屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子あらすじの鑑賞ポイントは?

2012年03月06日 17:04

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子あらすじの鑑賞ポイントは?

屋根部屋の皇太子あらすじ、屋根部屋の皇太子あらすじ詳細

屋根部屋の皇太子あらすじは、皇太子イガクが愛するセジャビンを失って、300年の時間を越えて臣下たちと一緒に21世紀のソウルへ飛んできて、前世で遂げられなかった女性と愛を実らせると言う内容の韓国ドラマだ。
韓国ドラマ、屋根部屋の皇太子キャストは、イガク役に俳優パクユチョン、パクハ役に俳優ハンジミン、ヨンテム役に俳優イテソン、パクハの姉パクセハ役に俳優 チョンユミ、朝鮮時代イケメンF4としては、ユチョン以外に、ソンマンボ役に俳優イミンホ、ドチサン役に俳優チェウシク、ウヨンスル役に俳優チョンソクウォンが選ばれた。
屋根部屋の皇太子あらすじは、皇太子イガク(ユチョン)、世子にセジャビンは長い友であり、政治的仲間だった。
また、高く冷たい壁の中の唯一の友達だった。

屋根部屋の皇太子あらすじ ユチョン ハンジミン 
屋根部屋の皇太子あらすじ ユチョン ハンジミン

妹の座を横取りしてセジャビンになった女性ファヨンは、奪ったのではなく自分のものを取り戻したと信じた。
皇太子を愛した女性ブヨン、彼女の目つきと音色が恋慕之情(戀慕之情)を言っていたけれど、頑張って恋君之情(戀君之情)と信じていた。
朝鮮の皇太子であり、姉の男になってしまった...愛してはいけない人。
彼女の切ない愛がどうして今日の、私たちの愛よりも少ないと言えるのか?
皇太子と姉妹の行き違ってしまった愛、彼らの愛は300年後も終わらない酷い運命につながる。
屋根部屋の皇太子あらすじの始まりは朝鮮という時代劇になるが、直ぐ、現代、300年後の韓国ソウルへと舞台が変わる。

屋根部屋の皇太子あらすじ ユチョン ハンジミン 
屋根部屋の皇太子あらすじ ユチョン ハンジミン チョンユミ イテソン イミンホ

21世紀の韓国、ここへ白馬に乗った皇太子と1トントラックに乗った女性が直面している。
果たして、二人はお互いの愛をきちんと向き合うことができるか。
時間を超えた宮廷ファンタジーロマンスの幕が開かれる。
屋根部屋の皇太子公式ホームページによると、屋根部屋の皇太子あらすじを一目で読める企画意図は、“花が散ってもあなたを忘れたことは無い”と副題が書かれている。
屋根部屋の皇太子企画意図は、愛にも賞味期限があるか?と言う問いにYESと悩み無く答える今時代を生きている若い青春の男女に聞く。
あなたが言う賞味期限付き愛はいくらか?
愛をどのように計算すのかと反問する前に、考えてみて!
賞味期限を決めた時点からあなたは既に、愛を計算している。

屋根部屋の皇太子あらすじ ユチョン ハンジミン 
屋根部屋の皇太子あらすじ ユチョン ハンジミン

だから、このドラマ、屋根部屋の皇太子は億劫という時間が経ても変わらない愛を証明してみようとする。
胸より頭が先に反応する自称クールな近代の男女たちには決してクールには対応できない感性的な愛を描く。
屋根部屋の皇太子企画意図を見ると、屋根部屋の皇太子あらすじは、運命というもの、本物の愛、真の愛は必ず結ばれるべきなのか?についての問いかけを描くだろう。
韓国ドラマ、屋根部屋の皇太子は3月14日ホワイトデーに初放送される予定である。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/647-3c029197
    この記事へのトラックバック