--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国ドラマ‘太陽を抱く月’キャスト情報

2011年12月12日 19:30

韓国ドラマ‘太陽を抱く月’キャスト情報

‘太陽を抱く月’史上最高のビジュアル時代劇を期待(韓国ドラマ‘私も花’後続)

韓国ドラマ‘私も花’早期終映される中、後続作品‘太陽を抱く月’への関心が熱い。
MBC水木韓国ドラマ‘私の花’が低視聴率を見せている中、最近、MBCで早期終映する可能性が提起されている。
当初16部作で製作され、12月29日放映終了する予定だったが、この日の年末授賞式の放送の関係で一日繰り上げて28日放映終了するということだ。
韓国ドラマ‘私の花’の後続作品では‘トキメキ☆成均館スキャンダル’原作者チョンウングォル作家の同名ベストセラー小説をドラマ化した‘太陽を抱く月’が放送される。

韓国ドラマ‘太陽を抱く月’キャスト情報 
韓国ドラマ‘太陽を抱く月’キャスト情報
 ハンガイン キムスヒョン キムジョンフン チョンイル(時計方向)

韓国ドラマ‘太陽を抱く月’は、朝鮮時代の仮想の王イフォン(キムスヒョン;ドリームハイ主演)と巫女、月(ハンガイン)の愛を描いた歴史ロマンス作である。
時代劇に初めて挑戦するハンガインは王世子嬪に選別されたが、予期せぬ事件に巻き込まれて巫女として生きていくようになった数奇な運命を持った女性ヨヌとして熱演する。
ヨヌは、失われた記憶を訪ねて行く過程で、三人の男と運命的な出会いを持つようになる。
男主人公のキムスヒョンは王、イフォンとしてハンサムで賢いだが、冷たくて艶がない魅力が引き立って見える演技を披露する。
キムスヒョンが美男王の系譜を継ぐものと期待を集めている。
ハンガイン、キムスヒョンほかイフォンの2歳の腹違いの兄であり、後継ぎがいないフォンに代わって王位継承序列1位であるヤンミョングン役にはチョンイルが有力な候補に上がった。
ヤンミョングンは悲しいが、明るい光(陽明)というシノプシス上の説明のように悠々自適、風流男児で、表面上は虚々実々だが、内面は五里霧中な魅力的なキャラクターだ。
また他の男性主人公にはキムジョンフン(宮 -Love in Palace-主演)が有力視されており、‘太陽を抱く月’は、史上最高のビジュアルフュージョン時代劇でもう一度視聴者たちの目を楽しませるものと予測される。
キムジョンフンは、魅力的なルックスと天才的な頭脳を持つ成均館儒生ホヨムの役割を担う見通しだ。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/608-5ec1c865
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。