--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開

2012年01月07日 21:59

チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開

チャングンソク、ドキュメンタリー‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日の新年スペシャル公開

チャングンソクが自分の話を盛り込んだ新年特集ドキュメンタリーとしてテレビ劇場をひきつけた。
韓国において、2日午前、視聴率調査会社AGBニールセンメディアリサーチによると、1日午後放送されたKBS 2TV新年特集ドキュメンタリー‘新韓流の中心、私はチャングンソク’は全国基準8.0%を記録し、同様の時間帯に放送されたSBSスペシャルより0.9%Pの視聴率を記録した。
ドキュメンタリー‘新韓流の中心、私はチャングンソク’を通じてチャングンソクは、日本と中国を越えて、アジアを魅了させた自分だけの魅力をよく見せてくれた。
ドキュメンタリー‘新韓流の中心、私はチャングンソク’序盤、警護員に“私を警護することはかなり疲れると思い増す。”とカメラを向けて、“やっぱり疲れると思います。私を追いまわると”と言ったように、韓国はもちろん日本などで一つのブランドになってしまったチャングンソクの日常は、呼吸するひまなく忙しかった。
チャングンソクは、日本現地の東京ドームコンサート前に10時間以上のマラソンリハーサルをし、一晩でボトル入り水を30ボトルを飲みつくし、脱水の状態に陥り、点滴闘魂を発揮した。

 チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開
チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開

日本のホテルで自分を待っているファンを抱いてやるびっくりイベントをしてカメラの前でも本来の遊び心のある姿を見せるなど、本人自身の遊び心が映り出る姿を見せるなど、どこへ飛んでいくか分からないチャングンソクだけの魅力が現われた。
この日、チャングンソクは“チャングンソクがプリンスになって生きていく過程をチャングンソクの人生と代弁して接続させたようだ”として“いつも平凡でもなく事故の束でもあるし、あれこれの問題を起こすこともあるが、本当に重要なのは胸の中で出てくる真心があるということ。一種のミュージカルのようでトークショーでもありながら、歌手らのコンサートでもある”と自身の日本の東京ドームコンサートについて説明した。

チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開 
チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開 

このようなチャングンソクを作ってくれたのは、韓国ドラマ‘イケメン(美男)ですね’だった。
韓国ドラマ‘イケメン(美男)ですね’は、日本放映当時、同時間帯視聴率1位を記録した。
日本の大衆文化のジャーナリストは“そのドラマ(韓国ドラマ‘イケメン(美男)ですね’)は、日本の少女漫画の世界観そのものと思えば良い。女性が憧れの男性像がそのまま凝縮されているわけだ”とし“ドラマの中のキャラクターとチャングンソク、自分の本当の姿がよく融合になって一つの新しいキャラクターが作られたこと”と評した。
このようなチャングンソクが、日常の姿は、派手さとは程遠い。
チャングンソクは“人々は私がドラマ一本で、日本で爆発的な人気を得たとおもうでしょう?”とし“それが事実でもあるが、そのドラマ(韓国ドラマ‘イケメン(美男)ですね’)の一本まで20年近くという時間がかかったし、それをお金払って買うこともできないものだと思う。”と明らかにした。
なお、“もちろん、20年の間、学校で友達もなく、思い出もなく、得られないものもたくさんあるが、そんなことを後悔してみても何をするのか”と、“ただ得たものがもっと大きいと思うのが気楽で、今は本当に幸せだ”と率直な心を打ち明けた。

チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開 
チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開  

このようなチャングンソクの過去のためか、現在の大学に在学中のチャングンソクは、日常に戻ったときは、学校生活に充実しようと努力中だ。
実際、毎週月曜日と火曜日には、授業を聞くために他のスケジュールを取らないほどだ。
学校へ行く日には休息を取っても学校から出ずにキャンパスで寝る。
このように多方面で努力しているチャングンソクだが、一部では韓国と日本の人気の温度差があるともいう。
チャングンソクは“誰よりも自分自身が正確に知っている”とし、日本と韓国の間の人気の温度差が事実だと述べた。

チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開 
チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開 

続いて、“日本で急激にブームアップなってしまったてしまい、あまりにも多くの人が訪れるようになり、あまりにも多くの仕事をすることになったが振り返って見た時、韓国と日本というのは、私が活動することになる最大の二つの地域”とし“しかし、両方の国において、バランスが合うように両方でトップスターになったら、私は本当に一通り住んでいたようだ。それで、私はむしろ今の自分の姿が自分に頑張りをいれるには理想的なようだ”と明らかにした。

チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開 
チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開  

‘新韓流の中心、私はチャングンソク’は、25歳のチャングンソクの姿を生のまま盛って、我々が知らなかった韓流スターとしてのチャングンソクの姿を新たに発見することにした。
華やかな舞台の裏には、チャングンソクの苦悩と芸能人としてのスケジュールを除けば、通常の20代半ばの変わらない生活など、‘グンチャン’チャングンソクではない青年チャングンソクの姿にもっと近かった。
実際、チャングンソクは、ドキュメンタリーの放映前に“二ヶ月と言う短い期間が我を忘れて過ぎってしまったが、私、‘チャングンソク’という人をもっと素直に見せられるように熱心に臨んだ”と明らかにし、放送を通じてチャングンソクの言葉が事実であることを証明した。

チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開 
チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開  

‘アジアのプリンス’から‘ワールドプリンス’へと成長している俳優、チャングンソクのドキュメンタリー‘新韓流の中心、私はチャングンソク’は、彼をプリンスに育ってくれた日本フジTVで、13日にニューイヤースペシャルで公開される予定だ。
現在、チャングンソク‘君はペット’の日本プロモーション、韓国ドラマ‘愛の雨’の撮影、画報撮影、CM撮影など忙しい日々を送っている。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/623-0c621996
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。