韓国ドラマだが、韓国ドラマグッドドクターを執筆するパクジェボム作家への期待感も高い。

- 韓国ドラマグッドドクター:サヴァン症候群 -

これ以上の別れは嫌だ!力がある限り私の夢は続く! 
これ以上の別れは嫌だ!力がある限り私の夢は続く!

韓国ドラマグッドドクターのチュウォンは、サーバント症候群を持っているパクシオンとして登場する。
サヴァン症候群(サヴァンしょうこうぐん、savant syndrome)とは、自閉症などの障害を持ちながらも、特定の分野については天才的な才能や能力を持っている症候群を指す。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/777-0199c953
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。