太陽を抱く月あらすじ、太陽を抱く月予告1話

2012年01月03日 19:24

太陽を抱く月あらすじ、太陽を抱く月予告1話

太陽を抱く月あらすじ、太陽を抱く月予告1話:二つの太陽と一つの月

権力を図るため、どんなことでも厭わない大王大妃ユン氏(キムヨンエ)と外戚ユンデヒョン(キムウンス)の工作で、王様(アンネサン)が大切に思う異母弟ウイソングンは、逆謀に加担したという謀陷に陥って息を引き取る。
この過程で優れた神力を持ったソンスチョン(聖水青)の巫女アリ(チャンヨンナム)も悔しい濡れ衣を被ることになり、彼女はノギョン(チョンミソン)に意味深長な言葉を残して死を迎える。

韓国ドラマ‘太陽を抱く月’、‘成均館スキャンダル’の人気を超えるられるか?

また、一つの時代劇ロマンスが幕を上げる。
チョンウングォル作家の同名小説を原作にしたMBC水木韓国ドラマ‘太陽を抱いく月’だ。
韓国ドラマ‘太陽を抱いく月’は朝鮮時代を背景に、仮想の王、イフォンと秘密を秘めた巫女、月の切ない愛の物語を描く。
幼い頃王世子と世子婿(セジャビン)の縁に出会ったが、後ほど、政治的な荒波の中で別れることになった二人は、8年が過ぎた後、王と王の厄受け(エクバジ)巫女になって、再開することになりながら起ることが神秘的で切なく繰り広げられる。
同名小説は2005年に初版が出版された後、ロマンス小説の読者の間で大きな人気を集め、2007年にドラマ版権契約が行われた。
そして、昨年10月にドラマ放映を控えて、本の出来ばえを整えて改訂版で新たに出版された。
韓国ドラマ‘太陽を抱いく月’は、韓国ドラマ‘成均館スキャンダル’の原作‘成均館儒生たちの日々’を執筆した作家の作品という点でファンの大きな関心を集めている。

太陽を抱く月あらすじ、太陽を抱く月予告1話 キムスヒョン ハンガイン 
韓国ドラマ 太陽を抱く月 キムスヒョン ハンガイン

数多くの‘ソンスペオン(Pain)’を量産した韓国ドラマ‘成均館スキャンダル’の背光を強固に貰うことができる一方で、‘成均館キャンダル’以上を見せなければならないという負担感も誕生と供に抱えているわけだ。
韓国ドラマ‘成均館キャンダル’がロマンスを基本にしたが、‘イケメン(ジャルグム)4人衆’の成長と友情などで大きな共感を得たとすれば、韓国ドラマ‘太陽を抱く月’はロマンスにもう少し重きがおかれる。
韓国ドラマ‘太陽を抱いく月’は男女主人公の結まれた縁の糸の絡み合いを解いていく過程であらわれる事件と秘密のロマンスの紆余曲折を作って劇の緊張と楽しさを吹き込む。
そのため、男女主人公の組み合わせと演技呼吸がこれまで以上に重要と思われる。
韓国ドラマ‘太陽を抱いく月’が準備される過程で、関係者の間では熾烈なキャスティング戦争が起った。
登場人物があまりにも魅力的だったので、“役割を獲得しさえすれば人気は間違いない”ということだ。
韓国ドラマ‘成均館キャンダル’を通じてパクユチョン、ユアイン、パクミニョン、ソンジュンギがスター班列に上がったかのようだ。

韓国ドラマ 太陽を抱く月  キムスヒョン ハンガイン チョンイル キムミンソ 
韓国ドラマ 太陽を抱く月  キムスヒョン ハンガイン チョンイル キムミンソ

韓国ドラマ‘太陽を抱いく月’にも何人かのスター級の俳優たちが有力に挙論されたが、結局、韓国ドラマ‘太陽を抱いく月’主人公はキムスヒョンとハンガインに預けられた。
二人の組み合わせに首をかしげる視線をハンガインは2日、製作発表会で、“キムスヒョンとチョンイルより五、六歳が多い”と恥ずかしげに話を始めたが、“韓国ドラマ‘太陽を抱いく月’中の人物、ヨヌとして見てほしい”と期待感と覚悟を伝えた。
韓国ドラマ‘太陽を抱いく月’をはじめ、地上波3社の新作ドラマが4日、同時に幕をあげる。
韓国ドラマ‘太陽を抱いく月’が‘成均館スキャンダル’を上回る人気を集めることができるか関心が集められている。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/615-33513d7d
    この記事へのトラックバック