屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子14話ユチョンとハンジミンの行方は?

2012年05月03日 19:49

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子14話ユチョンとハンジミンの行方は?

嘘がバレたセナ(チョンユミ)は、ヨ会長に行って涙を流して感情を訴えている。
皇太子イガク(ユチョン)はセナが疑わしくて尾行をする。
セナとイガクの婚姻に危機が迫ってくると、マンボ、ヨンスル、ドチサンは朝鮮に帰れないかもしれないと思い気分が沈む。
一方、テムは最後までセナに心を捧げるが・・・.

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子14話ユチョンとハンジミンの行方は? 
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子14話ユチョンとハンジミンの行方は?

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子14話、インジュ(パクハ)を見つけましたか?

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子14話ネタバレ画像を見ると、袋の中身をすり替えことにより、イガクはセナに冷たく接する。
パクハはイガクと臣下イケメン3人が朝鮮へすぐに戻ることに対して心が複雑になる。
一方、テム(イテソン)はチャン会長(ナヨンヒ)に娘を見つけたと嘘を言う。
“私の娘、インジュを見つけたんですって?”
“私も驚きました。”
娘を会いに韓国へ来たチャン会長はセナを見て驚く。
実際、セナはチャン会長が未婚の母の時、生んだ娘でマンオクお姉さんの手で育てれた。
チャン会長が本当に探している娘はパクハだった。
‘君、今何を企んでいるの?なぜ私を騙そうとしているの?・・・”

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子14話、インジュ(パクハ)を見つけましたか? 
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子14話、インジュ(パクハ)を見つけましたか?

すべての事実を知っているチャン会長は混乱だが、チャン会長が持っている持ち株をセナに譲る。
“こうなったらセナさんが2大株主になります。”
チャン会長の持ち株譲渡で2大株主に浮上したセナは、イガクを本格的に圧迫すると見えるが・・・
イガクはこの危機にどうのように立ち向かうのか?
パクハと産みの母、チャン会長は会えるのか?
韓国ドラマ、屋根部屋の皇太子14話は5月3日夜9時55分に放送される予定である。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子14話、ミステリーはいつ解決するのか?

屋根部屋の皇太子がますます迷宮の中に落ちている。
去る2日放送されたSBS韓国ドラマ、屋根部屋の皇太子ではかなり多くの事件か繰り広がれた。
死んだとばかり思っていたヨンテヨンは、米国で堂々と生きていて、お互いの心を確認したパクハとイガクはセナの計略によって一時的に別れた後、劇的に再会する。
朝鮮から来たイガクと臣下イケメン3人は帰る時間は迫ってきている暗示を受けて、屋根部屋の皇太子13話の終わりごろにイガクは、これまでの悪行を犯してきたセナの正体に気づく。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子14話、ミステリーはいつ解決するのか? 
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子14話、ミステリーはいつ解決するのか?

出会いと別れ、伏線と反転、このすべてのことが一回の放送分、屋根部屋の皇太子13話で起きた。
先週、屋根部屋の皇太子12話において、涙のキスでお互いの心を確認したパクハとイガクは再び、お互いの心を否定する。
屋根部屋の皇太子13話で見せてくれたその姿のまま、心の声の代わりに頭に従う。
そして、二人のすれ違いの中には再び、悪女セナの悪行が一分け前する。
セナは偶然にイガクとドチサンの話を盗み聞きして、パクハに渡されるべき封筒の中身を入れ替えってパクハとイガクの運命を切り裂く。
また、ヨンテムは一本の電話を受けて、米国に駆けつけヨンテヨンの生存事実を確認して、もう一度大きな計画のため忙しく、青果物を売るホームショッピングに入って補助の役割をしていたパクハは旅行ガイドに変身して桜の花びらが舞う桜の木の下でイガクと再会する。
このように連日、生放送のレベルで撮影に臨んでいる屋根部屋の皇太子は去る4月26日主人公パクユチョンが京畿道広州市のドラマの撮影場所へ移動していた中、乗っていた車が半破される交通事故にあったりした。
これを通じて分かるように、差し迫った撮影スケジュールと断片台本で行われる撮影は劇序盤のしっかりした物語の流れを妨害している。
力強く駆けて来た去る屋根部屋の皇太子13話まで、繰り広げている物語が多い過ぎる。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子14話、ミステリーはいつ解決するのか? 
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子14話、ミステリーはいつ解決するのか?

朝鮮で起きたセジャビン事件のミステリーも解かなければならないし、それぞれの矢印がからまったラブラインも本来の位置に戻さなければならない。
死んだと思っていたヨンテヨンの生存のため、ヨンテヨンの席に座っているイガクの席は危うくなり、パクハとセナの産みの母探しも継続されなければならない。
そして、いくつかの示唆を通じて分かるように、屋根部屋の4人衆が朝鮮に戻る時間が迫っている。
屋根部屋の皇太子最終回までに残り7回の放送を残している時点で、屋根部屋の皇太子がこれまで広げておいた事件をきちんと決着させて再度これらの色で視聴者たちの心を捕らえることができるだろうか。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/667-c6d5e50a
    この記事へのトラックバック