--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポセイドンあらすじ予告、ポセイドン4話、チェシウォン、ユンホが空港にいる理由は?

2011年09月27日 21:35

ポセイドンあらすじ予告、ポセイドン4話、チェシウォン、ユンホが空港にいる理由は?

ポセイドンあらすじ予告、ポセイドン4話

未解決事件の中、フクサフェと関連するもので見えるの失踪事件に注目しているソヌとスユン。
ジョンリュルも最後までフクサフェに対抗していた犯罪組織の幹部だったバクチルソンに会う。
バクチルソンにフクサフェに対する復讐を再開する考えがないかを確認するジョンリュル。
その間...ポパイチョンドクスから脱出したアンドンチュルがソヌに急いで連絡をするが…

韓国ドラマ‘ポセイドン’チェシウォン、ユンホ、トップアイドルらしい空港ファッション‘終結’

‘空港ファッションのターミネータ(終結者)は、まさに私たち!’
韓国ドラマ‘ポセイドン’のチェシウォンとユンホ(チョンユンホ、東方神起)が眼球浄化‘バダナム(海の男)’のシンプルモダンルックを披露し、空港ファッションの先導者として出た。
チェシウォンとユンホは、KBS新しい月火韓国ドラマ‘ポセイドン’で、それぞれの海洋警察特攻隊員のキムソヌとカンウンチョル役を引き受けて強烈な演技変身を試みている状況だ。
特にユンホは、インパクトのある特別出演でシウォンと義理のカリスマ対決を繰り広げており、注目を集めている。
何よりもアジア最高のアイドルグループ出身らしく高い身長とすらりとした足の長さ、そして、強固な体つきで視線を集中させている二人がほのぼのとした姿が目立つ空港へ外出姿を現わして人目を引いている。
後光が光る、‘心臓ドキドキ誘発者’の姿をそっくり表わしたもの。
去る9月7日、仁川(インチョン)国際空港で行われた撮影現場でチェシウォン、チョンユンホはこぎれいながらも、洗練された服装で登場した。
特に、海洋警察特攻隊出身で、海洋警察の制服を着た凛々しい姿を見せてくれた二人はダンディーな感じの私服姿で演技に取り組んでおり、関心を集中させている。

ポセイドンあらすじ予告、ポセイドン4話、チェシウォン、ユンホが空港にいる理由は? 
ポセイドンあらすじ予告、ポセイドン4話、チェシウォン、ユンホが空港にいる理由は?

グレーのジャケットとデニムでシックな感じを与えているチェシウォンは、ボーダー柄が引き立つTシャツにポイントを与えて洗練美を加えた。
特に、チェシウォン特有の硬いスタイルとすらりとした長さが強調されて凛々しい男性美を吹き出すに充分だった。
チェシウォンと一緒にモノトーンのスタイルを生かしたチョンユンホはチェック柄シャツをレイヤードしたルックでカジュアルな感じを生かした。
これに、黒のジャケットとジーンズでシンプルさを生かし、軽くたたんであげたツートンカラーの袖がより一層素敵な感じを伝えている。
制服を着た時とはまた違った感じの躍動的な雰囲気を吹き出しているわけだ。
幻想のアンサンブルを発揮している二人はシンプルモダンルックに輝く空港ファッションで女心を搖るがしておく予定だ。
何よりも、ポセイドン1話とポセイドン2話を通じて友情を往来する火花散るカリスマを披露した二人が広げる微妙な対決構図は、これから二人の運命をもっと刺激する。

ポセイドンあらすじ予告、ポセイドン4話、チェシウォン、チョンユンホ 
ポセイドンあらすじ予告、ポセイドン4話、チェシウォン、チョンユンホ

韓国ドラマ‘ポセイドン’製作会社エネックステレコム側は“見るだけでほのぼのとした二人の俳優のおかげで、‘ポセイドン’が強固な気運を得ている”とし“特に‘ポセイドン’に特別出演するチョンユンホは、チェシウォンと一緒に胸に響く熱い義理を現わす予定なので、今後、もっと期待しても良い”と伝えた。
一方、海洋警察の未解決事件専門チームの‘捜査9課’を指揮することになるジョンリュル(イソンジェ)は、チームメンバーにオミンヒョク(ハンジョンス)、イチュンシク(チョンウンテク)警査をはじめ、紅一点のイスユンと特殊部隊出身のキムソヌを説得するために出て、好奇心を誘発させている。
特に、群山密輸組織アンドンチュルと結託し、問題を起こしたソヌがジョンリュル、スユンと一緒に‘捜査9課’チームメンバーで活躍を広げることができるか好奇心を刺激している。
韓国ドラマ‘ポセイドン’毎週月、火夜9時55分放送されている。

韓国ドラマ‘ポセイドン’PD“特別出演チョンユンホ、後半再登場の可能性ある”

韓国ドラマ‘ポセイドン’の特別出演で熱い関心を受けたユンホ(東方神起、チョンユンホ)が後半再登場する予定だ。
チョンユンホ(東方神起)は9月27日放送されたKBS 2TV月火韓国ドラマ‘ポセイドン’(脚本:チョギュウォン/演出:ユチョルヨン)の4回放送分、韓国ドラマ‘ポセイドン’4話を最後に退場する。
チョンユンホ(東方神起)は、新しい版が書かれた‘ポセイドン’ではレギュラー出演者ではなく、‘特別出演者’であったため、劇の序盤部を華やかに装飾して視聴者たちとさよならを告げる。
チョンユンホ(東方神起)は今回の作品を通じて、2009年MBC韓国ドラマ‘地面にヘディング’以来2年ぶりに韓国ドラマに復帰した。
それだけファンとネチズンたちの期待は大きかった。
歌手の東方神起としては最上の席に上がったが、演技者としての活動が微小だったことが事実。
特に、同じ東方神起メンバーシムチャンミン(チャンミン)は、韓国ドラマ‘パラダイス牧場’で演技者申告式をしたため、チョンユンホにかける期待がより一層大きくなるしかなかった。

ポセイドンあらすじ予告、ポセイドン4話、チェシウォン、チョンユンホ 
ポセイドンあらすじ予告、ポセイドン4話、チェシウォン、チョンユンホ

幸いにもチョンユンホは韓国ドラマ‘ポセイドン’で、派手なビジュアルとアクション、安定した演技力で好評を受けた。
しかし、ここで残念な点はチョンユンホ(東方神起)が韓国ドラマ‘ポセイドン’4話を最後にドラマから降りると知られていること。
これに対して、一部視聴者は“チョンユンホの分量を増やしてくれ”“逆転の主人公カンウンチョル(チョンユンホ、東方神起)の話をもっと聞きたい”などの反応を見せた。
幸いなことに、韓国ドラマ‘ポセイドン’製作陣はユンホの再投入の可能性を示唆した。
韓国ドラマ‘ポセイドン’キムスンモPDは“チョンユンホが‘ポセイドン’の後半部に再登場する可能性もある。十分な余地を残しておいた”と耳打ちした。
特に、カンウンチョルのキャラクターが善と悪を同時に持っているだけに、韓国ドラマ‘ポセイドン’を円滑に進行させる重要な役割を果たすというのが製作陣の説明だ。
カンウンチョルは、フクサフェ首長チェヒゴンと関連しており、予期せぬ不慮の事故に巻き込まれることになって、ソソヌ(チェシウォン)に濡れ衣をかぶせながらも、結局ソヌのために身を投げつける義理を持っている人物だ。
韓国ドラマ‘ポセイドン’4話では、海洋警察特攻隊の戦術チーム長のカヌンチョルは、いくつかの疑問点を残したまま忽然と出国することになる。
韓国ドラマ‘ポセイドン’4話は9月27日夜9時55分放送される予定である。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/589-63160d79
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。