--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子12話予告、ユチョンはハンジミンの正体に気づくのか?

2012年04月26日 20:01

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子12話予告、ユチョンはハンジミンの正体に気づくのか?
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子12話予告、ユチョンとハンジミンのキスの意味は?

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子12話予告、ユチョンとチョンユミの婚約式?

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子12話予告、ユチョンはハンジミンの正体に気づくのか? 
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子12話予告、ユチョンはハンジミンの正体に気づくのか?

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子12話予告テキスト版が公開された。
購入契約の途中、パクハ(ハンジミン)が危険におかれたと言うソンマンボ(イミノ)の電話を受けて飛び出したイガク(ユチョン)に腹が立ったヨ会長は、パクハを屋根部屋から追い出せと言って、挙句の果てに屋根部屋に訪ねて行ってと話す。
購買契約は失敗したが、テム(イテソン)はイガクにもう一度機会を与えることをヨ会長にお願いする。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子12話予告、ユチョンとチョンユミの婚約式? 
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子12話予告、ユチョンとチョンユミの婚約式?

一方、セナ(チョンユミ)はイガクと一緒に婚約式の時に着るドレスを選んでから、イガクにパクハが気になると告白するが・・・
ここまでが、屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子12話予告テキスト版です。
そして、ここからは、屋根部屋の皇太子12話予告ティーザー映像から見た屋根部屋の皇太子あらすじ12話の内容です。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子12話予告、家族写真?  
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子12話予告、家族写真と真実?

屋根部屋の皇太子12話予告映像では、セナがドレスを選びながら婚約準備をするが・・・
何とかイガクとセナの婚約を防ごうとするテムは、セナのお母さんを訪ね、家族写真を見ることになり、セナとパクハが姉妹であることを知る。
パクハは会社を辞めて、この事実を知ったイガクはパクハに走って行って、“なぜ私をこのようにさせるのか?!なぜ?私をこんな状況に犯せるの!”と言ってパクハに口付けをする。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子12話予告、ユチョンはハンジミンの正体に気づくのか?  
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子12話予告、ユチョンがハンジミンの正体に気づくのか?

イガクがこれまで押さえつけてきた自分の感情を最終的に噴き出して、これからは甘いラブモードに突入?
屋根部屋の皇太子12話の内容は、4月26日夜9時55分に確認できる。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子12話の見所はユチョンはハンジミンの正体に気づくのか?
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子12話の見所はパクユチョンとハンジミンの関係を明らかにするハンカチ?

屋根部屋の皇太子12話の見所はハンカチなのか?
これも伏線か?
韓国ドラマ、屋根部屋の皇太子を視聴した後は、引かれた伏線の推理に長い時間が費やされる。
4月25日放送されたSBS水木韓国ドラマ、屋根部屋の皇太子(脚本:イヒミョン/演出:シンユンソプ)11話では、皇太子イガク(パクユチョン)がヨンテヨンの行方不明に対する秘密を解きながらヨンテム(イテソン)に向けた本格的な反撃が開始された。
同時に、イガクとパクハ(ハンジミン)の切ない愛が描かれて視聴者の涙腺を刺激した。
屋根部屋の皇太子の利点の一つは、ぎっしりと敷き詰められた伏線とあちこちに置かれた小物の活用である。
すでに、有名な蝶、携帯電話などはまだその正確な意味を持って視聴者たちの間で様々な推理が出ている。
そして、屋根部屋の皇太子11話で出てきた、水族館から植木鉢に移し植えられた蓮の花にも大きな結末への意味が付与されているだろう。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子12話予告、ユチョンはハンジミンの正体に気づくのか? 
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子12話予告、ユチョンが連の花を植え替えた理由?

パクハが思っているのは水族館は屋根部屋であるが、水族館が現代文明を表わしているなら、植木鉢に植えられた連の花は朝鮮時代へ戻る時、イガクがパクハを連れて行く意味にもなる。
連の花はブヨンを意味して、朝鮮時代のブヨンチ(連の花の池)で死んでいたのが、ブヨン(ハンジミン)であれば、パクハ(ハンジミン)がイガクと一緒に朝鮮時代に戻っても問題はないし、ハッピーエンドになる可能性は高い。
屋根部屋の皇太子11話でも優れた伏線の活用で劇の緊張感を造成した。
最も目立ったのは、やはり携帯電話。
この携帯電話でイガクはヨンテヨン失踪事件の糸口を解いた。
同時に、パクハがイガクから受けたパクハと蝶が描かれた絵葉書を通じて、パクハとヨンテヨンが出会うべき縁であったことを分かった。
特に、この場面でハガキの中の蝶が光って視聴者たちは“ああ、これだ”と思っただろう。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子12話の見所はパクユチョンとハンジミンの関係を明らかにするハンカチ? 
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子12話の見所は
パクユチョンとハンジミンの関係を明らかにするハンカチ?

屋根部屋の皇太子11話の放送で、イガクとパクハはお互いの心を知りながらもイガクはパクハを押し出し、セナとの結婚を進めるしかなかった。
特に、屋根部屋の皇太子11話放送の最後の部分で、パクハが火災現場の倉庫に閉じ込められて視聴者たちの間では、なぜ善良なバクハだけが続けで苦労しているのかと切なく思い、作家を攻める笑い話も出てきた。
ここで重要な一つは、水に濡らしたハンカチだ。
火災が発生した倉庫の中に閉じ込められてしまったパクハを救うために、イガクは命をかけて倉庫の中に飛び込んだ。
その時、白いハンカチに水を含ませて持って入った。
閉じ込められているパクハの呼吸が難しいことと思ったイガクが準備したものだ。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子12話の見所はユチョンはハンジミンの正体に気づくのか? 
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子12話の見所はユチョンがハンジミンの正体に気づくのか?

300年前の朝鮮では皇太子イガクは一度も妻の妹の芙蓉(ブヨン/ハンジミン)の顔を見たことがない。
ブイヨンはセジャビン揀擇の前、欲に目がくらんだお姉さんファヨン(チョンユミ)がアイロンでブヨンの顔に火傷を負わせた。
そのため、ブヨンは一生を顔の半分を白いハンカチで覆ったまま生きていたからだ。
イガクはパクハを救い出して、息が苦しいパクハのために、水で湿らせた白いハンカチを口に持っていくだろう。
その後、イガクは芙蓉の生まれ変わりがパクハという事実に気づくだろうか?
イガクはパクハ(朴荷)の名前が持つ連の花の話を屋根部屋の皇太子7話でパクハに言ったことがあるが、パクハの名前の秘密に近づけるのか?
参考までに、朝鮮時代のハンジミンが演じたブヨンの名前、芙蓉(連の花)の意味と現代時代のパクハ(朴荷)の荷も連の花の意味を持っている。
渠荷的歷(キョカテキレキ  きょかは てきれきたり:渠は溝にて、荷は蓮の花なり、溝に咲けるはすの花は、的歴とあざやかに花ひらきて美しきをいふ。
屋根部屋の皇太子12話は4月26日夜9時55分に放送される予定だ。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/664-fd5e642d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。