--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告

2012年02月16日 19:46

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告

太陽を抱いた月14話予告

私はなぜ死んだのか?
月(ハンガイン)は淫の文字が刻まれたチョゴリを着たまま罪人の身分でソファルインソへの逐出を命じられ、主導権を奪われたフォン(キムスヒョン)はジピョンジョンで臣僚たちに侮辱を受ける。
夜遅く、義禁府獄事へ月を訪ねたフォンは重い心を抑圧しながら淡々と自分から離れることを下命する。
一方、ソファルインソへ引っ張られて行く月は、正体の知れない男に拉致され、この知らせを聞いた陽明(チョンイル)は驚いて走って出て行くが、雲が陽明の前を防いで立つ。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告 
太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告

ハン·ガインがいよいよ記憶を取り戻す。
MBC水木韓国ドラマ、太陽を抱いた月で記憶を失った巫女月役を引き受けたハンガインは16日、太陽を抱いた月14話放送分で記憶を回復する。
太陽を抱いた月14話放送のサブタイトルは『私はなぜ死んだのか』だ。
幼い頃セジャビンに選ばれたヨヌ(キムユジョン/ハンガイン)は、死に直面してから九死一生で助かったが、これまで、巫女月として生きて行きながら、過去を全く覚えていなくて王フォン(キムスヒョン)を混乱させてきた。
月、自分もヨヌという幻影を見て、他人の記憶を抱いていると思うが、16日放送分、太陽を抱いた月14話で彼自身がヨヌだったことを悟るようになるだろう。
月がヨヌという事実を悟るきっかけは拉致だ。
月は濡れ絹を着せられて、ソファルインソへと引っ張られて行くが、正体を知らない男に人にさらわれてしまう。
この知らせを聞い陽明が驚いて走って出て行くが雲が彼の前を防いで立ち、月をさらった男はついに覆面を脱いで月の前に向き合う。
ここで月は過去、仮面で顔を隠していた皇太子時代のフォンを思い浮かべて、過去を記憶することになる。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告 
太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告

15日に放送された太陽を抱いた月14話予告篇を通じて月の記憶を取り戻すことができるという意味に接したネチズンたちは ‘いよいよヨヌとフォンが会うことになるのか?’、‘王世子を奪われた私たちのヨヌは可哀想でどうする?’、‘二人の美しいメローライン今後期待される’など熱い反応を見せている。
偶然にもヨヌの記憶を取り戻す16日はフォンを演じているキムスヒョンの誕生日でもある。
ネチズンたちは‘殿下のお誕生日の日、ヨヌが記憶を取り戻すなんて意味深い’とお誕生日おめでとう文章を吐き出している。
キムスヒョンの所属事務所側は‘ドラマ、太陽を抱いた月の反応が爆発的だ。キムスヒョンのファンが急増しており、広告の方でも反応が熱い。現在5つの広告契約を締結したが、太陽を抱いた月が終わる時頃になると、おそらく10個程度に広告が増えないかと思う。次回作オファーも殺到していてキムスヒョンが最高の日々を送っている’と述べた。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告 
太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告

ハンガインも15日放送分、太陽を抱いた月13話でひどい拷問にも教壇を守るヨヌのキャラクターをよく消化して、 ‘ハンガインの再発見’という絶賛を受けている。
どんな状況でも光を失わない、ハンガインだけのオーラと高級感のある美貌は、史劇演技でさらに真価を発揮している。
ハンガインの所属事務所側は‘不思議なことにハンガインが打たれたり、拷問されるなど、過酷な体の演技を繰り広げるたびに、太陽を抱いた月視聴率が上がっている。
体は大変だが、ハンガインが太陽を抱いた月に対する視聴者たちの愛情と関心に報いようと、一日に1,2時間しか寝られない状況でも最善を尽くしている’と述べた。
一方、15日に放送された太陽を抱いた月13話は、AGBニールセンメディアリサーチの集計結果38.4%の視聴率を記録して40%台を狙っている。

太陽を抱いた月14話予告、キムスヒョン別離宣言‘私から離れても良い’涙の海予告

太陽を抱いた月14話では、キムスヒョンとハンガインの切ない別れが描かれる。
2月16日午後に公開されたMBC水木ミニシリーズ、韓国ドラマ、太陽を抱いた月14話予告によると、イフォン(キムスヒョン)は月(ハンガイン)との別れを決意する。
この日公開された太陽を抱いた月14話予告ムービーは45秒にわたって登場人物それぞれの切ない姿が描かれて嵐の涙を予告した。
獄事に閉じこめられた月を密かに訪ねて行ったフォンはウォルに“私は君を見ていたのではなく、その子を見ていたのだ。だから、もう私から離れても良い”と別れを告げて涙をのんだ。
月も涙を流して切ない別離を描く予定だ。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告 
太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告

中殿ボキョン(キムミンソ)は、フォンに“私には殿下が初恋でした。誰よりもよく知っている殿下がどうしてこんなに残酷でしょうか?”と涙を流し、フォンはボキョンを抱いて慰める姿を見せた。
一方、宮殿から追い出さていく月を見たヨヌの母、ジョンキョン夫人シンさん(ヤンミギョン)は、娘の姿をそっくり似ている月を見て“ヨヌヤ!”を叫んで切なさを催した。
陽明(チョンイル)は、外出禁止令を受けて恋心に苦しむ姿を見せた。
太陽を抱いた月14話予告編を見たネチズンたちは ‘今日、嵐の涙予約だね’、‘切なくない場面がない宝石のような予告編’、‘母様、どうしますか?’、‘母様、一目で娘を分かりますね。切ない”、‘月の受難はいつまでですか?お願いだから、記憶ちょっと”などの反応を見せた。

太陽を抱いた月14話予告、ハンガインバンとフォンは未来の終止符を打つか?

ハンガインバンが大逆罪人に続き、罪人烙印まで?ヨヌをどうしよう?!
太陽を抱いた月13話、14話の予告編が公開された後、ハンガインが大逆罪人になり、義禁府に連行された写真が公開された。
ハンガインが大逆罪人になり義禁府に押送されたのは太陽を抱いた月12話の最後の場面で“中殿のために、私は帯を一度外してやる!”と視聴者たちの心配を溶かした王様フォンと中殿ボキョンの初夜が失敗に終わったからだ。
太陽を抱いた月13話予告で正体不明のたたりを受けたフォンが倒れ、中殿はフォンとの初夜が失敗し、希望どおりに原子を懐妊できなくなり、自分に羞恥心と恥辱をもたらしたフォンに対する恨みを抱いて別名‘中殿の逆襲’を図る。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告 
太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告

中殿ボキョンは自分の父であり、ヨンサンであるユンデヒョンと供に初夜失敗の原因が正体不明のたたりの責任で厄受け巫女、月に濡れ衣を着せ義禁府へ押送する。
13日、 太陽を抱いた月公式ホームページに公開されたハンガインが大逆罪人として引っ張られている行く画像はハンガインが演じている厄受け巫女、月が義禁府へ押送されて行く場面に推定される。
一方、 太陽を抱いた月14話予告では義禁府に引きずられて行く月を救うため、フォンは侮辱を我慢しながら、大王大妃を訪ねて行って、お願いを上げ、陽明もチュグク場に現れ、月の無罪を立証して、月は罪人の烙印を押され、ソファルインソへ互い追い出されるが、押送されていく途中、正体の知れない男にさらわれる。
太陽を抱いた月14話予告によると、厄受け巫女、月は大逆罪人の烙印が押されたまま、ソファルインソへ追い出されることが描かれている。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告 
太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告

最も気になる部分は、今まで自分がヨヌであることを知らずに、巫女月として生きることになったハンガインが多い節目ごとに大逆罪人烙印が押される危機をかろうじて避けてきたけど、罪人の烙印が押されたらどうすのかだ。
いくら結末がハッピーエンドでも大逆罪人の烙印を押されたハンガインがヨヌに帰還してフォンと幸せに生きるということはまったく描かれない絵だからだ。
太陽を抱いた月は話ごとにフォンとヨヌをめぐる危機と切ない懐かしさと愛に心に傷を得た、太陽を抱いた月の中殿の逆襲の中に大逆罪人として追われたハンガインと彼女を保護しようとするフォンが視聴者たちの心配をとかし出す見通しだ。
太陽を抱いた月14話は2月16日夜9時55分に放送される予定だ。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/638-8cbf8bd7
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。