火の女神チョンイキャストと韓国ドラマ火の女神チョンイ登場人物詳細

2013年07月03日 19:23

火の女神チョンイキャストと韓国ドラマ火の女神チョンイ登場人物詳細
火の女神チョンイキャストと登場人物紹介!韓国ドラマ火の女神チョンイキャスト詳細

火の女神チョンイキャスト ムングニョン(子役:チンジヒ) ユチョン役

生まれた時から視覚、嗅覚、味覚、聴覚と触覚が発達した女の子。
その五感をひたすら陶磁器を作るために使えることを知っている女の子。
輝く瞳は、器の品格を区別し出して、清潔な鼻は必要な土を見つけ出す。
端正な唇は釉薬を味わい、ソフトな耳は火の動きを聞いて、繊細な手は繰車の上の土練りを作品へと変貌させる。
窯から生まれ窯の神のオーラを受けた者だと言われる。
柳井と書いてチョンイと呼ぶ。

火の女神チョンイキャスト ムングニョン ユチョン役 
火の女神チョンイキャスト ムングニョン ユチョン役
火の女神チョンイキャスト チンジヒ ユチョン子役 
火の女神チョンイキャスト チンジヒ ユチョン子役

天命を悟る前まではを楽しみのために土に触れる少女であるだけだった。
さらに、その頃、朝鮮では女性が陶器工匠にはなれなかった。
ところで、この少女、不合理的な信念や一般的な慣習には簡単に挫折しない。
自分の目の前で死んでいった父、ウルダム。
チョンイは決心する。
父のように朝鮮最高陶器工匠になって父の仇を討って、父が果たせなかった夢を成し遂げると。

火の女神チョンイキャスト イサンユン(子役:ノヨンハク) グァンヘ役

名前はホン。李琿。
朝鮮第15代王ジョジョン(祖宗)であり君の称号を受けた不運な君主。
子供の頃から帝王の風貌を持っていたが、聡明さはかえって禍になって返ってきた。
父のソンジョ(宣祖)の愛は、腹違いの弟シンソングン(信城君)に、王位序列では、同服兄(臨海君) に遅れていた。
文武を身につけて人柄を積むほど、本人に害になることを早くから知っていた。

火の女神チョンイキャスト イサンユン グァンヘ役 
火の女神チョンイキャスト イサンユン グァンヘ役
火の女神チョンイキャスト ノヨンハク グァンヘ子役 
火の女神チョンイキャスト ノヨンハク グァンヘ子役

宣祖と一緒に狩りに出て運命の女チョンイと出会う。
違った。
今まで見てきた人々とは。
この女の前では苦悩するプリンスである必要がなかった。
厚かましく怒鳴ったり、チマで包んでくれたり・・・
もう一度会いたかった。
孤独で苦しかった心を、あの女が開けてくれるような気がした。

火の女神チョンイキャスト キムボム(子役:パクコンテ) キムテド役

まるでそのために生まれたかのようにいつもチョンイのそばを守った。
母なしで育ったチョンイを実の兄妹であるかように、常に世話をしてきたテド。
父と母を助け居酒屋仕事をして、暇な時間には武芸を修め、また暇な時間にはチョンイの世話をするのがテドの平凡な日常だった。
その心が愛であることを知らなかった。
世話をしないといけないと思う義務感一つで生きてきたから。

火の女神チョンイキャスト キムボム キムテド役 
火の女神チョンイキャスト キムボム キムテド役
火の女神チョンイキャスト パクコンテ キムテド子役 
火の女神チョンイキャスト パクコンテ キムテド子役

だから、分院に入ったチョンイに会うためには、光海のそばにいるべきだと思い、妙策を出す。
光海のそばを影のように守り、チョンイに会って世話をする。
そうするうちに、気がついたら、光海がチョンイをどう思うのか気づくことになり、そんな光海が気になり始めた・・・

火の女神チョンイキャスト パクコニョン(子役:オスンユン) イユッド役

サオンウォン変数イガンチョンの息子。
名門陶芸家の長男として、弱冠(20歳)の年齢で陶工に認められた実力者。
下町で土に触れる者であれば、イユットを知らない人はいないほど、名声を得たがユット本人は満足を知らない。
いや、満足することができない。
他の人はユントを生まれた時から土を握って生まれた天才と支えるが、この席に上がるまでは手に指紋が消えるほどつらい努力をしてきた。

火の女神チョンイキャスト パクコニョン イユッド役 
火の女神チョンイキャスト パクコニョン イユッド役
火の女神チョンイキャスト オスンユン イユッド子役 
火の女神チョンイキャスト オスンユン イユッド子役

一日もろくろを回転させなくては不安で眠りさえ成し得ない努力型天才だ。
本当に陶磁器を、陶器工匠という天職を大切に思い愛する。

火の女神チョンイキャスト ソヒョンジン(子役:キムジミン) シムファリョン役

破器匠シムジョンスの娘で、ユウルダムを師匠に侍り、朝鮮の最初の女性沙器匠(陶器工匠)を夢見たが・・・ファリョンは知っていた。
どんなに努力して陶磁器を作っても、チョンイがいる限り一等になれないことを・・・
テドに関してもチョンイがいる限り、自分は一等になれなかった。


火の女神チョンイキャスト ソヒョンジン シムファリョン役 
火の女神チョンイキャスト ソヒョンジン シムファリョン役
火の女神チョンイキャスト キムジミン シムファリョン子役 
火の女神チョンイキャスト キムジミン シムファリョン子役

手はついて来なかったが、陶磁器を見る目はファリョンの後を継ぐものはいなかった。
父の過ちにより、商団に引きつられていたが、商団の補助から行商まで色々と学びながら商取引の基礎を固めた。
金と権力を利用することを知ると、自分が欲しかった物は何であれ手に握ってたくなる。

火の女神チョンイキャスト チョングァンリョル イカンチョン役

6代にかけて水土官管を務めた両班。
陶磁器名家の子供として生まれた直後から、ずっと陶工の道だけを歩んできた。
大王の品格を付加する芸術性、それこそカンチョンが追及する最高の陶磁器だ。

火の女神チョンイキャスト チョングァンリョル イカンチョン役 
火の女神チョンイキャスト チョングァンリョル イカンチョン役

分院最高陶工であり、朝鮮最高の陶工と信じていた。
朝鮮の王は、主上だが、自分の王はイカンチョン自分と確信した。
火の手と呼ばれるユウルタム、その天才陶芸家が現れる前までは。
サオンウォン分院最高役職であるナンチョン席を置いてウルタムと競合。
それから10年後、ウルタムの娘、チョンイのせいで、再び左折感を味わうと、潜在していた怒りと劣等感が爆発してその怒りがウルタムとチョンイを向かうことになる。

王宮の人物
火の女神チョンイキャスト チョンボソク 宣祖役

火の女神チョンイキャスト チョンボソク 宣祖役 
火の女神チョンイキャスト チョンボソク 宣祖役

朝鮮14代王。
苦難を乗り越えてやっと上った王位を守るために、あらゆる方法を使う。
傍系 (バンゲ)の劣等感は冷遇と蔑視に、回転の速い頭は、狡猾な悪計に。
両手に一つずつ握ってみて、非常にゆっくりと体重を計った後、何が王位保全に、何が自分に得になるのか判断する。

火の女神チョンイキャスト ハンゴウン 仁嬪(インビン)金氏役

火の女神チョンイキャスト ハンゴウン 仁嬪(インビン)金氏役 
火の女神チョンイキャスト ハンゴウン 仁嬪(インビン)金氏役

光海君の生母恭嬪金氏(ゴンビン金氏)が死んだ後、宣祖の寵愛を受けてきた。
嫉妬が多く、頭の回転が速い人物。
男顔負けの度胸と計略の所有者。
自分の息子、信城君を跡継ぎ(皇太子;世子)にするために密かに行動する。

火の女神チョンイキャスト イゴァンス(子役:イインソン) 臨海君役

品行が荒くて猿知恵に優れている。
光海の誕生以来、母であるゴンビン金氏が病気で弱くなって死に至る様子を注意深く目撃し、すべての不幸の原因を妹のせいにする。
光海に子供の頃から抱いてきた劣等感が毎瞬間つきまとう。

火の女神チョンイキャスト イゴァンス 臨海君役 
火の女神チョンイキャスト イゴァンス 臨海君役
火の女神チョンイキャスト イインソン 臨海君子役 
火の女神チョンイキャスト イインソン 臨海君子役

火の女神チョンイキャスト パクジュンモク 信城君子役

火の女神チョンイキャスト パクジュンモク 信城君子役 
火の女神チョンイキャスト イインソン(臨海君)、ノヨンハク(光海君)、パクジュンモク 信城君子役

本院人物
火の女神チョンイキャスト ビョンヒボン ムンサスン役

火の女神チョンイキャスト ビョンヒボン ムンサスン役 
火の女神チョンイキャスト ビョンヒボン ムンサスン役

一生お酒を抱えて生きてきて、手顫症のため酒なしでは陶磁器を作れない酔翁。
両班初で水土ガムグァンに上がった万能の才人で、ウルタムの師匠である同時に、チョンイの師匠でもある。

火の女神チョンイキャスト イジョンウォン ユウルダム役

火の女神チョンイキャスト イジョンウォン ユウルダム役 
火の女神チョンイキャスト イジョンウォン ユウルダム役

朝鮮最高沙器匠であり、チョンイの父親。
沙器匠としてウルダムの天才性と芸術魂は、そのまま彼の娘チョンイに受け継がれて、朝鮮初の女性沙器匠を誕生させる。

火の女神チョンイキャスト ソンジル シムジョンス役

火の女神チョンイキャスト ソンジル シムジョンス役 
火の女神チョンイキャスト ソンジル シムジョンス役

シンフォリョンの父親であり、分院の破器匠。
カンチョン、ユットとは同年代沙器匠で陶磁器を見る目が優れている。

その他の人物
火の女神チョンイキャスト チャングァン イピョンイク役

火の女神チョンイキャスト チャングァン イピョンイク役 
火の女神チョンイキャスト チャングァン イピョンイク役

吏曹判書(イジョパンソ)。
朝廷の実力者であり、インビンとは、政治的な味方で信城君を王位に上げるためにキングメーカーを自任する。
分院のイカンチョンと手をつなげて、多数の白磁を引き出して、自分の腹を満足させることについて躊躇うことがない。

火の女神チョンイキャスト チャンヒョジン マプン役

カンチョンの護衛武士。
ボンジョクの息子で、幼い頃、片方の耳が遠くなってしまった。
これに、イカンチョンはマプンを手足に使うのが当たり前だと思い、自分の家に入れて、他の人に知らせることができないことを主にさせた。

火の女神チョンイキャスト ソンオクスク ソンヘンス役

火の女神チョンイキャスト ソンオクスク ソンヘンス役 
火の女神チョンイキャスト ソンオクスク ソンヘンス役

シムジョンスが返済できなかったお金のためにファリョンを連れて行くが、ファリョンを商団の核心人物に育てる人物。
度胸でスケールが大きく、経営が上手な女ヘンス。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/754-502138e0
    この記事へのトラックバック