--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッドドクターチュウォン人工呼吸!サヴァン症候群とは?

2013年07月25日 20:16

グッドドクターチュウォン人工呼吸!サヴァン症候群とは?
グッドドクターチュウォン人工呼吸!9時間に及ぶ撮影中に真剣に没頭

俳優チュ·ウォンが汽車駅で倒れた子供を人工呼吸で復活させる応急処置のシーンをリアルに描いて現場を圧倒した。
7月24日韓国ドラマグッドドクター製作陣を通じて公開されたスチールカットを見ると、チュ・ウォンは1分1秒が緊迫した瞬間にも、冷静に応急処置を行なっている。
チュ・ウォンはKBS2新しい月火韓国ドラマグッドドクター(脚本:パク·ジェボム、演出:キミンス)でサーバント症候群を持った自閉傾向の発達障害青年パクシオン役を引き受けた。
サヴァン症候群とは、自閉症や知的障害を持った人々が、特定の分野で天才的な才能を発揮する現象を意味するもので、シオンは医学的な部分で能力を発揮する。
独特なキャラクターを演じ出すチュ・ウォンの姿に期待が集まっている。

グッドドクターチュウォン人工呼吸!サヴァン症候群とは? 
グッドドクターチュウォン人工呼吸!サヴァン症候群とは?

チュ・ウォンの汽車駅人工呼吸シーンの撮影は先月19日、京畿道光明(グァンミョン)駅で行われた。
最初に始めた高難度施術シーンだったから、チュ・ウォンは多少緊張した表情で立ったが、小児外科専門医に相談を受けながら、様々な教育を受けてきたおかげで、完璧に撮影を終えることができた。
自由自在に道具を利用して手慣れた感じで応急処置を行う姿を見せて現場スタッフたちを感嘆させた。
また、撮影が中断される時は床に横たわっている子役俳優が疲れると心配して会話を続けるなどの配慮で現場を暖かくした。
9時間にわたって行われたが、チュウォンは集中力あり真剣な姿でリアルな施術演技をしてたという評価だ。


グッドドクターチュウォン人工呼吸!9時間に及ぶ撮影中に真剣に没頭 
グッドドクターチュウォン人工呼吸!9時間に及ぶ撮影中に真剣に没頭

韓国ドラマグッドドクター製作会社ロゴスフィルム側は、“チュ·ウォンはこれまでドラマでは扱ったことのない‘サーバント症候群’のパクシオンキャラクターのために多角度から研究を重ねている。”とし、“一つの場面ことに最善を尽くして没頭しているチュウォンを見ると、感動的なドラマが誕生することになると信じて疑わない。独特なキャラクターのために苦労しているチュウォンの演技を期待してくれ。”と明らかにした。
韓国ドラマキムナムギル主演サメ/鮫の後続で来る8月5日午後10時初放送される予定だ。

*サヴァン症候群(サヴァンしょうこうぐん、savant syndrome)とは、知的障害のある者のうち、ごく特定の分野に限って、優れた能力を発揮する者の症状を指す。
1988年に映画『レインマン』がヒットして、サヴァン症候群への関心が高まることとなった。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/770-9ab60573
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。