屋根部屋の皇太子、赤道の男、ザ・キング2Heartsを圧倒する屋根部屋の皇太子鑑賞ポイント4つとは?

2012年03月20日 21:44

屋根部屋の皇太子、赤道の男、ザ・キング2Heartsを圧倒する屋根部屋の皇太子鑑賞ポイント4つとは?

屋根部屋の皇太子4つの鑑賞ポイント、屋根部屋の皇太子、水木韓国ドラマの王座を占めることができるか?

屋根部屋の皇太子、水木韓国ドラマの王座を占めることができるか?
屋根部屋の皇太子4つの鑑賞ポイントを紹介する。
俳優パクユチョン、ハンジミン、チョンユミ、イテソン、イミンホ、チョンソクウォン、チェウシクなどが出演するSBS TV水木韓国ドラマ、屋上部屋の皇太子(イヒミョン:脚本、シンユンソプ:演出)が出撃準備を終えた。
3月21日午後9時55分初放送を控えている屋根部屋の皇太子の観戦ポイント4つは?

屋根部屋の皇太子の鑑賞ポイント1つ、興行製造機、シンユンソプPDとイヒミョン作家の最初の呼吸

屋根部屋の皇太子、赤道の男、ザ・キング2Heartsを圧倒する屋根部屋の皇太子鑑賞ポイント4つとは? 

屋根部屋の皇太子鑑賞ポイント4つとは?
パクユチョン、ハンジミン、チョンユミ、イミンホ、チョンソクウォン、チェウシク

屋根部屋の皇太子は最高視聴率44.5%を記録した韓国ドラマ、天よ(2005-2006)、そして、最高視聴率25.3%を記録した韓国ドラマ、恋人(2006-2007)などを演出したシンユンソプPDがメガホンを取った。
そして、シンPDと今回の作品を通じて、初めて呼吸を合わせるイヒミョン作家。
イヒミョン作家は最高視聴率42.6%を記録した歌手チャンナラを演技者としての地位を築き上げた韓国ドラマ、明朗少女成功記(2002)、キムヒソンをスターダムにのせた韓国ドラマ、ミスターQ(1998)、トマト(1999)脚本などを務めていた別名興行製造機。
このような二人の組み合わせは、視聴者たちにとって、 屋上部屋の皇太子に対する期待感をもっと高める要因の一つだ。

屋根部屋の皇太子の鑑賞ポイント2つ、花美男F4、イミンホ、パクユチョン、チョンソクウォン、チェウシクの活躍

パクユチョン、イミンホ、チョンソクウォン、チェウシク 
屋根部屋の皇太子の観戦ポイント2つ、花美男F4
パクユチョン、イミンホ、チョンソクウォン、チェウシク

屋根裏部屋皇太子では、 魅力満点の花美男F4が登場する。
朝鮮時代のF4の元祖、KBS 2TV韓国ドラマ、成均館スキャンダルのパクユチョンとMBC TV、太陽を抱いた月 のイミンホ、ここに、整った体つきで女心を揺るがすチョンソクウォン、突拍子もない若々しい魅力の所有者チェウシクまで参加した。
パクユチョンは皇太子イガク役を担って鈍感で気難しい性格の悪い皇太子を演じる。
先立って 、成均館スキャンダルで内向的な性格の坊ちゃん役を引き受けたパクユチョンが悪い男に変身する予定だ。
イミンホは、社会性ゼロのカジョナム(冷たい朝鮮の男)、ソンマンボ役で、歴代最年少トップで国家試験に合格した天才で皇太子の教育を担当したが、300年後の現在においては、いつも朝鮮時代に戻る工夫をしているこだわりのある人物である。
現代の知識を習得しながら、よりスマートになっていくが、柔軟性ゼロに社会性の不足で、周辺の人々を息苦しくする。
チョンソクウォンは風よりも速い、朝鮮最高の剣術師であり、6隻を超える大規模な身長にたくましい体を誇るウヨンスル役で朝鮮の純情マッチョで言葉よりも体が先に進む熱血男児で、チェウシクはドチサン役で、本来は内官だったが、現在に来て花美男アイドルランクを付けるとんでもない姿に変身して劇の楽しさを加える。

屋根部屋の皇太子の鑑賞ポイント3つ、タイムスリップという素材から来るコミック

屋根部屋の皇太子の観戦ポイント3つ、タイムスリップという素材から来るコミック パクユチョン、ハンジミン 
屋根部屋の皇太子の観戦ポイント3つ、
タイムスリップという素材から来るコミック パクユチョン、ハンジミン 

屋根部屋の皇太子は、朝鮮時代の皇太子イガク(パクユチョン)が愛するセジャビン(チョンユミ)を失い、300年の時を越えて臣下たちと一緒に21世紀のソウルに飛んできて前世で結ばれなかった女性との愛を成し遂げるというファンタジーロマンスである。
そのため、300年前の朝鮮時代の姿と現代の姿が一団となる。
タイプスリップというドラマの特徴が、視聴者たちにとって最大の興味を引いている。
朝鮮時代の人々が現代に来て体験するドタバタ無茶な状況がテレビ劇場に大きい笑いを贈ると期待される。
わざわざ笑わせるというよりは、彼らが置かれた状況が笑いを誘発すること。
これに対して、パクユチョンは“タイムスリップだから何でも新しいものだと思うと、どうすれば視聴者たちに不慣れではなく近付くことができるかに対して、表現力を中心に悩みを重ねてきた。屋根部屋の皇太子の最大の魅力は、タイムスルリプのようだ。前世の人々が、現生に落ちて来て自然な笑いを与えるだろう”と話した。

屋根部屋の皇太子の鑑賞ポイント4つ、ソンオスク、アンソクファン、イムンシク心強い名品助演3人衆

屋根部屋の皇太子の観戦ポイント4つ、ソンオスク、アンソクファン、イムンシク心強い名品助演3人衆 
屋根部屋の皇太子の観戦ポイント4つ、
ソンオスク、アンソクファン、イムンシク心強い名品助演3人衆

ソンオクスク、アンソクファン、イムンシクなど名品助演3人衆が屋根部屋の皇太子に出演する。
特に、昨年話題のドラマだった深い根の木で活躍を広げたソンオクスクとアンソクファンが久しぶりに一緒にする。
ソンオクスクはパクハ(ハンジミン)とセナ(チョンユミ)のお母さん役を、アンソクファンはセジャビンのお父さん役を務める。
千の顔を持ったイムンシクも皇太子の群れに出会ってから、人生最大の難関にぶち当たっているピョテクス常務役で登場する。
三人は安定した演技力で、屋上部屋の皇太子の心強い支えになってくれるように見える。
一方、ソンジョンヒョンCPは“屋根部屋の皇太子は1、2月SBS韓国ドラマの不振を克服しようと野心満々と準備をしている。期待に復興するに値するドラマだと思う。今、うまくいくことという感じがしている。”と自信を表わした。
視聴者が楽しみに待っている韓国ドラマ、屋根部屋の皇太子でユチョンとハンジミンはどのような姿を見せてくれるのか?
このように、華やかな鑑賞ポイントを持っている韓国ドラマ、屋根部屋の皇太子は3月21日に初放送される予定だ。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/651-6ee3bd0a
    この記事へのトラックバック