韓国ドラマ、太陽を抱く月と成均館スキャンダルの平行理論は?

2012年01月28日 19:05

太陽を抱く月と成均館スキャンダルの平行理論4つは?

韓国ドラマ、太陽を抱く月と成均館スキャンダルには平行理論がある。
2年前、KBS 2TV韓国ドラマ‘成均館大キャンダル’(演出:キムウォンソク/脚本:キムテヒ)のヒットに続き、今年のMBC韓国ドラマ‘太陽をく月’(脚本:チンスワン/演出:キムドフン、イソンジュン)がこのバトンを受け継いだ。
韓国ドラマ‘太陽を抱く月’、韓国ドラマ‘成均館スキャンダル’両方とも、チョンウングォル作家の小説をドラマ化したもので、これまでの歴史考証に重点を置いた時代劇での制約をなくしたという評価を受けている。
ところが、異なるこの二つの韓国ドラマ‘太陽を抱く月’と‘成均館スキャンダル’には平行理論がある。

韓国ドラマ 太陽を抱く月 成均館スキャンダル 
韓国ドラマ 太陽を抱く月 成均館スキャンダル


★韓国ドラマ‘太陽を抱く月’ホヨヌと成均館スキャンダルのキムユンヒの共通点

韓国ドラマ‘成均館スキャンダル’ヒロインは‘男装女’キムユンヒ(パクミニョン)であった​​。
韓国ドラマ‘成均館スキャンダル’キムユンヒは、美貌と知性を兼ね備え、イソンジュン(パクユチョン、JYJ)ムンジェシン(ユアイン)と三角関係を成す。
また、韓国ドラマ‘成均館スキャンダル’において、キムユンヒは、子供の頃、貧しい生活を送って成均館に入ったので庶民の苦労を理解するとともに、両班の思考を持った新女性だった。
韓国ドラマ‘太陽を抱く月’ホヨヌ(ハンガイン)も、このような設定がある。
ホヨヌもやはり格別な美貌と知性でイフォン(キムスヒョン)、陽明グン(チョンイル)と三角関係ロマンスの主軸だ。
同時に、ホヨヌが持つ頭が切れる論理力は朝鮮版‘シャーロックホームズ’という称賛を聞いた。

 韓国ドラマ 成均館スキャンダル パクミニョン
韓国ドラマ 成均館スキャンダル  パクミニョン(キムユンヒ/キムユンシク)
 
韓国ドラマ 太陽を抱く月 ハンガイン 
韓国ドラマ 太陽を抱く月 ハンガイン(ホヨヌ)

韓国ドラマ‘太陽を抱く月’ホヨヌの場合、朝鮮時代の両班家箱入り娘にふさわしくない学識と開かれた思想も韓国ドラマ‘成均館スキャンダル’キムユンヒと同じだ。
ホヨヌは序盤から、“身分に貴賎はないが、人格に貴賎がある”、“女として文を読み取ることを禁止することは正しくない”などと人間の平等思想を持つ新女性の姿をアピールした。
また、ホヨヌとキムユンヒの共通点のうち最も大きい点は、‘存在を表わすことができない’人物という劇的装置だ。
キムユンヒは、弟の名前であるキムユンシクとして成均館に入った‘男装女’、すなわち真の身分を明らかにすることができない‘死んだ’人物という葛藤の要素を取った。
ホヨヌも公式的には‘死んだ’人物であり、宮廷には非公式に入ったエクバジ(厄受け)巫女だ。
キムユンヒホヨヌはすべて存在自体が葛藤になるのだ。
 

★韓国ドラマ‘太陽を抱く月’花美男4人衆と韓国ドラマ‘成均館スキャンダル’花美男4人衆

まず、韓国ドラマ‘成均館スキャンダル’が、花美男の四角構図をを取った。
‘超がつくほど美男だから女性の膝をしびれさす‘ジャルグム4人衆’がまさにその主人公だった。
大物キムユンシク(男装したキムユンヒ)、ヨリム(女林)グヨンハ(ソンジュンギ)、ゴロ(桀驁)ムンジェシン(ユアイン)、カラン(佳郎)イソンジュン(パクユチョン、JYJ)の4人だ。

韓国ドラマ 成均館スキャンダル  ユアイン パクユチョン パクミニョン ソンジュンギ 
韓国ドラマ 成均館スキャンダル  ユアイン パクユチョン パクミニョン ソンジュンギ

キムユンシク、グヨンハ、ムンジェシン、イソンジュンの美貌は、多くの女性視聴者たちに‘ゴロアリ(病)’‘ソンジュンアリ’‘ヨンハアリ’のような致命的な‘アリ(病)’を抱かせた。
韓国ドラマ‘太陽を抱く月’でも子役の花美男4人衆が先に明るい美貌を自慢した。
イフォン(ヨジング)、ホヨム(イムシワン)、キムジェウン(イウォングン)、陽明グン(イミンホ)が女心をぎゅっとつかんだ。

韓国ドラマ 太陽を抱く月 イフォン(ヨジング)、ホヨム(イムシワン)、キムジェウン(イウォングン)、陽明グン(イミンホ) 
韓国ドラマ 太陽を抱く月 イフォン(ヨジング)、ホヨム(イムシワン)、
キムジェウン(イウォングン)、陽明グン(イミンホ)

韓国ドラマ 太陽を抱く月 主演 キャスト 
キム韓国ドラマ 太陽を抱く月 スヒョン、チョンイル、ソンジェヒ、ソンジェリム

一部の韓国ドラマ‘太陽を抱く月’視聴者たちは、‘ジングを涙で送った’‘なんてことだ。ジョンベ(順風産婦人科の配役)がこんなによく育ったって?’‘太陽を抱く月は子役の美貌で、すでにセーブした’という意見を出すなど、オンラインの掲示板を花美男4人衆で満たした。
続いて、韓国ドラマ‘太陽を抱く月’大人の演技者の4人衆で登場したキムスヒョン、チョンイル、ソンジェヒ、ソンジェリムもやっぱりイケメンの四角構図を形成している。
韓国ドラマ‘太陽を抱く月’4人衆は、華やかな美貌に、哀切なロマンスまであしらった高品位な演技でテレビ劇場に魔法をかけており、注目されている。

★韓国ドラマ‘太陽を抱く月’4ホヨムと‘成均館スキャンダル’イソンジュン?

韓国ドラマ‘太陽を抱く月’4ホヨム(ソンジェヒ)は、ネシ(內侍)ヒョンソン(チョンウンピョ)の言葉を借りれば“超美男、魔性の士人(ソンビ)”、“文字通りの勉強が最も容易だったと言う超天才”だ。
ホヨムが通り過ぎれば後光が輝き、嫉妬していた人でさえ感服する。

韓国ドラマ 太陽を抱く月 ホヨム(イムシワン) 
韓国ドラマ 太陽を抱く月 ホヨム(イムシワン)

さらに、弘文館デジェハク、ホヨンジェ(ソンウジェドク)の息子で、幼い年齢に文科に主席合格合格した人物だ。
また、ホヨムは清廉で真っ直ぐな性格で皆の信頼を受ける。

韓国ドラマ 成均館スキャンダル パクユチョン イソンジュン 
韓国ドラマ 成均館スキャンダル パクユチョン イソンジュン

韓国ドラマ‘成均館スキャンダル’イソンジュンもそうだった。
ソンジュンも、ハンサムな顔と、名門家士大夫の息子という設定だ。
やはり若い年齢に文系で合格をして、正度と原則を守るために生きていく魅力的なキャラクターだ。

★韓国ドラマ‘成均館スキャンダル’妓生(芸者)チョソン、‘太陽を抱く月’中殿、ユンボキョン登場

キムミンソは、韓国ドラマ‘成均館スキャンダル’で朝鮮最高の妓女(芸者)、チョソン役を引き受けて話題になった俳優だ。
キムミンソは、韓国ドラマ‘成均館スキャンダル’放送当時、高慢で知的なチョソンを演じ、視聴者の好評を受けた。
韓国ドラマ‘成均館スキャンダル’チョソンは、成均館のシンバンレをきっかけに出会ったキムユンシク(キムユンヒ)を心に抱いて純情をささげるが、叶うことのない愛の主人公だった。
このようなチョソンの純情を韓国ドラマ‘太陽を抱く月’中殿、ユンボキョンから見つけることができる。
ユンボキョンは美貌と才色を兼ね備えていたが、イフォン一人だけを見つめる役でチョソンと平行理論をなす。
ただ、チョソンと異なる点は、ユンボキョンは悪役のコンセプトを受けて、偽善的で、二重的な中殿を演じる。
ユンボキョンは手に入れることのできない愛に嫉妬して、絶望するが、継続して王妃の座を維持する方法を講じなければならない。

韓国ドラマ 太陽を抱く月 成均館スキャンダル キムミンソ 
韓国ドラマ 成均館スキャンダル 太陽を抱く月 キムミンソ 

このようなユンボキョンのコンセプトは巫女月(大人/ホヨンオ)が入宮すると供に、韓国ドラマ‘太陽を抱く月’で、これから繰り広げられる熾烈な宮廷の暗闘を暗示している。
すでに、ロマンス小説でヒットした後にドラマ化した韓国ドラマ‘成均館スキャンダル’‘太陽を抱く月’の間には、この他にも人気独り占めを可能にする多くの共通点がある。
‘男装の女’‘巫俗信仰’など、これまで時代劇では扱ってなかった新なテーマを選んでいるという点やキャラクターの上の類似点などがそうだ。
韓国ドラマ‘太陽を抱く月’が韓国ドラマ‘成均館スキャンダル’を超えた大作で、有終の美をおさめるのか注目される。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/628-dfbf5538
    この記事へのトラックバック