--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男が愛する時VS私の恋愛のすべて!韓国ドラマ放送予定最新情報

2013年04月01日 18:41

男が愛する時VS私の恋愛のすべて!韓国ドラマ放送予定最新情報
男が愛する時VS私の恋愛のすべて!どこが違う?見所は?

今年の春、水・木お茶の間がロマンスに染まる。
MBC新しい水木ミニシリーズ、韓国ドラマ男が愛する時(脚本:キムイニョン、演出:キムサンホ)とSBSの新しい水木ミニシリーズ、韓国ドラマ私の恋愛のすべて(脚本:クォンキヨン、演出:ソンジョンヒョン)が主人公だ。
4月第一週にスタートラインを切る2013年放送予定韓国ドラマ男が愛する時と私の恋愛のすべて二つの作品を比較してみた。

▲痴情メローVSロマンチックコメディー

男が愛する時ソンスンホン シンセキョン 
男が愛する時キャストソンスンホン シンセキョン

4月第一週にスタートラインを切る2013年放送予定韓国ドラマ男が愛する時と私の恋愛のすべて二つの作品は愛と恋愛を語る。
その中でも、男が愛する時は痴情メローを、私の恋愛のすべては、ロマンチックコメディーを指向する。
男が愛する時が重く真剣であれば、私の恋愛のすべては明るくて軽快だ。
男が愛する時は私債者を経て、実業家として育てられた男、テサン(ソンスンホン)と多才多能だが、貧しい家庭環境を持つミド(シンセキョン)の話だ。
ここで、彼らとの行き違った愛をするジェヒ(ヨヌジン)とソンジュ(チェジョンアン)がいる。

おなじみの構図と評価するには早い。
太陽の女、赤道の男などで実力を認められたキムイニョン作家の作品である。
前作も卓越した心理描写と安定感のある展開として好評を受けた。
最近、男が愛する時制作発表会で出演陣皆キム作家に対して固い信頼を現わした。

私の恋愛の全てシンハキュン イミンジョン 
私の恋愛のすべてキャストシンハキュン イミンジョン

私の恋愛のすべては、汝矣島版ロミオとジュリエットである。
同名の原作小説を土台に政治的な色が全く違う二人の国会議員が与野と国民の監視の中で繰り広げる秘密の恋愛を盛る。
私の恋愛のすべて、劇中シン·ハキュンが転職判事出身大韓国党初当選議員スヨンを、イミンジョンが群小政党の緑色正義党議員ミニョンを演じる。

▲素敵な男ソンスンホンVS愉快な男シンハキュン

男が愛する時キャストソンスンホン 
男が愛する時キャストソンスンホン シンセキョン

お茶の間を主導する女性視聴者をひきつけなければならない。
メロでは、特に、男主人公の魅力が通じなければならない。
今回の水木韓国ドラマはソンスンホンとシンハキュンの対決である。
ソンスンホンは、今まで彫刻のような容貌に適合するジェントルな男の典型だった。
男が愛する時においては違う。
韓国ドラマ男が愛する、時劇中ソンスンホンが演じるテサンは野獣のように荒い男だ。
ソンスンホンは、減量することでもっと強烈な目つきを完成させた。
愛する女性ミドを接する時だけは限りなく柔らかい。
このような間隙は、純正マッチョの基本である。
鋭く明敏だが愛する人の前では、弱くなる二重的な姿で女性視聴者たちを攻略する見通しだ。
男が愛する時ソンスンホンが期待される理由だ。

私の恋愛のすべてキャストシンハキュン 
私の恋愛のすべてキャストシンハキュン イミンジョン

演技上手だと定評が認められ、昨年KBS 2TV韓国ドラマブレーンでファン層をがっちり固めた。
2002年の韓国映画サプライズ以来、11年ぶりのロマンチックコメディに挑戦だ。
シンハキュンの演技変身に期待が大きい。
スヨンは正義を尊んでいるとは言えないが、かなり清廉な政治家だ。
直接的な弁舌のせいで問題を起こす。
シンハキュンは複雑な性格の人物を興味深く描いていく予定である。
私の恋愛の全てシンハキュンが注目される理由でもある。

▲荒い男たちの世界VSあいまい政治の世界

男が愛する時キャストソンスンホン 荒い男たちの世界を演じる 
男が愛する時キャストソンスンホン 荒い男たちの世界を演じる

韓国ドラマ男が愛する時は男の荒い世界を扱う。
男性キャラクターたちの張り切ている対決は緊張感を与える。
韓国ドラマ男が愛する時、劇序盤には、組織の話が繰り広げられる。
イソンミンがテサンのボスであり、ソンジュの恋人である組織の1人者として特別出演する。
テサンの背中に深い切り跡を残すなど、強烈なアクションを繰り広げる。
テサンが実業家になった後は、弟と同じだったジェヒと対戦する。
ジェヒはテサンの後援で留学を終えて彼の会社に入社することになる。
恋敵になった二人の男は、一人の女性を置いて、会社を置いて対決する。

私の恋愛のすべてキャストシンハキュン あいまい政治の世界へ 
私の恋愛のすべてキャストシンハキュン あいまい政治の世界へ

私の恋愛のすべては政治と言う背景を選んだ。
“政治、法令用語は普段あんまり使わなかった言葉だから、最初はセリフが口によく付かなかった”はイミンジョンの苦情のようにドラマ私の恋愛の全てにおいて背景になる政治はひたすら身近な素材ではない。
もちろん先例がある。
SBS韓国ドラマシティーホールである。
私の恋愛のすべても軽快だが、メッセージを込めた作品で系譜を引き継いでいく。
男女主人公のスヨンとミニョンの舌戦には時代像や社会の懸案が盛り込まれる予定だ。
風刺ない風刺が視聴者たちの痒いところを掻いてくれる見込みだ。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/733-a32d3c06
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。