--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国ドラマ‘私も花’キムジェウォンとイジア、キャスティング確定

2011年09月21日 17:44

韓国ドラマ‘私も花’キムジェウォンとイジア、キャスティング確定

韓国ドラマ‘私も花’キムジェウォンとイジア‘お茶の間の花になるのか?’

俳優キムジェウォンが、MBCの新しい水木ミニシリーズ、韓国ドラマ‘私も花’(脚本キムドウ、演出コドンソン)の男性主人公に落点された。
韓国ドラマ‘私も花’は、‘私の名前はキムサムスン’‘キツネちゃん何してる’のキムドウ作家と‘私の妻はスーパーウーマン(内助の女王)’コドンソンPDが意気投合したロマンチックコメディー物で意地っ張り女子警察と二つの顔のアンダーカバーボスのロマンスを描いた作品だ。
キムジェウォンは韓国ドラマ‘私も花’中、二つの顔の王子、ソジェヒ役を引き受けた。
ブランドショップオーナーと駐車要員の二つに人生を生きる誠実で壮健な青年として、気難しい性格の女子警察チャボンソン(イジア)と事件ごとにぶつかりながら甘い愛を育てる。
演出を引き受けたコドンソンPDは“キムジェウォンは、以前から一緒に作業したい俳優であった。軍除隊後、‘私の心が聞こえる?’でより一層成熟した演技を見せてくれて二種類の相反したイメージを披露しなければならないソジェヒ役をうまくこなすという確信ができた”とし“今回の役割を通じてキムジェウォンの大きな魅力を発見できるだろう”と確信した。

韓国ドラマ‘私も花’キムジェウォンとイジア、キャスティング確定 
韓国ドラマ‘私も花’キムジェウォンとイジア、キャスティング確定

韓国ドラマ‘私も花’は、ドラマの主人公も、誰ものように世の中の中心になることができ、また、なりたいという希望のメッセージを込めたタイトル。
愛されてまた愛したい主人公の心情を表現しようとした意味もある。
キムジェウォンは“シナリオを時間がたつことも分からないほど面白く読んだ。こんなに早く次の作品をするとは思わなかったのに、あまりにも魅力的な役割だから出演を決心した。どうやら、今年の仕事運が良いようだ”とし、“優れた監督、作家、俳優たちと一緒にするようになった韓国ドラマ‘私も花’を介して私を愛してくださるファンに良い姿で恩返ししたい”という願いを伝えた。
2011年11月初めに放映予定の韓国ドラマ‘私も花’は、現在、二人の主人公以外の主要配役のキャスティングを進行中の段階で詳細な準備を終えるとすぐに撮影に突入する計画だ。
一方、韓国ドラマ‘私も花’は、歌手のソテジとの結婚に続く離婚までかちかちに隠した事実が一歩遅れて明らかになって、活動に支障をもたらすことになった俳優イジアの復帰作として最初に紹介され、果たして彼女の人気の回復が可能であるか大きな関心を集めてきた状況だ。

韓国ドラマ‘私も花’キムジェウォンとイジア、キャスティング確定 
韓国ドラマ‘私も花’キムジェウォンとイジア、キャスティング確定
韓国ドラマ‘私の心が聞こえる?’キムジェウォン ファンジョンウム

そんな中、前作、韓国ドラマ‘私の心が聞こえる?’のファンジョンウムと‘善良なカップル’の熱演で除隊後すぐに、新しい全盛期を迎えることになった俳優のキムジェウォンのキャスティングのニュースが加わり、キムジェウォンも、今の勢いを継続できるか関心が加わる。
韓国ドラマ‘私も花’には、イジア、キムジェウォンのほかソヒョリム、ハンゴウン、イギグァンなどが出演する見通しだ。
ソヒョリムは韓国ドラマ‘女の香り’で、キムソナのライバルであり、財閥会長の娘、そして、イドンウク(ガンジウク)の政略結婚相手役を熱演した。
ビーストのイギグァンは、韓国ドラマ‘マイプリンセス’のキムテヒを手伝ってくれる気立ての優しい料理人で演技デビューをした。
韓国ドラマ‘私も花’は、キャスティングを終えた後、来る11月初めに放送される予定だ。
韓国ドラマ‘私も花’は、MBC水木韓国ドラマ、チェジウ、ユンサンヒョン主演‘負けてたまるか’の後作品として、毎週水木夜9時55分に11月から放送される予定だ。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/582-8605e6f5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。