太陽を抱いた月あらすじ17話、太陽を抱いた月17話予告、中殿寶鏡の行方は?

2012年02月28日 19:20

太陽を抱いた月あらすじ17話、太陽を抱いた月17話予告、中殿寶鏡の行方は?

太陽を抱いた月あらすじ17話、太陽を抱いた月17話予告、中殿寶鏡が可哀想?

韓国ドラマ、太陽を抱いた月17話でセジャビンホ氏殺害事件の顛末が明らかになって、現在中殿であるユンボキョンが涙を流すことになる。
2月28日MBC水木韓国ドラマ、太陽を抱いた月(脚本:ジンスワン/演出:キム·ドフンイ·ソンジュン)17話予告動画が公開された。
太陽を抱いた月17話予告動画では王イフォン(キム·スヒョン)が巫女月(ハン·ガイン)の正体が死んだセジャビン、ホヨヌであったことを知って嗚咽した。
続いて、太陽を抱いた月17話予告動画でイフォンとホヨンは本を間に置いたまま、短いキスをした。

太陽を抱いた月あらすじ17話、太陽を抱いた月17話予告 
太陽を抱いた月あらすじ17話、太陽を抱いた月17話予告

ホヨヌを愛する陽明グン(チョンイル)は、幼い時のように、もう一度ホヨヌと逃げようとするが、ヨヌが王の女であるために挫折するしかなかった。
陽明グンは大事にした異母兄弟であり、国の王、イフォンに刀まで持ち上げた逆謀を犯した。
また、韓国ドラマ、太陽を抱いた月17話予告動画では、イフォンとハン·ガインの濃いキスシーンが電波に乗った。
太陽を抱いた月の視聴者たちが待ち望んでいた“菊花茶キス”、“ファルインソキス”などが次々と不発となり、切なさを催したが太陽を抱いた月17話でいよいよ成功する予定だ。
つまり、2月29日放送される韓国ドラマ、太陽を抱いた月17話で本格的にイフォンとホヨヌの宮中ロマンスが始まるようだ。
イフォンとホヨヌの甘いロマンス予告は、すでに25日、ハン·ガイン所属事務所ジェウォンプラスのフェイスブックにも掲載された。
ハン·ガインが、 “ヨヌにも春は訪れるでしょう?春が来る音に残り時間がひたすら惜しいですね”、“一緒に苦楽を共にした太陽を抱いた月の家族たち。一緒に寒さに震えながら寝ることもできず、洗顔もできなくても、我々は残りの時間を走って行きます”、“ヨヌにも春は訪れるようです。”などと文章を掲載して期待感を高めたもの。
しかし、ホヨヌに春が訪れれば、中殿ユンボキョン(キムミンソ)には冷たい冬が来るしかない。
表面的な悪女の仮面をかぶっていたユンボキョンは、実は悲恋のヒロインだった。
月になりたかったが、月に成れない鏡、ボキョン(宝镜)!

太陽を抱いた月あらすじ17話、太陽を抱いた月17話予告 
太陽を抱いた月あらすじ17話、太陽を抱いた月17話予告

ユンボキョンに罪があると言ったら、一目に皇太子、イフォンに惚れて心に抱いた激しい恋心と罪人の娘という絆であった。
ユンボキョン父、ユンデヒョン(キム·ウンス)は、サリムを代表する勢力、ホヨンジェ(トッコ·ヨンジェ)娘、ホヨヌが中殿の座に上がるのを防ぐために、幼いホヨヌを殺した。
太陽を抱いた月、セジャビンホ氏殺害事件は、いつもユンボキョンの心に罪悪感を植えつけた。
2月23日放送した韓国ドラマ、太陽を抱いた月16話でいよいよユンボキョンが凄まじく崩れた。
ユンボキョンは混沌と恐怖、怒りが込められた悲鳴を上げた。
ユンボキョンは“私はすべてを知っています。父がヨヌ、その子を殺したということを”と言いながらぶるぶる震えてユンデヒョンを見て絶叫するシーンは、視聴者たちの涙腺を刺激した。
実際上、口をつぐんでだだ、自分の位置を守ろうとしたユンボキョンの強い外見と違い、内面は傷だらけで膿んでいたもの。
8年にわたるうわべだけの中殿として、心痛していたユンボキョンの中殿座からも引き下ろされるようだ。

太陽を抱いた月あらすじ17話、太陽を抱いた月17話予告 
太陽を抱いた月あらすじ17話、太陽を抱いた月17話予告

韓国ドラマ、太陽を抱いた月17話から本格的にホヨヌ殺害事件を終結することになる。
20話に予定されている韓国ドラマ、太陽を抱いた月は残りの4羽の間に偽の月、ユンボキョンが凄まじく没落することになる。
すさまじい宮中残酷史に視聴者たちの関心が集中している。
韓国ドラマ、太陽を抱いた月は太陽を抱いた月最終回、太陽を抱いた月20話まで4回の放送を残している状況だ。
隠された真実に向かって駆け上がっている韓国ドラマ、太陽を抱い月17話は29日午後9時55分放送される予定だ。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/644-e646ce7d
    この記事へのトラックバック