会いたい ユスンホ出演確定!パクユチョンユンウネと三角関係?

2012年10月22日 19:29

俳優ユンホがMBC新しい水木韓国ドラマ会いたい(脚本:ムンヒジョン、演出:イ·ジェドン)に合流した。
22日、会いたい製作社はユスンホが会いたいのカンヒョンジュン役出演を最終確定して本格的な撮影に突入すると明らかにした。
会いたいキャスト ユスンホ  カンヒョンジュン役 
会いたいキャスト ユスンホ  カンヒョンジュン役
ユスンホは会いたいにおいて、親の世代から受け継がれてきた因縁のためにハンジョンウ(パクユチョン)と対立閣を立てる資産運用家カンヒョンジュン役を引き受けて、穏やかな笑顔の裏に復讐の刃を隠している冷徹なカリスマと深みのある内面演技をお目見えする見込みだ。
会いたいの関係者は、“俳優として目覚ましい成長を遂げて大衆に認められているユスンホは、まろやかな顔の裏側に隠れた冷徹と胸が痛む傷を抱いている魔性のキャラクターカンヒョンジュン役を、誰よりも魅力的な人物として描かれていくだろう”としながら、“視聴者を捕らえる無限の可能性を持った俳優ユスンホの合流で完璧なラインナップを構築することになった韓国ドラマ、会いたいに多くの関心と期待をお願いする。”と伝えた。

会いたいキャスト ユスンホ  カンヒョンジュン役 
会いたいキャスト ユスンホ  カンヒョンジュン役
ユスンホは、最近韓国ドラマ、アラン使道伝、プロポーズ大作戦、武士ベクドンス、韓国映画、ブラインドなどに続いて出演し、あどけない少年のイメージを脱いで男性的な魅力と一層向上された演技力を見せてくれた。
一方、会いたいは十五歳、胸ときめいた初恋の記憶を根こそぎ奪われた辛い傷を胸に抱いて生きていく二人の男女のかくれんぼのような愛の物語を描いた正統メロドラマで、子役俳優、ヨジング、キム·ソヒョン、そして、パクユチョン、ユンウネなど強大キャスティングを誇って放送前から多くの話題を集めている。
4番目のユチョンドラマ、会いたいで描かれるユチョンとユンウネの切ないラブストーリーとユチョン、ユンウネ、ユスンホの三角関係がとても期待される。
パクユチョン、ユンウネ、ユスンホほかにも俳優チョングァンリョル、トジウォン、チャンミインエなどのキャスティングで話題を集めている会いたいは11月初放送される予定だ。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/696-d57e0399
    この記事へのトラックバック