--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国ドラマ最新情報!2012年下半期放送予定韓国ドラマ

2012年09月25日 19:47

国ドラマ最新情報!2012年下半期放送予定韓国ドラマ(月・火ドラマ)
2012年下半期放送予定韓国ドラマ、月・火ドラマあらすじとキャスト紹介 

海雲台(ヘウンデ)恋人たち 後続 ウララ夫婦

ウララ夫婦 16部作(KBS2 月・火 21時55分放送予定 ) 

ウララ夫婦 キャスト:シンヒョンジュン(スナム役)、キムジョンウン(ヨオク役) 
ウララ夫婦 キャスト:シンヒョンジュン(スナム役)、キムジョンウン(ヨオク役)

ジャンル:韓国ドラマ
ウララ夫婦 放送予定日: 2012年10月8日~
ウララ夫婦 あらすじ:30代夫婦の物語を描いた面白さと感動の家族コメディードラマ
ウララ夫婦 製作:演出 イジョンソプ、脚本 チェスンシク、
ウララ夫婦 製作会社:コンテンツK(ペヨンジュン 設立)
ウララ夫婦 キャスト:シンヒョンジュン(スナム役)、キムジョンウン(ヨオク役)、ハンジェソク(ヒョヌ役)、チェソングク(イベコ役)、ハンチェア(ビクトリアキム役)
ウララ夫婦 公式ホームページ:kbs.co.kr/drama/ohlalacouple/t_index.html  

ゴールデンタイム 後続 馬医

馬医 50部作(MBC 月・火 21時55分放送予定)

馬医 キャスト:ジョスンウ(ペクグァンヒョン役)、イヨウォン(カンジニョン役) 
馬医 キャスト:ジョスンウ(ペクグァンヒョン役)、イヨウォン(カンジニョン役)

ジャンル:韓国ドラマ
馬医 放送予定日:2012年10月1日~
馬医 あらすじ:獣医師が様々な難関を経て、御医(オイ)に生まれ変わるという話を繰り広げる予定だ。
馬医あらすじは、賎民の身分で馬を治療する馬医から出発して御医の座まで上った実在の人物ペクグァンヒョンの波乱に満ちた生涯と深い医学の世界を扱う作品。
朝鮮初漢方医として新しい分野を開拓したペクグァンヒョンが逆境と苦難を克服して、貧しい民のために一生をかけて献身して実践し出した仁術ヒューマニズムを描いていく内容。
馬医 製作:演出 イビョンフン、脚本 キムイヨン
馬医 キャスト:ジョスンウ(ペクグァンヒョン役)、イヨウォン(カンジニョン役)、ソンチャンミン(イミョンファン役)、ユソン(ジャンインジュ役)、イサンウ(イソンハ役)
馬医 公式ホームページ:imbc.com/broad/tv/drama/horsedoctor
*御医(オイ)とは、<歴史>宮廷内で、王様や王族の病気を治療していた医員。 似ている言葉:太医。

信義 後続 ドラマの帝王

ドラマの帝王 (SBS 月・火 21時55分放送予定)

ドラマの帝王 キャスト:キムミョンミン(アンソニーキム) 
ドラマの帝王 キャスト:キムミョンミン(アンソニーキム)

ジャンル:韓国ドラマ
ドラマの帝王 放送予定日:2012年11月~
ドラマの帝王 あらすじ:お金!お金!お金!と叫ぶ外注製作社代表とドラマは人間愛だと叫ぶ新人作家、そして、妥協を知らないトルギ(平凡ではない)充満!国内トップスター俳優が出会って甘くて想像以上のドラマ製作記をコメディー風に描いたドラマ。
ドラマの帝王 あらすじ内容は、キムミョンミンが演じるアンソニーキムは、天才的な経営のターミネータで経済・動物的感覚で興行不敗の神話を成している外注製作社代表だ。
キムミョンミンが演じるアンソニーキムは、派手な外見とは違い、お金と名誉、成功のためには、すべてを捨てる卑劣に露骨な嘘もはばからない両面的な人物だ。
製作する作品の詰めの撮影で呼んだ欲深でプロダクションの代表職はもちろん、すべてを失ったアンソニーは、新人作家イコウン(チョンリョウウォン)と国内トップ俳優カンヒョンミン(チェシウォン)に出会って再起を夢見ることになる。
ドラマの帝王 製作:演出 ホンソンチャン 脚本 ジャンハンジュン、イジヒョ
ドラマの帝王 キャスト:キムミョンミン(アンソニーキム)、チョンリョウォン(イコウン役)、チェシウォン(カンミン役)、オジウン(ソンミナ役)
ドラマの帝王 公式ホームページ:未定

ドラマの帝王 後続 夜王

夜王 24部作(SBS 月・火 21時55分放送予定)

夜王 キャスト:グォンサンウ(チェガンチャン役)、スエ(ユンナリ役) 
夜王 キャスト:グォンサンウ(チェガンチャン役)、スエ(ユンナリ役)

ジャンル:韓国ドラマ
夜王 放送予定日:2013年1月~
夜王 あらすじ:ひどい貧困から抜け出し、ファーストレディになろうと夢見る女性と彼女のためにすべてを犠牲にする男の愛と裏切り、欲望を描いたドラマ。
夜王 製作:演出 チョナングク チョヨングァン 脚本 イフィミョン パクイングォン
夜王 キャスト:グォンサンウ(チェガンチャン役)、スエ(ユンナリ役)
夜王 公式ホームページ:未定

韓国ドラマ、夜王がすでに関心を集める理由は、興行を保証すると呼ばれるクォンサンウ、スエカップルはもちろん、原作、脚本、演出の三拍子が完璧な呼吸を成すためだ。
今の時代、最高の語り手と呼ばれるパクイングォン画伯の原作マンガは、これまで銭の戦争、大物、熱血商売人など韓国ドラマで作られることに成功を収めた。
リアル的な描写と感覚的なタッチは、人間の欲望と恥部を赤裸々に暴く直説的話法、絶えず緊張感を醸し出す推理手法などで好評を受けてきた。
イフィミョン作家は去る2000年を前後に、ミスターQ、トマト、明朗少女成功記などのトレンディドラマ熱風を起こしてキムヒソン、ソンユナ、チャンナラをスターダムに押し上げた。
また、2006年の不良家族に続いて6年間の空白を経た後、2012年3月にはパクユチョン主演の屋根部屋の皇太子でもう一度話題を集めた。
イフイミョン作家はオーソドックス叙事構造に個性のあるトレンディーを組み合わせたり、硬い推理要素を加味して毎回ヒットを記録した。
共同演出者チョナムグクとチョヨングァンPDは最近放映終了された話題の韓国ドラマである追跡者(THE CHASER )を一緒に演出した実力派で、その余勢を駆って、今回の作品、夜王でも優れた感覚を発揮するものと予想される。
特に、夜王の息詰まる緊張感としっかりしたストーリー構造をどのような色の演出で解いていくのかと視聴者たちの期待を集めている。
韓国ドラマ24部作、夜王はパクイングォンの大物シリーズ3話に当たる作品でひどい貧困から抜け出し、ファーストレディになろうとする欲望女(スエ)と、彼女のためにすべてを犠牲にする純情男(クォンサンウ)の話を描いた。
その過程で致命的な愛と裏切り、止められない欲望と陰謀、人間存在の破滅と救いの美学がパノラマのように繰り広げられる。
一方、夜王は欲望の沼にはまったスエに向けたクォンサンウの復讐劇であり、致命的な愛を反語法で、愛した女に対した膺懲の結末が一人の男の胸にどのような意味で近付くのか期待を集めている。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/687-b8a025fa
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。