--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火の女神チョンイあらすじを企画意図から先に読む?ムングニョンドラマ

2013年07月02日 19:59

火の女神チョンイあらすじを企画意図から先に読む?ムングニョンドラマ

炎のように燃え上がった朝鮮初の女性陶器工匠
朝鮮初の女性陶器工匠ペクパソンの情熱なストーリー!

韓国ドラマ火の女神チョンイあらすじは、朝鮮時代初の女性陶器工匠の波乱万丈な人生と愛を描く。

ムングニョンドラマ!火の女神チョンイ、ムングニョン 
火の女神チョンイあらすじと火の女神チョンイキャストムングニョン、イサンユン

朝鮮女性 チョンイ。
彼女の熾烈だった芸術魂と愛を描く。
人生の源であった朝鮮を背景に、炎のように燃え上がった人の跡を追う。

青年光海(朝鮮15代王)の身分を越えた愛!

火の女神チョンイあらすじと火の女神チョンイキャストムングニョン、イサンユン 
ムングニョンドラマ!火の女神チョンイ、ムングニョン

済州島では、旧暦の7月1日に降る雨を大王の涙と呼ぶが、その涙の主人公がまさに暴君と聖君、両者の間に立っていた光海君だ。
彼の胸には暴君も聖君でもない、一人の女性に向けて消えない愛と孤独な闘争が渦巻いている。
誰もが口をそろえて悲運の君王と呼ぶ、この光海君の人生を、王ではなく一人の人間として照明してみる。

王室陶磁器製作所サオンウォン分院が息詰まる競合と創造の空間として登場する。

火の女神チョンイキャストムングニョン 
火の女神チョンイキャストムングニョン

21世紀に半導体があると言ったら、朝鮮時代には陶器があった。
王室陶磁器を作るサオンウォン分院。
スラカン(水刺間)、ネイウォン(内医院)、ドファソ(圖畵署)などに続き、時代劇の新たな空間を登場させる。
色とりどりの華やかな陶磁器と陶器工匠たちの芸術魂が交わる場所分院。
この分院で手に汗を握らせるサクセスストーリーテリングが展開される。

一方、韓国ドラマ火の女神チョンイは、朝鮮時代初の女性陶器工匠であったペクパソン(百婆仙)の波乱万丈な人生と愛を描く。
韓国ドラマ火の女神チョンイキャストは、ムングニョン、イサンユン、キムボム、パクゴニョン、ソヒョンジン、チョングァンリョル、ビョンヒボン、イジョンウォン、ソンジル、チョンボソク、ハンゴウン、イグァンス、チャングァン、ソンオクスクなどであり、子役は、チンジヒ、ノヨンハク、パクゴンテ、オスンユン、キムジミン、パクジュンモクなどが出演する。


*백파선(ペクパソン:百婆仙)  深海宗伝と百婆仙

1623年頃、深海宗伝の未亡人ペクパソン(百婆仙)が同族である朝鮮陶器工960人を率いて有田の稗古場に窯を開いたという記録がある。

火の女神チョンイあらすじを百婆仙の人生の跡を追う! 
火の女神チョンイあらすじを百婆仙の人生の跡を追う!

法塔に刻まれた『萬了妙泰道婆之塔』は有田焼創業期に活躍した百婆仙のことだ。
本名は不明ですが、夫深海宗伝と共に豊臣秀吉の朝鮮出兵(1592~1598)に際し、韓国より連れてこられた。
武雄市内田村で磁器と陶器を焼き、陶器を献上していた。
しかし元和4年(1618)に宗伝が死去。
彼女は子供の平左衛門(宗海)と共に焼き物の製作を続けたが、有田で良質の陶石が発見され、渡来陶工の一族を伴って有田町稗古場に移ってきた。
家族や多くの朝鮮人陶工から敬愛された百婆仙は、明暦2(1656)年3月10日96歳で亡くなった。

この塔は曾孫の宗仙が、百婆仙の五十年忌にあたる宝永2年(1705)に稗古場の報恩寺に建立した。
『百婆仙の法塔』と並んで『深菴宗海居士之塔』(子・宗海)と『湛丘寄与然禅士之塔』(孫・湛丘)が建てられている。
このように百婆仙は、有田皿山の陶磁器創始期における渡来陶工の有力な指導者だった。
深海一族は、苗字帯刀を許され、その後窯元として繁栄したが、明治維新の折、藩の御用窯であった為、閉窯となった。

火の女神チョンイあらすじを百婆仙の人生から先に読む? 
火の女神チョンイあらすじを百婆仙の人生から先に読む?

百婆仙は明暦2年(1656)に96歳で亡くなったが、彼女については報恩寺の境内にある「萬了妙泰道婆之塔」に記されている。
稗古場窯と天神山窯は何度か築き直されたが、ほぼ江戸時代を通して長期間操業された窯だ。
また、その間には同じく有田焼の基礎を築いた人物である金ヶ江三兵衛(李参平)の子孫も白川移り住み陶業を営んでいた。

稗古場窯は1985年の調査では17世紀代の登り窯が発見されている。
正式な考古学的発掘ではないため正確なことは分からないが、焼成室の規模は横幅3.2m、奥行3.18mであったという。
天神山窯は1990年の発掘調査では登り窯は発見されず物原(失敗品の捨て場)の一部だけを確認した。
登り窯はすでに破壊され、消滅してしまっているようだ。
出土した製品の年代は1630~1660年代のもので、いわゆる初期伊万里焼と称される製品から海外輸出向けの製品まで見られる。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/752-a160a6cf
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。