--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話‘還生’屋根部屋の皇太子あらすじ和訳版1話-1

2012年03月22日 21:38

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話‘還生’屋根部屋の皇太子あらすじ和訳版1話-1

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話‘めぐりあうまで’

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話‘還生’屋根部屋の皇太子あらすじ和訳版1話-1です。
こちらは和訳の感じで屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話を書いていますので、詳細なあらすじではなく、屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話の大あらすじを読みたいがたは屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話‘還生’へお願いします。
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話‘環生’大あらすじとレビューへ
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話‘還生’屋根部屋の皇太子あらすじ和訳版では、運命と言うものめぐり合うべき二人の始まりを描いています。
ここからは、屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話‘還生’屋根部屋の皇太子あらすじ和訳版です。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話‘還生’屋根部屋の皇太子あらすじ和訳版1話-1
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話‘めぐりあうまで’

満月の夜、猫が屋根上を歩きながら泣き始める。
満月、月は月に一度同じ姿に戻る。
そして、月食、日食など月と太陽が重なる時期がある。
作家は、多分、この神秘的なイメージと同じ姿に繰り返して戻る月をこのような意味で取り入れたのではないのか?
猫が見ていたものはなんだろうか?
宮殿の中を走り始める内官がひとり・・・

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話‘還生’屋根部屋の皇太子あらすじ和訳版1話-1 
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話‘還生’
屋根部屋の皇太子あらすじ和訳版1話-1

その時間イガク(パクユチョン)は喉が渇いて目覚める。
目覚めたイガクはビングン(婿宮)を呼び始めるが、どこからも返答はない。
再びイガクは“ビングン、外にいますか?”と聞くが、あまりにも静かな空間が気になったイガクは“外に誰もいないのか?”と言うが、何の返答も帰ってこない。
不安を感じたのか、皇太子イガクは“おい、誰もいないのか?・・・おい、聞こえないのか?誰もいないのか?”と段々と声を大きく叫ぶが・・・

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話‘還生’パクユチョン 
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話‘還生’パクユチョン

その時、宮殿の中を早足で走ってくる内官。
誰かの足音が早くなっていくのを聞いた皇太子は立ち上がり、戸を開けて外に出てくると内官が戸の前に着いていた。
内官の表情を見た皇太子は不安を感じつつ“何のことなのか?”と聞くが、内官は“ジョハ(皇太子を呼ぶ稱號)”と呼ぶだけだった。
皇太子は声を上げて“何事なのか?話せ!何事が聞いているんだ。”と言うけど、内官は直ぐに答えられない。
段々と不安に包まれたイガクは“何の変故なのか?”と聞き、走り始める。
イガクが着いたのはセザビンと散策を楽しんでいた池の前。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子あらすじ和訳版1話-1 
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子あらすじ和訳版1話-1

イガクの目の前に広がっていたのは、池で溺れて死んでいるセザビンの姿だった。
目の前に広がっているものが信じられないイガクは中々喉に詰まって出てこない声で“ビングン”を呼び続けながら池に近付いて行く。
臣下たちに足を止められたイガクは“ビングン、どうしてそんなところにいるの?!ビングン!離せ!”と叫んでしまう。
その時、オバーラップされる現代のヨンテヨンの海に沈んでいる姿と池に浮いているビングンの姿だった。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子あらすじ和訳版1話-1 
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子あらすじ和訳版1話-1

その後、時代は朝鮮時代。
王様はお茶を飲みながら臣下たちと談話をしている。
その話題は皇太子の嫁を受け入れるための内容だった。
幼い皇太子は綺麗な女性が好きだと自分の意思をはっきりと伝え、王様と臣下たちを笑わせる。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子あらすじ和訳版1話-1 
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子あらすじ和訳版1話-1

国の中は、セザビン揀擇のために、禁婚礼が下され、ファヨン(チョンユミの子役)は内心喜んでいる。
妹のブヨン(ハンジミンの子役)も当然ファヨンがセザビンのなると信じていた。
しかし、ファヨンの父はファヨンではなく、妹であるブヨンをセザビンとして準備させることを命じる。
思わぬ結果にファヨンの悲しみは深まるだけだった。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子あらすじ和訳版1話-1 
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子あらすじ和訳版1話-1

画像が変わり、時代は現代。
幼いブヨンとファヨンの姿だが、名前はホンセナ(ファヨン)とパクハ(ブヨン)、父と母の再婚によって、セナとパクハは姉妹になる。
セナはパクハが気に入らない。
しかし、親の再婚に口をつける立場ではない。
時間が経って4人家族になった、パクハと父、セナと母。
親は市場へ仕事に行き、お腹が空いたパクハは一人でインスタントラーメンを作ろうとしたが、火傷を負ってしまう。
セナはパクハの世話をしなかったと理由で、母に怒られながらも泣く事も謝ることもしない。
パクハの世話をすると、一緒に出かけると、セナはパクハのカバンに万匹した品物を入れたりして、父にも叱られる。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子あらすじ和訳版1話-1 
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子あらすじ和訳版1話-1

ある日、止まっていたトラックのテントの中で寝ていたパクハ、牛乳を買って戻って来たセナ!
パクハの寝ている姿を見て一瞬迷ってしまう。
しかし、その時、トラックに戻って来た運転手がトラックにエンジンをかける。
セナは牛乳をセナに投げつけてテントを閉める。
トラックの揺れに目覚めたパクハは牛乳を発見し、セナが近くにいることを感じて、テントを開けて外を見るとセナが立っている。
大声で姉さんと叫ぶが、セナはパクハから背を向ける。
次回の屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話‘還生’屋根部屋の皇太子あらすじ和訳版1話-2をお楽しみに・・・

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話‘還生’屋根部屋の皇太子あらすじ和訳版1話-2へ

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/655-71832593
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。