火の女神チョンイ観戦ポイント5つは?火の女神チョンイキャストとあらすじで見る

2013年07月02日 22:20

火の女神チョンイ観戦ポイント5つは?火の女神チョンイキャストとあらすじで見る

韓国ドラマ火の女神チョンイあらすじは、儒教を信念と思っていた朝鮮時代に、一人の女性が陶工として成功していくサクセスストリーだ。
それに、チョンイと光海君の切ないラブストーリーまで加わる。
朝鮮時代女陶工だった、ペクパソンの人生をモチーフにしながら、光海君の人生も再照明する予定だ。
放映前から新しいラグジュアリー時代劇の誕生予感で期待を集めるMBCの新しい月火特別企画韓国ドラマ火の女神チョンイが7月1日にベールを脱ぐ。

火の女神チョンイキャスト ムングニョン、イサンユン 
火の女神チョンイキャスト ムングニョン、イサンユン

朝鮮初の女性陶工の波乱万丈な人生と愛という興味深い話を描く‘火の女神チョンイ’は韓国ドラマ武士ペクドンス、同名の小説、火の女神チョンイのクォンスンギュ作家と、勝手にしやがれ、ドクターギャング、おいしいプロポーズなどのパク·ソンス演出が意気投合した作品で期待を集めている状況。
特に、ムングニョン、イサンユンなどの主演俳優からチョングァンリョル、ピョンヒボン、イジョンウォン、ソンジル、チョンボソク、ハンゴウン、チンジヒ、ノヨンハク、パクコンテなど中堅俳優、子役に至るまで、自他共に認める最高の演技力を備えている人の出会いが視聴者たちの耳目を集中させている。
もう一つの名品史劇でお茶の間へ‘チョンイ風’をもたらす‘火の女神チョンイ’の観戦ポイントを探ってみる。

◆火の女神チョンイ観戦ポイント1つ:陶磁器から分院、陶工まで韓国初の陶磁器ドラマ!

火の女神チョンイキャスト ムングニョン 
火の女神チョンイキャスト ムングニョン

韓国ドラマ火の女神チョンイは16世紀末、東アジア最高レベルの科学と芸術の結合体である朝鮮時代の陶磁器製作所分院を背景に朝鮮の儒教文化圏で初の女性陶工という人生を歩んだ一人の女性の熾烈な芸術魂と愛を描く予定である。
韓国内ドラマでは初めて磁器の分院、陶工の世界を盛ることが知られて視聴者たちの好奇心が高まっている。
製作陣は、このような視聴者たちの期待感を満たそうと、ドラマのために壮大なスケールの分院、竜窯を特別に製作するなど、陶磁器4代名将であるドピョンヨのソミン(小民)ハンイルサン陶芸家の作品をドラマの中に登場させて陶器の文化を最大限に現実感あるように再現しようとする意志を伝えている。
また、陶工役割を引き受けたムングニョン、パクゴンヒョンなどの出演陣も直接、嘉会洞(カホィイドン)に位置するイドアカデミーを尋ねて、陶芸練習に邁進することで、その意で参加して、視聴者たちに他のドラマとは異なる見る楽しさを提供する準備を終えた。

◆火の女神チョンイ観戦ポイント2つ:ムングニョンの5年ぶりに着た韓国伝統衣装は時代劇クイーンの帰還を知らせる。

火の女神チョンイキャスト 主演 ムングニョン 
火の女神チョンイキャスト 主演 ムングニョン

5年ぶりに時代劇にカムバックするムングニョンに対する関心も欠かせない観戦ポイント。
ムングニョンは去る2008年お茶の間初主演作、SBS韓国ドラマ風の花園で男装女、シンユンボク役を引き受けて安定した時代劇演技をして、22歳という年齢で最年少演技大償者というタイトルを手にしたことがある。
その後、しばらくの間、時代劇では顔を見ることができなかったムングニョンが、今回の韓国ドラマ火の女神チョンイを通じてカムバックを発表したことについて、視聴者たちは‘時代劇クイーン’の帰還と言いながら喜色を表わしている。
これに、ムングニョンも6月27日、ソウル永登浦区タイムスクエアアモリスホールで行われた火の女神チョンイ製作発表会で、“時代劇を本当にしたかった。”と時代劇に対する特別な意志を明らかに、火の女神チョンイに対する期待感を一層高めた。

◆火の女神チョンイ観戦ポイント3つ:青年光海の切ない愛と孤独な闘争‘光海の再照明’

火の女神チョンイキャスト イサンユン 
火の女神チョンイキャスト イサンユン
火の女神チョンイキャスト 主演 イサンユン 
火の女神チョンイキャスト 主演 イサンユン

朝鮮15代王光海君は王として在位した当時、偉大な外交政策を展開した反面、党争に巻き込まれ臨海(イムヘ)君と永昌大君(ヨンチャンデクン)を死に至らせて、仁穆大妃(インモク大妃)を流弊させるなどで終わらせる仁祖反正 (インジョバンジョン)で廃位、歴史的に暴君と聖君の岐路に立ているという評価を受けている人物である。
そのような光海君が、最近の映画、小説などを通じて再照明されている中で、火の女神チョンイがこれに同参する。
火の女神チョンイにおいて、光海(イサンユン)は、一人の女性に向けて消えない愛と熾烈な政治的環境の中で、孤独な闘いを繰り広げる姿を見せることで、王ではなく人間であり、男としての面貌を浮上させる予定である。
チョンイに向けた青年光海の身分を越えた愛が描く切なさがどのように表現されるか気がかりなことを誘発させる。

◆火の女神チョンイ観戦ポイント4つ:ムングニョンとイサンユンの出会い‘国民カップル’誕生予感

火の女神チョンイキャスト 主演 ムングニョン イサンユン 
火の女神チョンイキャスト 主演 ムングニョン イサンユン

ムングニョンとイサンユンの出会いも興味深いところだ。
ムングニョンは、子役時代からキュートなルックスと安定した演技力、純粋なイメージで多くの人気を集め、その時に得られたニックネームを通じて‘元祖国民の妹’として君臨している。
また、イサンユンは、平凡な容貌と優しいそうに見える笑顔、スマートな姿に加えて、昨年KBS韓国ドラマ私の娘ソヨンで、頼りある家庭的なカンウジェ役で出演して‘新たな国民の夫’として浮上している。
このように、‘元祖国民の妹’ムングニョンと、‘新興国民夫’イサンユンがカップルで呼吸を合わせるという話だけでも視聴者たちは高い関心を見せている。
この二人は、火の女神チョンイを通じて、国民カップルになることができるのかを見守るのも一つの楽しみになると予想される。

◆火の女神チョンイ観戦ポイント5つ:演技力を備えた俳優の総出動

火の女神チョンイキャスト ムングニョン、イサンユン、キムボム、パクゴニョン、ソヒョンジン 
火の女神チョンイキャスト ムングニョン、イサンユン、キムボム、パクゴニョン、ソヒョンジン

皆が知っているように、名品ドラマの基本的な条件は、俳優たちの演技力にあるもの。
演技力を備えた名品演技者たちが総出動することも名品時代劇に対する期待感を高める理由の一つだ。
韓国ドラマ火の女神チョンイキャストはムングニョン、イサンユンなどの主演俳優、チョンボソクとイジョンウォン、ピョンヒボンなどの中堅俳優、チンジヒとノヨンハク、パクコンテなどの子役俳優に至るまで、自他共に認める検証された演技力の俳優たちが総出動することで名品ドラマの条件を完全に満たした。
視聴者たちは、火の女神チョンイに出演する演技力ある俳優の名前を見て、“下手な演技の恐れが全くないドラマ”と評価し、初放送される日を指折り数えて待っている状況だ。
このように、様々な要素が視聴者たちを引き寄せているMBCの新しい月火特別企画韓国ドラマ火の女神チョンイは、7月1日の夜10時初放送でそのベールを脱いた。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/753-f7badab9
    この記事へのトラックバック