--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話‘環生’

2012年03月22日 19:17

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話‘環生’

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話‘巡り会う運命’


屋根部屋の皇太子あらすじを書く時、どのくらいで書けばよいのか迷っています。
屋根部屋の皇太子あらすじを大あらすじと詳細なあらすじと言うか和訳の感じで掲載すると決めました。
こちらは屋根部屋の皇太子あらすじのなかでもおおあらすじとレビューなどを書くつもりなので、屋根部屋の皇太子あらすじ詳細なものを読みたい方は下記をクリックしてください。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話‘還生’屋根部屋の皇太子あらすじ和訳版1話-1
屋根部屋の皇太子あらすじ詳細へ

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話、巡り会う運命を環生で描く

屋根部屋の皇太子あらすじは、一言で表現すると巡り会う運命のために続く環生と書ける。
屋根部屋の皇太子1話視聴率は9.8%(AGBニールセンメディアリサーチ全国基準)を記録した。
パクユチョンとハンジミンの休む暇もなく行き来する時空間旅行で視聴者の目と頭の両方が忙しかった。
屋根部屋の皇太子あらすじの始まりは、皇太子イガク(パクユチョン)が、セジャビン(チョンユミ)を失った悲しむ姿が描かれた。
21日初放送されたSBS水木韓国ドラマ、屋上部屋の皇太子はパクユチョンとハンジミンの300年を越えた絆が明らかになった。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話 パクユチョン ハンジミン 
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話 パクユチョン ハンジミン  

朝鮮時代を背景とした空間では皇太子イガク(パクユチョン)は、セジャビン(チョンユミ)を失った悲しみに包まれる。
セジャビンの死に疑問を抱いたイガクは事件の全貌を明らかにしよう、自分だけの調査団を構成した。
しかし、イガクと調査団は、調査に拍車をガハドン中疑問の刺客に追われることになる。
屋根部屋の皇太子あらすじで、もっとも重要なポイント、巡り会うべき運命、それはパクハとよんてよんだった。
現代において、パクユチョンは財閥3世ヨンテヨンを演じた。
自分の家、家族の事には関心を置かずにあちこちを飛び回って、ただスケッチをすることが人生の楽しみである人物だ。
ところがある日、ヨンテヨンはフルーツ商売をしているパクハ(ハンジミン)を見て一目惚れする。
ヨンテヨンとパクハの出会いを繋げたのは、蝶々だった。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話 パクユチョン ハンジミン 
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話 パクユチョン ハンジミン

この蝶々は、朝鮮時代ブヨン(ハンジミン)が刺繍したものがアメリカへ飛んできて、二人の巡り会うべきだった運命を描き出している。
蝶々を目で追っていると、蝶々が座っていたパクハの肩にテヨンの目が留まっていた。
パクハをずっと見続けてパクハの姿をスケッチをしていたヨンテヨン。
この時、ヨンテヨンはフルーツを盗んだ子供たちに合わせようとリンゴを投げたパクハのりんごに頭を当てられる。
このように、二人の300年を越えた絆の輪が始まる。
屋根部屋の皇太子あらすじで、ヨンテヨンとヨンテム(イテソン)の関係も重要なポイントになる。
テムは朝鮮時代の死んだセザビン、セナ(チョンユミ)の恋人でもあるからだ。
ヨンテヨンには異腹従兄弟ヨンテム(イテソン)がいる。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話 パクユチョン イテソン 
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話 パクユチョン イテソン

スケッチを兼ねテムと海へボートを運転していくテヨンは家族と会社の話でテムともめる事になる。
その時、テヨンはテムが振った手によって船の手すりに頭を当てられて海に落ちる。
しかし、テムは、瞬間的に会社に向かった欲望と祖母の愛に対する嫉妬に包まれてテヨンを助けることを諦める。
そのように、テヨンは海の真ん中に捨てられる。
池で死んだセザビンと海で沈んでいくテヨンで運命の輪が出てきて、一つの伏線を置かした。
一方、生みの親を捜したという知らせに喜んでアメリカから韓国へ帰国したパクハは、父が亡くなったという衝撃の知らせにお葬式場で泣き続ける。
しかし、すぐにパクハは再会した養母、血はつながってないけど、一時姉だったセナのそばで生活を適応しながら笑いを失わずに過ごす。
朝鮮時代からの刺客を避けて逃げたイガクと調査団は、妙な力によって300年の時を越えてパクハの部屋に現れてくる。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話 パクユチョン ハンジミン 
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話 パクユチョン ハンジミン

そして、二人の再会は、イガクとパクハの過去てから現在まで続く縁の始まりを知らせた。
屋根部屋の皇太子あらすじで、イガクとパクハの出会いも重要なポイントになる。
アメリカでパクハはヨンテヨン(ユチョン)と出会い、ソウルでイガクと出会う。
パクハは元はセザビンになれたはずの人物だ。
朝鮮と現代のソウル、アメリカとつながる環生!
イガクはヨンテヨンへ、ブヨンはパクハへ、ファヨンはホンセナへと生まれ変わった。
しかし、終わりのない運命的な巡り会いはイガクとパクハを遇わせ、テヨンとパクハを遇わせる。
それは、朝鮮時代ブヨンはセザビンになるはずだったが、姉ファヨン(チョンユミ)の欲望によって、いつもファヨンとイガクの影のように歩いていた。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話 パクユチョン ハンジミン 
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話 パクユチョン ハンジミン

今後のストーリー展開に根幹となる屋根部屋の皇太子1話の放送は休む暇もない時空間旅行に風変わりな見どころを提供した。
また、複雑に絡まって混ざった四人の男女が、過去てから続いた赤い糸の縁をどのように解いていくのか期待を集めている。
21日午後初放送されたSBS水木韓国ドラマ、屋上部屋の皇太子(脚本:イヒミョン、演出:シンユンソプ、制作:SBSプラス)1話で現れた蝶が話題だ。
韓国ドラマ、屋上部屋の皇太子1話の放送に登場した蝶は、その見た目と劇中に意味の付与で関心を集めた。
朝鮮時代に登場した蝶は、ブヨン(ハンジミン)が刺繍したクロスステッチであった。

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話 パクユチョン ハンジミン 
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話 パクユチョン ハンジミン

この蝶は、イガク(パクユチョン)の涙に濡れて300年後に米国のパクハ(ハンジミン)の肩に座った。
この蝶は、時代を超越した二人の縁を暗示すると同時に、300年後の現代に来たイガクとパクハの愛を予見している。
屋上部屋の皇太子1話で、2分余りの間に登場した蝶は、SBS CGチームが、なんと100時間以上丁寧に作られたと伝えた。
屋上部屋の皇太子CG担当の関係者は“シンユンソプPDの要請に応じて、きめの細かい下作業から高解像度のアニメーションまで活用して、本当に生きている蝶を作り出すために努力した”と明らかにした。
SBS側もパクユチョンの演技力に満足感を示した。
21日初放送されたSBS新しい水木韓国ドラマ、屋上部屋の皇太子1話でパクユチョンは、初回から財閥孫ヨンテヨンと、朝鮮時代の皇太子イガク、1人2役を消化し、さらに熟れた演技力を披露した。

 屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話 パクユチョン ハンジミン
屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子1話 パクユチョン ハンジミン

韓国ドラマ、屋上部屋の皇太子視聴者たちも“パクユチョンの演技の発展速度が驚くべきだ”と好評一色だ。
これに対して、SBSドラマ局のキムヨンソプ局長は“パクユチョンは、屋根部屋の皇太子で、以前の作品ともう一つの異なる面を見せている。ベテラン演技者も二人の人物を一度に消化するのが容易ではないものなのに、ユチョンの1人2役は全く抵抗感がなかった”とし“パクユチョンは、韓国ドラマ、屋上部屋の皇太子チームトップとしての能力を自分で見せてくれて安定した演技を繰り広げた ”とパクユチョンの演技を絶賛した。
一方、 屋根部屋の皇太子は、本格的な皇太子イガクの現代適応期が繰り広げられ、さらにエキサイティングな展開が続く予定だ。
屋根部屋の皇太子2話は3月22日に放送される予定だ。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/654-cb93762b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。