ナイン9回の時間旅行キャストとナイン9回の時間旅行登場人物紹介主演編

2013年03月14日 20:07

ナイン9回の時間旅行キャストとナイン9回の時間旅行登場人物紹介主演編
ナイン9回の時間旅行キャスト、イチヌク、パクヒョンシク、チョユニ

ナイン9回の時間旅行キャストと登場人物紹介は、ナイン9回の時間旅行キャストと登場人物紹介主演編、ナイン9回の時間旅行キャストと登場人物紹介ソヌ家族編、ナイン9回の時間旅行キャストと登場人物紹介ソヌ周辺人物編、ナイン9回の時間旅行キャストと登場人物紹介その他主要人物編に分けて記載するつもりです。
ここからは、韓国ドラマナイン9回の時間旅行キャストと登場人物紹介主演編のナイン9回の時間旅行キャスト、イチヌク、パクヒョンシク、チョユニが演じる役の紹介です。

ナイン9回の時間旅行キャスト、イチヌク、チョユニ1-1 
韓国ドラマナイン9回の時間旅行キャスト、イチヌク、チョユニ二人の愛の行方は?

ナイン9回の時間旅行キャストイチヌク パクソヌ役

ナイン9回の時間旅行キャストイチヌク 
韓国ドラマナイン9回の時間旅行キャスト、イチヌクは兄が願っていた幸せな後時へ家族を連れて行くことが出来るのか?

パクソヌ 俳優 イチヌク 38歳 CBM報道局記者
よどみない判断力と自信で武装した同時代の最高のアンカー。
しかし、愛の前で一度素直になれないまま時限付き人生を向き合うことになる悲運の主人公。

CBM報道局12年目の記者であり、毎日夜12時のニューストゥナイトを進行するアンカー。
よどみなく早い判断力に、活発でリーダーシップが優れており、後輩たちが従う先輩であり、早目に果敢スクープを多数放ち、局長の全面的な信任も受けている。
年齢に比べて破格的に早くアンカーの席に上がって、かなり人気まで得ている、結構有能な記者。
代々豊富な医師家のかわい末の息子、優れた容貌に人気も多く勉強もよくしたし、両親、特に父親の独特な偏愛まで受け、ソヌが自信あふれ、ユーモラスで活発な性格を持つようになったのは自然なことだった。
でも、去年から続いたひどい頭痛で、結局病院へ行き精密検査を受けたソヌは、今後1年も耐えられない悪性脳腫瘍4期という判定を受けることになり、死を目の前に置いても楽天的な希望を持つとは、いくらバクソヌでも大変な事だった。

目の前に迫ってきた死に直面したその瞬間、ソヌの頭の中に初めて浮上したのは母親の顔だった。
私は死んだらかわいそうな女性は誰が...?!
そして、もう一人、ソヌ自分にも意外だった、後輩のミニョン。
正しい記者の質を持つにはまだしばらく遠い、デートよりもムチがより急がれるやつだと思い、5年の間、一筋な愛情攻勢にも距離を置いたミニョンがこの瞬間から脳裏から消えなくなった。
こんなに虚しく世の中で消えることになるとは想像もできなかったが、まだ縁がしばらくたくさん残っていると思っていたが...!

ところが...崩れるように危うい最後の生を歩いていたソヌに、思わぬ新たな局面が開かれる。
ヒマラヤで1年前の凍死した兄、ジョンウが残した遺品に含まれていた安物のお香を偶然に燃やしたソヌは、それが20年前、過去に戻るタイムマシンということを悟るようになったのだ...!
もうソヌは、普段のソヌなら絶対しなかった、記者パクソヌにふさわしくないことがもう一つ追加される。
ファクト(Fact/事実)ではなく、ファンタジーを信じること。

パクソヌ(イチヌク)は今の病気、悪性脳腫瘍4期の副作用でひどい幻覚を見ているのだろうか。
それとも、神が彼に与えた最後の手札を手にしたのだろうか。
どちらの場合も、死を控えたソヌはためらう理由がなかった。
ソヌはライターをつけてお香に火を付ける。

ナイン9回の時間旅行キャストパクヒョンシク パクソヌ高校時代役

ナイン9回の時間旅行キャストパクヒョンシク 
韓国ドラマナイン9回の時間旅行キャストパクヒョンシクは2012年のパクソヌと会えるのか?

パクソヌ  俳優 パクヒョンシク18歳 高校2年生
ソヌの18歳頃の自分。
金持ちの家の息子に勉強もお上手で、イケメンで、友人が多く、よく遊んで、常に自分を支えてくれて愛してくれる両親のおかげで、同じ年齢の友達の専有物である思春期、反抗とは距離が遠い、ただ毎日が楽しくおもしろかっだけだった時代。

ソヌの悩みであり、目標は映画のように素敵な初恋を始めてみることだけだった。
それさえもこの前、父を締めてポケベルを手に入れた後、勢いに乗って翼をつけて、読書室と図書館など活動領域を広げて好みの女学生たちにポケベル番号を振り撤いて出会いと別れを繰り返している。
いよいよ映画のように素敵な初恋の相手として申し分ない、綺麗な女子高生のハンソラと出会ってデートの約束までした。
頭の中には、すっかり彼女との初キスを成功させるための計画だけで、このようなソヌの前に思わぬ変化が現れ始める...

ナイン9回の時間旅行キャストチョユニ

ナイン9回の時間旅行キャストチョユニ 
韓国ドラマナイン9回の時間旅行キャストチョユニとパクソヌの愛は結ばれるのか?

チュミニョン 俳優 チョユニ
30歳  CBM報道局記者
見るだけでも明るくなる日差しのような女性。
男のように活達ながらも、心の中には純正とロマンで武装した、愛するしかない、ただ一人の女性。

CBM報道局5年目の記者。
入社するとすぐパクソヌチームのインターンに入ってずっとソヌに学び、ソヌに怒られて、ソヌにお荷物となりソヌの食い物、ソヌの悩み、ソヌのそばから離れず5年を過ごしてきた。
これはソヌの一方的な表現によるものであり、過去5年間、チュミニョン記者はソヌの熱烈なファンであり、ソヌが密かに一番大切に思う後輩として、今は二人をコンビと呼んでも全然不思議じゃないし、もしかしたら既にしばらく前から付き合ったのかもしれない...は、報道局内の他の記者たちが見た二人の間。

実際に、ミニョンにとって、ソヌは男として、そして指導者(メント)として、すでにミニョン人生の中心になってしまって久しい。
それは5年前、入社初日の新入社員歓迎会で一歩遅れて現れた彼を初めて見た瞬間から、彼女は嘘のように彼のすべてのことを愛してきたのだ。

そんなある日、
アンナプルナ南壁登山隊取材のために遠征隊をついて来たミニョンは、休暇を出してヒマラヤまで来たソヌの言葉に耳を疑う。
“結婚して3ヶ月だけ暮らしてみよう。”とのこと。
これは一体何の意味なのか?
結婚はいいけど3ヶ月はまた何なの?
嬉しくも感じるけど、何か怒りも込みあがってきたミニョンはソヌの普段とは違う態度に疑問を持つようなり、ソヌの親友であるヨンフンに電話をして、やっとソヌがすぐに死ぬという事実を知ることになる。

ゲジャシク...!(くそ野郎!)
本気でソヌに怒ったことのないミニョンは、その日初めて火のように腹が立つ。
自分を最後まで無視した彼に怒りを堪えることができなかった。
ソヌに言ってはいけない言葉を口にして、感情を全て吐き出したミニョンは、それでも仕方なく再び心が弱まる。
“運命のように愛しているから仕方がない”のが、やはりミニョンのファクトだったのだ。
ミニョンはソヌと一緒にすることにした。
彼が長く生きられるように最善を尽くして、本当にこのまま終わりなら、最後までそばにいる人になるだろう。
そう誓っが...

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/725-35664a6a
    この記事へのトラックバック