--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大風水鑑賞ポイント3つ?大風水情報2012年10月スタート韓国ドラマ!

2012年10月10日 20:23

大風水 36部作(SBS 水・木 21時55分放送予定)

ジャンル:韓国ドラマ
大風水 放送予定日:2012年10月10日~
大風水 あらすじ:国運が衰退した高麗末の権力の周辺にいた導師(ドサ/도사)たちが乱世の英雄である李成桂(イソンゲ)を掲げて朝鮮を建国して広がる話を描いたファクション史劇だ。
大風水 製作:演出 イヨンソク、脚本 ナムソンニョン、パクサンヒ
大風水 キャスト:チソン(チサン役)、ソンチャンウィ(イジョンクン役)、ジジンヒ(イソンゲ役)、キムソヨン(ヘイン役)、イスンヨン(ヨンジ役)
大風水 公式ホームページ:tv.sbs.co.kr/daepungsu/index.html

大風水鑑賞ポイント3つ?大風水情報2012年10月スタート韓国ドラマ!  
大風水鑑賞ポイント3つ?大風水情報2012年10月スタート韓国ドラマ!

大風水鑑賞ポイントの3つは?

SBS大企画韓国ドラマ、大風水が10月10日、ついにベールを脱ぐ。
大風水は国運が衰退した高麗末の権力の周辺にいた道士(導師)が李成桂(イソンゲ)を掲げて朝鮮を建国して広がる話を描いた36部作ファクション史劇だ。
SBS側は放送に先立ち、去る10月2日大風水スペシャル;明日を見る人々を異例的に編成、俳優たち(大風水キャスト)とスタッフセット場を公開する自信を見せた。
放送を控えている大風水鑑賞ポイント3つを探ってみた。

写真は大風水の5人のメインポスター。左から時計回りにジョングン(ソンチャンウィ)、バンヤ(イユンジ)、イソンゲ(チジニ)、ヘイン(キムソヨン)、チサン(チソン)  

写真は大風水の5人のメインポスター。左から時計回りにジョングン(ソンチャンウィ)、バンヤ(イユンジ)、イソンゲ(チジニ)、ヘイン(キムソヨン)、チサン(チソン)。

大風水鑑賞ポイント1つ、コミックから破格露出まで、演技変身に注目

大風水キャストだけで鑑賞ポイントは演技派俳優の演技変身と言える。
大風水には、チソン、ソンチャンウィ、チジニ、キムソヨン、イユンジ、チョミンギ、イスンヨン、オヒョンキョンなど演技力を備えた俳優たちが大挙出演する。
これらは今回の作品、大風水で演技変身を敢行し、期待を高めている。
まず、ソンチャンウィが初めて悪役に挑戦する。
大風水の中で、彼が引き受けたキャラクターは高麗の最高権力者イインイム(チョミンギ)の息子ジョングン。
チサン(チソン)と対立して欲しいものを得るために悪行を繰り返すが、結局愛した女と、自分の権力まで失ってしまう悲運のキャラクターだ。
ロマンチックガイの代名詞だったソンチャンウィがイメージ変身を試みたわけだ。
ソンチャンウィは、“演技変身をするという考えよりは、その人物をたくさん理解して愛さなければならないという考えをたくさんした。”と明らかにした。
イスンヨンとオヒョンキョンの初めての史劇挑戦という点も注目に値する。

大風水鑑賞ポイント1つ、コミックから破格露出まで、演技変身に注目  
大風水鑑賞ポイント1つ、コミックから破格露出まで、演技変身に注目

二人はそれぞれデビュー20年、24年を誇る貫禄の女優である。
しかし、時代劇に出演するのは今回の大風水が初めてだ。
さらに、イスンヨンとオヒョンキョンが引き受けたキャラクターも、以前とは違う。
ファム·ファタールのイメージが強かったイスンヨンが至高至純した愛を抱いたヨンジ役を、良妻賢母キャラクターを主に消化したオヒョンキョンが派手なファム・ファタールスリョンゲ役を引き受けた。
イスンヨン本人も、“実は私がスリョンゲ役を演じて、オヒョンキョンがヨンジ役を引き受けるべきではないかという話をよく耳にした。”と言ったほど異色のキャスティングだ。
チジニもやはり変わった。
今回の大風水でチジニが演技する人物は朝鮮王朝を建てた李成桂(イソンゲ)。
MBC韓国ドラマ、チャングムの誓い、トンイなどで線が太い演技を披露したのこととは異なり、李成桂という人物を寄生と遊びながらわいせつな話を交わして、時をわきまえず楽しくなったら、ダンスを踊る軽い将軍に解いた。
チジニは、“毎回、正しい人物を描く役割が面白くなかった。とても魅力的なキャラクターであり、非常に気に入った。”と強い意志を見せた。
俳優たちの露出演技も話題を集める見込みだ。
“ボリュームのある俳優に生まれかわる”という言葉のように、チョミンギはオヒョンキョンをはじめ、数多くの女優とくらっとするほどのベッドシーンをお目見えする。
10月2日に公開された大風水スペシャル放送でも見たように、子役バンヤ役を演じるパクジミンも入浴シーンを撮影、上半身の露出を敢行した。
オヒョンギョンは、“情事シーンそのものよりも、なぜこのような状況でこのような行動をしなければいけなかったのか、意味を与えようとした。”と話している。
俳優たちのリアルな露出演技がチョミンギの言葉のように視聴者たちの共感を引き出すのか、口舌に上がるのか成り行きが注目される。

大風水鑑賞ポイント2つ、製作費200億ウォン、ブロックバスター級スケール

大風水鑑賞ポイントは格別ばスケールだ。
大風水は高麗末、時代的状況を再演するために、35億ウォンをかけて忠南扶余(チョンナムブヨ)に大規模な野外セット場を建設した。
野外セットには、敷地面積2万1000㎡に総35棟の建物が入った。
徹底した考証のもと、高麗開京(ケキョン)の市場通りと宮廷中の京各司(キョンガクサ)であるソウングァン(書雲観;高麗、朝鮮時代の官庁)などが作られた。
*ソウングァン(書雲観)とは、高麗と朝鮮時代、天文、曆數、測候、刻漏のことを引き受けていた官庁である。

大風水鑑賞ポイント2つ、製作費200億ウォン、ブロックバスター級スケール  
大風水鑑賞ポイント2つ、製作費200億ウォン、ブロックバスター級スケール

王族たちの派手な衣装とアクセサリーも完璧に再演した。
5色のきらびやかな帯、王族たちの紅裳(ホンサン)、恭愍王(コンミン王)の十二類棉十二長服(チャンボク)など、当時の服装を見てみるのもまた一つの見どころだ。
ここに、韓国ドラマ、無敵の落下傘要員、妻が帰ってきたなどを執筆したパクサンヒ作家とナムソンニョン作家、最高視聴率31.0%を記録したイジュンギ主演の韓国ドラマ、一枝梅を演出したイヨンソクPDが意気投合したという点も期待要素だ。

大風水鑑賞ポイント3つ、風水地理、運勢名利、観相など新鮮な素材

大風水は一般的なキングメーカーのストーリーとは少し違った見方を帯びる。
李成桂という歴史の中の人物に焦点を当てているが、風水地理、運勢名利、観相という東洋思想を集大成した生活密着型のドラマを標榜していること。

大風水鑑賞ポイント3つ、風水地理、運勢名利、観相など新鮮な素材  
大風水鑑賞ポイント3つ、風水地理、運勢名利、観相など新鮮な素材

大風水は、李成桂を王の資質を持って生まれた人ではないという仮定の下で開始される。
李成桂は義理があって、戦闘力の強い武装だが、政治力はない人物として描かれている。
塗炭に陥った民を救い、外勢から高麗を守る力を与える紫微遠国をめぐる暗闘が繰り広げられて、導師の力を借りて李成桂が王朝を建設する仕組みだ。
風水、四柱冥利(運勢名利)、観相は21世紀にもまだ多くの人の関心を集めているテーマであるだけに、好奇心を刺激するだけの余地がある。
大風水は花ざかりの君たちへ後続で10月10日午後9時55分初放送される予定だ。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/693-7875fa75
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。