ユチョンドラマの会いたい見所は?会いたい鑑賞ポイント3つ!

2012年11月06日 18:51

ユチョンドラマ、会いたいが11月7日初放送を控えている。
会いたいは2012年下半期、お茶の間の最高の期待作で指折り数えられているMBC新しい水木ミニシリーズだ。
韓国ドラマ会いたいは名品子役ヨジング、キムソヒョンの感性演技とパクユチョン、ユンウネの演技変身が期待を集める作品で初恋の記憶を奪われた辛い傷が原因でかくれんぼのような縁を継続する二人の男女の愛の物語を表わしている。
会いたい(脚本:ムンヒジョン、演出:イジェドン)が11月7日初放送を控えているなかで、会いたいをより深く感じて共感することができる見所を探ってみた。

会いたいキャスト、パクユチョン、ユンウネ、ユスンホ 
会いたいキャスト、パクユチョン、ユンウネ、ユスンホが期待を集めている!

会いたい見所一つは会いたいキャスト、パクユチョン、ユンウネ、ユスンホが期待を集める

KBS韓国ドラマ、成均館スキャンダル、MBCミスリプリー、SBS屋根部屋の皇太子などで安定した演技力を誇示し、アイドル出身演技者という呼び名をはずして俳優としての地位を固めているパクユチョンが一人の女性に向けた懐かしさを秘めたまま猛獣のように犯人を追うことに熱中する魔性のキャラクター強力係刑事主人公、ハンジョンウに変身する。
まろやかなイメージで女心を揺さぶったパクユチョンは初めての愛の懐かしさと失われた愛を探して守る強靭ながらもカリスマあふれるキャラクター変身を予告して視聴者の期待を高めている。
1年5ヶ月ぶりにお茶の間劇場にカムバックしたユンウネは会いたいで、ハンジョンウ(パクユチョン)の初恋イスヨンとして登場、劇中キラーの娘で生きて行きながら受けた侮辱と洗うことができない傷を抱いて、パクユチョンと胸がしびれるロマンスを繰り広げる予定だ。

会いたいキャスト、パクユチョン、ユンウネ、ユスンホ 
会いたいキャスト、パクユチョン、ユンウネ、ユスンホが話題!

ユンウネは、今までの作品で見せてくれた溌剌、若々しいキャラクターとは異なる、可憐な内面演技で180度変身を宣言し、メロークイーンと呼ばれるユンウネの姿に関心が集中している。
これと共に爽やかな美少年で大韓国20代代表男性俳優としてぐんと成長したユスンホが風変わりなキャラクター変身に出る。
ユスンホは会いたいにおいて、親世代から受け継がれてきた悪縁でハンジョンウと対立点をたてるカンヒョンジュン役を引き受けて、穏やかな笑顔の裏に復讐の刃を隠している冷徹なカリスマと深みのある内面演技をお目見えする予定だ。
チャンミイネは会いたいで、推理漫画を連載するウェプトゥン作家で正義感と義俠心に燃える多血質だが、片思いしているハンジョンウ(パクユチョン)の前では女に見せたがるかわいい容貌を持ったキャラクターキムウンジュに変身、ぴょんぴょんとはねる魅力的で作品に楽しさを吹き入れる見通しだ。

会いたいキャスト、ハンジンヒ、ソンオクスク、トジウォン、チャファヨン、チョングァンリョル、キムソンキョンの演技に注目! 
会いたいキャスト、ハンジンヒ、ソンオクスク、トジウォン、チャファヨン、チョングァンリョル、キムソンキョンの演技に注目!

このほかにもハンジンヒ、ソンオクスク、トジウォン、チャファヨン、チョングァンリョル、キムソンキョンなど信じてみる名品演技派俳優たちが出演を決めて、パクユチョン、ユンウネ、ユスンホ、チャンミイネなど若い世代の俳優たちと成す最高のアンサンブルに視聴者たちの期待は最高潮に達している状態だ。

会いたい見所二つは子役の熱演、ヨジングとキムソヒョン、太陽を抱いた月に劣らない切ない演技が話題

MBC韓国ドラマ、太陽を抱いた月に一緒に出演した子役スターヨジングとキムソヒョンが会いたいで、ハンジョンウ(パクユチョン)とイスヨン(ユンウネ)の子役時代を演技する。
ヨジングとキムソヒョンのキャスティングの便りに多くのネチズンたちが大喜びする一方、会いたい子役の会いたいティーザー映像とビハインドスチールカットが公開されるたびに、大人の演技者パクユチョン、ユンウネと完璧なシンクロ率を成す絵のようなビジュアルに爆発的な関心を見せるなど、ヨジングとキムソヒョンが広げる純度100%クリーンロマンスに対する期待感を一層アップグレードさせている。

会いたいキャスト、子役ヨジングとキムソヒョンが熱演!太陽を抱いた月の心名残を・・・ 
会いたいキャスト、子役ヨジングとキムソヒョンが熱演!太陽を抱いた月の心名残を・・・

視聴者たちの期待に応えるかのように、大人の俳優たちも泣いて行く程の完璧な感性演技を繰り広げたことで知られるヨジングとキムソヒョンは、若々しい初恋のときめきと感性をお茶の間へ伝え、名品メロドラマ、会いたい視聴率の引き上げの役割を担ってくれるものと期待を集めている。

会いたい見所三つはムンヒジョン作家とイジェドンPDの出会い

韓国ドラマ、私の心が聞こえる?、あなた、笑ってなどを通じて、胸に響く優しいドラマで筆力を認められたムンヒジョン作家と韓国ドラマ、あんパン、ありがとうございますなど温かい視線で世の中を眺める感性演出の奇才イジェドンPDの出会い自体だけで会いたいは放送街では多くの話題を呼び起こした。
視聴者たちの視線を刺激する大引けコードと特定のジャンルに限定されたジャンル一辺倒の作品が相次いでいる韓国ドラマの現像のなかで、初恋のときめきと別れの辛さ、治癒の過程を温かい視線で描いていきながら、全世代の共感台を引き出すと関心を集めている会いたいは感性を刺激する正統メローの復活と共に名品ドラマ誕生に対する期待感を一層高めている。

ムンヒジョン作家とイジェドンPDの韓国ドラマ、私の心が聞こえる?、あなた、笑って、あんパン、ありがとうございます 
ムンヒジョン作家とイジェドンPDの韓国ドラマ、私の心が聞こえる?、あなた、笑って、あんパン、ありがとうございます

ムンヒジョン作家とイジェドンPDコンビが2012年の秋、お茶の間に広げる感動のラブストーリーである会いたいは、どのような香りと余韻を浮き出して、視聴者たちの心を掴むのかに関心が集中している。
KBS韓国ドラマ、成均館スキャンダル、MBCミスリプリー、SBS屋根部屋の皇太子のように会いたいもユチョンドラマとして名づけられるのか?
韓国ドラマ会いたいがユチョン会いたい、ユチョンドラマ会いたい、韓国ドラマ会いたい、会いたい韓国、ユンウネ会いたいの中で最終的に記憶に残るのはユチョンドラマ会いたいになって欲しい。
深まる秋の夜、初恋シンドロームを起こすだろうと期待を集めているMBC新しい水木ミニシリーズ韓国ドラマ、会いたいは十五歳、胸震える初愛の記憶を奪った辛い傷を胸に潜めてかくれんぼのような縁を継続する二人の男女の愛の物語を表わす正統メロドラマで、11月7日午後9時55分に初放送される予定だ。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/708-f624d2ac
    この記事へのトラックバック