--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論とは?

2012年02月21日 00:27

太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論とは?

韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタに平行理論が存在するのか?
“なんだか分からない既視感が感じられる。”
MBC韓国ドラマ、太陽を抱いた月で義禁府道士ホンギュテ(ユン·ヒソク)が王に呼び出されていた時、言ったセリフだ。
8年前に成均館ジャンイ(生徒会長)時代、密かに王世子フォンに呼ばれた状況と同じだからそう感じるしかないはず。
ところが、最近、ホンギュテだけでなく、視聴者たちも韓国ドラマ、太陽を抱いた月を見てなんだかどこかで見た経験をしたような感じ、既視感を感じる人々が多い。
初恋ファンタジーと記憶喪失という現代のメロードラマの定番素材が史劇、韓国ドラマ、太陽を抱いた月で同じく再現されているからだ。

韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論 
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論 
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論

韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論の根拠とは?

幼い頃の青々しい初恋、その初恋の突然の死、数年の時間が経過した後、記憶喪失症にかかった初恋の帰還、その人が初恋の相手ではないことを知りながらも、再び愛するようになる主人公、失われた記憶を隠すために、精一杯の努力をする周囲の人々・・・.
これまで、韓国ドラマ、太陽を抱いた月のロマンスは、大抵このように流れてきた。
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と言わない限り、記憶喪失、コードの代表韓国ドラマ、冬のソナタと大きく変わらない。
だから、視聴者掲示板やSNSには“冬のソナタの古典版を見るようだ”、“朝鮮時代版冬のソナタ”という視聴者たちの話が頻繁に上がってくる。
記憶喪失症にかかった人がジュンサン(ペ·ヨンジュン)からヨヌ(ハン·ガイン)と性別だけを変えただけだ。
韓国ドラマ、太陽を抱いた月の若い王イフォン(キム·スヒョン)は、初恋のセジャビンヨヌを忘れられないながらも、ヨヌと似ている巫女月(ハン·ガイン)を心に抱く。

韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論 
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論 
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論

ヨヌと呼ばれていた過去の記憶を失った月もフォンへの想いをどうすることができない。
韓国ドラマ、冬のソナタでもそうだった。
記憶喪失症にかかったままミニョンという名前で暮らしていたジュンサン(ペ·ヨンジュン)は、大人になって再会したユジン(チェ·ジウ)を愛し、ユジンも彼が初恋ジュンサンではないことを知りながらも彼を愛するようになる。

韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論 
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論 
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論

韓国ドラマ、太陽を抱いた月の陽明(チョン·イル)と韓国ドラマ、冬のソナタのサンヒョク(故パク·ヨンハ)のように、愛されないまま後姿だけ眺めるキャラクターも出てくる。
彼らの愛もまた切ないだけど、結局は二人の男女の愛に寄与するというものだ。
運命のような初恋ファンタジーはこのように完成される。

韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論 
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論 
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論

また、韓国ドラマ、太陽を抱いた月で幻影を繰り返してみた月はセジャビン時代の思い出が込められているウンウォルガクで記憶を取り戻す。
韓国ドラマ、冬のソナタのジュンサンも学んだことのないピアノ曲を自然に演奏している自分の姿を発見しながら、フラッシュバックを開始する。
さらに、潜航を行ったフォンがサンソン内官、ヒョンソン(チョン·ウンピョ)の視線から自由になるために、雪だるまを作って来なさいと命令を下す場面を見て、韓国ドラマ、冬のソナタの有名な雪だるまを思い出したという話もある。
韓国ドラマ、冬のソナタの制作会社ペンエンターテイメントが韓国ドラマ、太陽を抱いた月の製作会社でもあるから、ここまで来ると、韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論が成立してもおかしくないほどだ。

韓国ドラマ、太陽を抱いた月のロマンスが陳腐ではない理由は?

現代メロドラマだったら不治の病や出生の秘密くらい陳腐で常套的だと批判を受けたはずの初恋と記憶喪失という、コードが韓国ドラマ、太陽を抱いた月では久しぶりに力を発揮している。
その理由は、韓国ドラマ、太陽を抱いた月がはじめに出したように、巫俗ファンタジーが結合されたからだ。
韓国ドラマ、太陽を抱いた月で巫女が呪術で、人を殺した後、生き返して、二人の男女が再び会って元の位置を取り戻すのは天地神明の意図だという言葉で説明される。
現代が背景だったら、 接神の設定が出てきた韓国ドラマ、シンギセンデョンのように、どん詰まり論議に包まれるはずだったが、韓国ドラマ、太陽を抱いた月では運命という言葉で正当化される。
実際、チョンウングォル作家の原作小説、太陽を抱いた月では女主人公がフォンのために自分の正体を自分で隠しただけで、記憶喪失症にかからない。
ドラマが原作になかったメローの必須要素を劇中に引き込んで積極的に変容して発展させたのだ。

韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論 

韓国ドラマ、太陽を抱いた月のロマンスが陳腐ではない理由

結果的に、現代メロドラマの定番の素材は韓国ドラマ、太陽を抱いた月のロマンスを強化するために決定的な役割を果たしたわけだ。
そのような意味で、韓国ドラマ、太陽を抱いた月は史劇という器に移しいれただけで、現代の正統メロードラマに近いという分析も出ている。
これは、韓国ドラマ、太陽を抱いた月が冬のソナタのように老若男女の平均した人気を得ることができた決定的な秘訣でもある。
ある放送関係者は“現代劇のメローは、視聴者たちがその枠組みを知っているので、うんざりしている感じだが、時代劇のメローには、階級の問題が入り込むため、はるかにドラマチックだ”とし“韓国ドラマ、太陽を抱いた月をはじめ、最近のロマンス史劇は正統メローの力がいかに強いかを改めて証明している”と話した。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/639-fd463380
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。