--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根部屋の皇太子の最終回までの屋根部屋の皇太子観戦ポイント3つは?

2012年05月03日 19:51

屋根部屋の皇太子の最終回までの観戦ポイント3つは?

屋根部屋の皇太子の最終回までの屋根部屋の皇太子観戦ポイント3つは?

SBS韓国ドラマ、屋根部屋の皇太子が屋根部屋の皇太子13話放送末尾で、本格的な事件解決に乗り出す兆しを見せている。
先立って、韓国ドラマ、屋根部屋の皇太子は13話まで進行されたにもかかわらず、事件の手係りと解決が本格的に目立たないため、一部の視聴者たちの怨念の声を催した。
視聴者たちにイガク(パクユチョン)とパクハ(ハンジミン)のラブラインと同じように、事件の真実と解決が関心事であり、実際にラブラインの下に敷かれているどっしりとした事件が韓国ドラマ、屋根部屋の皇太子を支える大きな幹であるからだ。
これまで、イガクとパクハのラブラインを構築するために、少し遅い展開を見せた事件に対する話は、過去韓国ドラマ、屋根部屋の皇太子13話の末尾を起点に始まりを見せており、これにより、これまで遅々として進ました事件が韓国ドラマ、屋根部屋の皇太子14話以降、急速に展開されて巨大な嵐を起こすと予想されている。
まず、朝鮮時代の皇太子イガクが現代に越えて来た最大の理由であるセジャビン事件の秘密を解くことが最も重要である。
セザビン(チョンユミ)は、本当に殺害されたのか、なぜ殺害されたのか、その裏に、またどのような深い事情があるのか、池に浮かんでいる顔が見えない死体は、セザビンなのか、妹であるブヨンなのかに関連した真実を解くことが最も重要なカギである。
また、この問題が解くことにより、イガクとパクハの絡み合った縁を解く事が可能になり、ホンセナ(チョンユミ)の悪行も天下に公開されるだろう。

屋根部屋の皇太子の最終回までの屋根部屋の皇太子観戦ポイント3つは? 
屋根部屋の皇太子の最終回までの屋根部屋の皇太子観戦ポイント3つは?

イガクと臣下イケメン3人衆が朝鮮に戻る道もここにかかっている。
ときどき登場する蝶と蓮の花などの役割も、いつ十分に活用されるかも関心の対象だ。
すでに、視聴者たちは、手がかりがパクハと連関している事実を明らかに知っている。
問題は、これらの役割が移行される時期にかかっている。
これまで、数回登場した手がかりが二人をつなぐ媒介になるのか否かはによって、韓国ドラマ、屋根部屋の皇太子の完成度が左右されるので、視聴者たちは一日でも早くこの手係りを積極的に活用して欲しいと願っている。
また、去る2日の放送、韓国ドラマ、屋根部屋の皇太子13話で死んだと思っていたヨンテヨンが生きているという事実が明らかにされ、ヨンテヨンふりをするイガクの位置が危うくなることを示唆した。
イガクの生まれ変わりであるとばかり思っていたヨンテヨンが全く別の人物であることが明らかになった中で、イガクとヨンテヨン間の関係は、この事実を知ったヨンテム(イテソン)の態度、これにより新たな局面を迎える事件も多くの人々の関心を増幅させている。
特に、この中で、イガクと臣下イケメン3人衆から朝鮮に戻る時間が迫っていることを知らせる信号が現れているという点も目を引く。
これは、知らず知らずの内にミステリーが少しずつ解決しているという事実を抱いており、元々の縁だった皇太子イガクとブヨンであるハンジミンのロマンスが本格的に行われ、朝鮮に戻る道が段々と開かれていると推測できる。
このように、劇の折り返し地点を回って益々水面に浮き上がってくる事件はもう解決時期だけ待っている。
現在、最も多くの指摘を受けている緩んだ展開、劇的緊張感の欠如、時代をスキップしてきたことの介連性問題などは、韓国ドラマ、屋根部屋の皇太子観戦ポイントであるこのミステリーが積極的に探られた時、解決されるだろう。
ミステリーを解き始めているイガクの活躍とイガクに迫ってくる危機が描かれる韓国ドラマ、屋根部屋の皇太子14話は5月3日夜9時55分に放送される予定である。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/668-d20f2a54
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。