--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユチョン再び水・木韓国ドラマ勝者を狙う?パクユチョンvsチソンvsチャテヒョン

2012年09月27日 22:01

ユチョン再び水・木韓国ドラマ勝者を狙う?パクユチョンvsチソンvsチャテヒョン

2012年下半期水・木韓国ドラマの勝者は?会いたいvs大風水vs田禹治

1年に1回韓国ドラマへ出演をしていたユチョンが2012年には2012年10月から始まる韓国ドラマ、会いたいへ出演を確定して撮影準備に入ったというニュースは全世界へ早々と広がっていた。
韓国の地上波3社(KBS2、SBS、MBC)が2012年の一年を決算する最後の水木韓国ドラマで対決を控えている。
2012年1月4日、一斉に自信作を披露して同時対戦を繰り広げた3社は最終ラウンドまで真っ向勝負を選択した。
上半期突風を起こしたのは韓国ドラマ、太陽を抱いた月だった。
ドリームハイの主演を演じた俳優キムスヒョンが主演を演じた太陽を抱いた月の視聴率は最高42.3%を記録した。
上半期突風の主役はMBC韓国ドラマ、太陽を抱いた月の以降、切歯腐心したKBSとSBSは水・木韓国ドラマ対戦2ラウンドとして放送されたのが、屋根部屋の皇太子、ザ・キング2ハーツ(The king 2hearts)、赤道の男だった。
放送初め頃は、ザ・キング2ハーツ(The king 2hearts)が優勢だったが、視聴率結果は最高視聴率15.3%を記録した屋根部屋の皇太子の勝利で終わった。
接線だったので、水・木韓国ドラマ対戦2ラウンドの視聴率はそれほど高い数字は記録できなかった。
水・木韓国ドラマ対戦2ラウンドであった2012年3月春から始まった水・木韓国ドラマ対戦はパクユチョンの勝利だった。
水・木韓国ドラマ対戦3ラウンドはI do Ido、幽霊、ガクシタルでは、カクシタルの視聴率が27.3%を記録して、カクシタルの勝利で終わったが、ソジソプ主演の幽霊も視聴者たちの関心は高かった。
2012年水・木韓国ドラマ対戦4ラウンド、2012年水・木韓国ドラマの最後の対戦はパクユチョン、チソン、チャテヒョンの対決になる。
上半期突風の主役はMBC韓国ドラマ、太陽を抱いた月の以降、切歯腐心したKBSとSBSは、それぞれ神出鬼没導師たちが登場する時代劇、田禹治(チョン・ウチ 時空道士)と大風水で傍点を撮る。
MBCは正統メロドラマ、ユチョン主演の会いたいでジャンル差別化をはかり、勝負に出る。


韓国地上波3社の2012年最後の水木ドラマ対決に関心が集中している。左からMBC 会いたいのパクユチョン、KBS2 田禹治のチャテヒョン、SBS 大風水のチソン。

韓国地上波3社の2012年最後の水木ドラマ対決に関心が集中している。左からMBC 会いたいのパクユチョン、KBS2 田禹治のチャテヒョン、SBS 大風水のチソン。

2012年3月、韓国ドラマ、赤道の男以後、カクシタル、世の中どこにもいない優しい男(以下優しい男)まで水木ドラマ1位を走っているKBSは2012年11月初放送される田禹治にKBSを代表する興行代表選手を集めた。
最後の最後まで苦心した主人公チョンウチ役はKBS2 ハッピーサンデー・1泊2日のチャテヒョンがキャスティングされた。
チャテヒョンは、歴代出演映画、ドラマの中で興行にならない作品を見つけるのは難しいほど大衆好感度が高い俳優だ。
チャテヒョンと呼吸を合わせる俳優たちも皆しっかりした興行履歴を誇る。
女主人公ドヨン役はKBS2の人気週末韓国ドラマ、乌究桥兄弟たちのユイが、チョンウチのライバルデオップ役は韓国民ドラマ、棚ぼたのあなたで有名になったイヒジュンが引き受けた。
この他にもチュノ~奴隷のソンドンイル、SBS 追跡者THE CHASERのチョジェユンなど最強助演陣が参加し、期待感を高めている。
SBSはなんと200億ウォンが投入されたファクション史劇、大風水で物量攻勢に出る。
来月10日初放送される大風水は、朝鮮の建国裏話を照明したブロックバスター級時代劇で、高麗末の権力の周辺にいたドサ(導師)たちが難国の英雄李成桂(イソンゲ)を掲げて朝鮮の建国を助ける内容に描かれる。
キングメーカー役のチソン、イソンゲ役のチジニを軸に俳優ソンチャンウィ、チョミンギ、イスンヨン、オヒョンギョン、キムソヨン、イユンジなど、様々な魅力の俳優たちが総出動して期待感を高めている。
韓国においては、大統領選挙の政局とかみ合ってストーリー展開にも興味を増している。
10月末に初放送予定であるMBC韓国ドラマ、会いたいは前作であるMBCの私の心が聞こえる?とヒューマンメロ風を巻き起こしたムンヒジョン作家の新作で注目されている。
15歳の初恋の記憶を根こそぎ奪われた傷を胸に抱いて生きていく二人の男女のかくれんぼのような愛の物語を描いていく。
男主人公役にパクユチョンが出演を決定され、パクユチョンが演じるハンジョンウの子役としては、太陽を抱いた月で高い人気を集めたヨンジグが出演を確定している。
太陽を抱いた月で子役を演じたキムソヒョンも女子主人公の子役として出演を確定している。
MBC水・木ドラマ、会いたいの主演、パクユチョンの相手役、女子主人公は決まってないが、パクユチョンの相手役としてネチズンらは、ハンジミン、ハンヒョジュ、ハンへジン、チェカンヒ、ソンイェジン、イミンジョン、キムミンソなどを推薦している状況だ。
個人としては、パクユチョンの相手役として、女優のソンイェジンさんを勧めたいが・・・
とにかく、ユチョンファンとして、パクユチョンが再び水・木韓国ドラマ勝者になって欲しい。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/689-cd7aa4cc
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。