太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月13話予告、魔女狩り

2012年02月13日 18:11

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月13話予告、魔女狩り

太陽を抱いた月13話予告が公開された。
突風を起こしているMBC TV水木韓国ドラマ、太陽を抱いた月(ジンスワン:脚本、キムドフン:演出)の13話のサブタイトルが公開された。
太陽を抱いた月公式ホームページには、太陽を抱いた月13話サブタイトル、 魔女狩りが公開され、先週イフォン(キムスヒョン)と中殿ポキョン(キムミンソ)の初夜を予告した。
来る15日放送される予定であるMBC水木韓国ドラマ、太陽を抱いた月13話では太陽を抱いた月12話に続いて中殿ポキョン(キムミンソ)と王様イフォン(キムスヒョン)の初夜シーンが続く。
中殿ポキョンに侮蔑感を植え付け、初夜に応じようとしたフォンは正体不明のたたりを受うけて倒れ宮殿は非常事態になる。
中殿ポキョンは、自分に恥をもたらしたフォンに恨みを抱いて、父であり、領議政であるユンデヒョン(キムウンス)と一緒に対抗することにする。
以後、二人はフォンが受けたたたりの原因が月(ハンガイン)にあるとフォンの名誉を失墜させるために陰謀を企むようになる。
そのため、月は大逆罪 という名目で義禁府(ウィグンブ)に引かれて行くようになる。

太陽を抱いた月あらすじ 太陽を抱いた月13話予告 
太陽を抱いた月あらすじ 太陽を抱いた月13話予告

宮廷での暗闘が続く中、フォンに特別任務を受けた義禁府都事ホンギュテ(ユンヒソク)は、ヨヌの死にまつわる秘密を解くために医員を訪ねて行って徐々に事件の糸口に近づく。
その時、月は大逆罪人になって義禁府に引っ張られてフォンに特別任務を受けたホンギュテとの出会うことになる。
太陽を抱いた月は先週からフォンが月の多様な姿でヨヌの痕跡を発見し、彼女の記憶を戻すための秘密捜査に着手した。
月もこれまでフォンの厄受け巫女として行動していた中で、感情の変化を経験してラブラインを予告した。
一方、イフォンと中殿ポキョンの初夜シーンとヨヌの死を詳細を知るためのイフォンの続く推理は来る15日午後MBC韓国ドラマ、太陽を抱いた月13話を通じて確認することができる。
先週、太陽を抱いた月12話の放送は、フォンとポキョンの初夜シーンで終わって、太陽を抱いた月13話予告編が公開されず、視聴者たちの思いを焦がした。
これで、太陽を抱いた月13話の予告文が公開されると視聴者たちも“とても楽しそう”、“水曜日はいつくるの?!”、“早く見たい”などの文を残して期待感を表わした。
太陽を抱いた月は去る9日の放送、太陽を抱いた月12話で視聴率37.9%(AGBニールセンメディアリサーチ全国集計)を記録、人気を続けた。
太陽を抱いた月13話は2月15日午後9時55分放送される予定だ。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/635-c30d6cda
    この記事へのトラックバック