黄金の帝国キャスト及び登場人物紹介!黄金の帝国キャストソンジングループ編

2013年07月02日 18:36

黄金の帝国キャスト及び登場人物紹介!黄金の帝国キャストソンジングループ

韓国ドラマ黄金の帝国キャストソンジングループ編は、ソンジングループの人々はPart1とPart2に分けて掲載されいます。
 

黄金の帝国登場人物とキャスト:ソンジングループの人々 Part1

黄金の帝国キャスト パクグニョン チェドンソン役

黄金の帝国キャスト パクグニョンはチェドンソン役を演じる。 
黄金の帝国キャスト パクグニョンはチェドンソン役を演じる。

ソンジングループ会長。
韓国を動かせていた黄金の帝国、その帝王が避難の道で飛行機の爆撃のため、家族を失って4歳年下の弟ドンジンと二人だけが生き残った。
家族の全滅に嗚咽しながらも、サツマイモを食べているくらいお腹ががすいた二人の兄弟は、しつこく生き残ってチェドンソンの‘ソン’とチェドンジンの‘ジン’を取った‘ソンジンのグループ’を立てた。
素手で企業を起こした人らしく、危機を感知する本能を持っている。
甥チェミンジェがのグループの経営権を脅かす唯一な存在であることを感じたこと!

いつものように芽を切ろうとしたが、弟と甥の反発はあまりにも強かった。
長い戦いが始まったのだ。
脳腫瘍の手術後、ますます認知症がひどくなっていく。
彼が吐き出す言葉が正常な状態で出てきた言葉なのか。
認知症老人の妄言なのか、誰も判断するのは難しい状態!
自分の体を左右できない認知症老人の口先に、黄金の帝国の運命が左右されることが生じるが・・・

黄金の帝国キャスト キムミスク ハンジョンヒ役

黄金の帝国キャスト キムミスクはハンジョンヒ役を演じる。 
黄金の帝国キャスト キムミスクはハンジョンヒ役を演じる。

チェドンソン会長夫人。
慈愛に満ちていて、思いやりもある。
4兄妹を心配して世話することに、時間の大半を費やしている。
認知症にかかってトイレにも自由に行けない状況に置かれたチェドンソン会長を厳命に看病する。
家の中の戦いを止めるために、チェドンジン副会長の家にも訪ねて和解を手配することもある。
激戦を広げる両家で、誰とも敵にならずしたに過ごす唯一の人物。

黄金の帝国キャスト オムヒョウソプ チェウォンジェ役

黄金の帝国キャスト オムヒョウソプはチェウォンジェ役を演じる。 
黄金の帝国キャスト オムヒョウソプはチェウォンジェ役を演じる。

チェドンソン会長の長男。
能力はないが、お金があり、耳が薄いが地位がある。
しようとするプロジェクトは、赤字を免れないが、単に長男という理由でソンジングループを継承する可能性が確実な人物。
しかし、ミンジェに対する劣等感とソユンに対する嫉妬でグループを危機に追い込む。

黄金の帝国キャスト コウンミ パクウンジョン役

黄金の帝国キャスト コウンミはパクウンジョン役を演じる。 
黄金の帝国キャスト コウンミはパクウンジョン役を演じる。

チェウォンジェ妻、チェドンソン会長側近のパクジンテ娘
米国MBAを卒業した財源。
お金の力でやっと大学の学位を取った、知的対話が不可能なチェウォンジェと結婚した理由は立った一つ!
いつかソンジングループ会長の妻になることができるだろうという期待からだった。

だから我慢した。
夫の無能も。
夫の無知も、夫の無謀さも。
我慢して過ごした。
しかし、夫がますます後継者の構図から押し出されて行くと、家の中のイベントに出席することに消極的になる。
自信満々だった長男嫁の表情は、空虚になり、言い方はシックになる。
夫の無能を軽蔑して、テジュの闘魂と成功に対する執念を憧れる。

家族間の離合集散の過程で、夫に背を向け、テジュ側に立つことになる。
そのおかげで、テジュが会場となった後、夫は外国に追い出されたが、流通関連会社を引き受けることになる。
無能な夫は火のように怒るが、ウンジョンは知っている。
流通関連会社が自分の手の中にある限り、夫は自分のそばを離れることができないことを!
自分は心を決めればいつでも夫のそばを離れることができていることを!
21世紀の女性CEOとして脚光を浴びるようになると、より多くを所有したい欲望が動き始める。
 
黄金の帝国登場人物とキャスト:
ソンジングループの人々 Part2

黄金の帝国キャスト シンドンミ チェジョンユン役

黄金の帝国キャスト シンドンミはチェジョンユン役を演じる。 
黄金の帝国キャスト シンドンミはチェジョンユン役を演じる。

チェドンソン会長の娘
世の中の全てのことに対して心配のない天下太平、おしゃべり、世間知らずのお姫様。
グループ経営には全く関心がなく、知っていることもない。
知ろうともしない。
彼女心配はただ一つ。
あまりにもハンサムな夫がもしかしたら浮気をするのではないかと、グループのセキュリティチームを動員し、夫の行動を調査する。
後継争いの過程であちこちに振り回されると苦しむ。
 
黄金の帝国キャスト ジョンウク ソンドンヒ役

チェドンソン会長の娘婿、チェジョンユンの夫
ソウル地検検事。
ギリシャ彫刻のような容貌。
法曹名門家の子弟。
父は最高裁判所長候補として有力視されている。
いつも法と原則を強調する。
お金と利益は、妻が世話をしている。
幻想のカップルだ。
後継争い中、遠く離れて俗物たちの戦いを離れて見るようにあざけるが、毎瞬間、有利不利を考えて、妻を動かして利益を得る側に移動して回る。
 
黄金の帝国キャスト イヒョンジン チェソンジェ役

黄金の帝国キャスト イヒョンジンはチェソンジェ役を演じる。 
黄金の帝国キャスト イヒョンジンはチェソンジェ役を演じる。

チェドンソン会長の末の息子。
いつもソンジェはソユンを訪れた。
年の差が、多いウォンジェ、ジョンユンとは親しくないが、ソユンとは5歳違い。
密かに会う彼女との秘密を守ってくれたのも、その彼女との初キスをコーチしてくれたのもソユンだった。
経済学者になって、ソンジン経済研究所を務め、ソンジングループ成長のビジョンを提示すると言った、少年ソンジェの夢は、ソユンとグループ経営権を置いて全面戦争を繰り広げることになり、ゆがんでしまった。
ソユンの刃が本当に自分自身を向けるかもしれないと思うと、ソンジェの匕首はさらに鋭くソユンを狙うようになる。

黄金の帝国キャスト ジョンハンヨン チェドンジン役

黄金の帝国キャスト ジョンハンヨンはチェドンジン役を演じる。 
黄金の帝国キャスト ジョンハンヨンはチェドンジン役を演じる。

ソンジングループ副会長。
チェドンソン会長の弟。
巨体だ。
声が大きい。
多血質だ。

言葉より拳が先に進む。
一旦、動いて考える。
若い日に、その意気で漢江(ハンカン)を渡り、その血気でソンジングループを興した。
進むの行だけ知っていた。
退くことはなかった。
いや、一度も引かなかったので、今、この席まで来ることができただろう。
しかし、続くテジュの脅威の前で彼は始めて恐怖を感じるようになる。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/750-45cf0b59
    この記事へのトラックバック