ポセイドンあらすじ、ポセイドン1話あらすじとレビュー好評、視聴率は?

2011年09月20日 02:23

ポセイドンあらすじ、ポセイドン1話あらすじとレビュー反応と視聴率は?

ポセイドンあらすじ、ポセイドン1話あらすじとレビュー‘興行の3拍子、成功が見える’

ドラマ初の海洋を素材にしたブロックバスター級韓国ドラマ‘ポセイドン’が9月19日初めて電波に乗った。
韓国ドラマ‘ポセイドン’は、製作陣が言ったように、海に関連する様々な事件事故や犯罪を捜査している韓国の海洋警察の特別捜査官たちの物語が豊かに描かれ、‘海洋犯罪ドラマ’の新しい場を開いた。
ホバークラフトと海洋ヘリコプターなど各種、海洋装備と映画を見るようなスペクトクルな映像は視聴者たちの見どころを刺激し、チェシウォン(スーパージュニア)、イソンジェ、イシヨン、ハンジョンス、チョンユンホ(東方神起)など、優れた演技力を持つ役者とアイドルの登場は、ファンの期待を集めるに十分だった。
しかし、このドラマが初日から興味を起こさせるのは、まさに感動のストーリーと俳優たちの好演、そして迅速な展開があるからだった。
チェシウォン、イソンジェなどの登場人物たちは、個人的な傷と痛みのために捜査に参加するようになり、チェシウォンとイソンジェ、そして、チェシウォンとイシヨンなどが繰り広げる友情と愛の物語は、今回のドラマが抱いて行く最高の‘興行カード’になるものと見られる。
彼らの関係の中で芽生える人間らしい匂いがするストーリー展開は、‘また他の興行の要素’だ。
これとともに、迅速な展開も目立っていた。

ポセイドンあらすじ ポセイドン1話 ユンホ チェシウォン イシヨン 
ポセイドンあらすじ ポセイドン1話 ユンホ チェシウォン イシヨン

ある視聴者は“ドラマが人気を得るには感動がなければならない。また、視聴者たちは希望のメッセージがあるはずの楽しみを感じるので、このドラマは、このすべてを持っているようだ。まだ、初放送だけ見たが、困難の中で立ち上がる希望の物語があるから良い”と言った、
これとともに、俳優たちの演技力も、今回のドラマの最高の‘成功要因’になるようだ。
チェシウォンは、自分の体にぴったりな服を着たように韓国ドラマ‘ポセイドン’で飛んで通い、イシヨンとチョンウンテクは根気ある演技で韓国ドラマ‘ポセイドン’を輝かせた。
また、痛みのある演技力で、久しぶりにTVドラマに顔を出したイソンジェは鳥肌が立つ演技力で視聴者たちの拍手を受けた。
特に、東方神起ユンノユンホは短い出演だが、‘存在感ある演技’を披露した。
彼らの好演は、どんなに感動的な話でも俳優たちが自分の役割をしないと、良いドラマを作ることができないというドラマ界の通説を立証した。
韓国ドラマ‘ポセイドン’の初回、登場人物たちのキャラクターを説明し、ドラマの仕組みの構造を作っていく過程でも良い演技者たちのおかげでドラマの成功の可能性が見えている。
だから、韓国ドラマ‘ポセイドン’が期待されるドラマだ。
韓国ドラマ‘ポセイドン’は毎週月・火曜日夜9時55分に放送される予定である。

ポセイドンあらすじ、ポセイドン1話、チョンユンホとチェシウォン、初めての出会いから火花を散らす神経戦

カンウンチョル(チョンユンホ)とキムソヌ(チェシウォン)が初めての出会いから神経戦を繰り広げた。
9月19日初放送されたKBS 2TV新月火韓国ドラマ‘ポセイドン’(脚本:チョギュウォン/演出:ユチョルヨン)1回放送分、ポセイドン1話で、カンウンチョルとキムソヌは、本庁の特殊部隊の警衛とグンサンで警長として対面した。
カンウンチョルは、この日、キムソヌに、“久しぶりだ”と言いながら握手を誘ったが、キムソヌは、回答なしであざ笑いをしながら通り過ぎて行って、二人の間に深い溝があることを予想させた。
カンウンチョルとキムソヌは、再びカリスマ対決を広げた。

ポセイドンあらすじ ポセイドン1話 ユンホ チェシウォン 
ポセイドンあらすじ ポセイドン1話 ユンホ チェシウォン

本庁特攻隊がクンサンの地理に詳しい人が必要だと要請すると、キムソヌが有力な候補に上がった。
キムソヌは、カンウンチョルを意識してか、“私はできません。銃を引いたのが、いつだったのか記憶にないです。”と言いながらガイドをできないと粘った。
その時、近づいてきたカンウンチョルは、ガイドは必要ないと明らかにした。
以来、キムソヌに向かって“そのように生きるつもりなら、その服も脱げばよいのに、なぜ着ているのか。哀れなやつ”と冷たく話して、二人の間に隠された物語があることを示唆した。

ポセイドンあらすじ、ポセイドン1話、派手なアクション+様々な見どころ‘期待↑’

KBS 2TV新月・火韓国ドラマ‘ポセイドン’(脚本:チョギュウォン、演出:ユチョルヨン)は、派手なアクションとしっかりしたストーリーで視聴者の視線を捕らえた。
9月19日午後放送した韓国ドラマ‘ポセイドン’の初回ではキムジョンリュル(イソンジェ)、キムソヌ(チェシウォン)、イスユン(イシヨン)が海洋の未解決事件を専門に担当するために創設された‘捜査9課’に集まる姿が描かれた。
この日の放送、韓国ドラマ‘ポセイドン’1話は、韓国、中国、日本に渡って犯罪を犯して動くチェヒゴン検挙作戦開始した。
チェヒゴンの存在を把握した海上警察は、海上警察特攻隊でホバークラフト、カモプヘリコプター、チャレンジャー偵察機など、すべての戦力を動員してチェヒゴンの検挙に乗り出す。
しかし、チェヒゴンの姿を探すことに失敗するが、グォンジョンリョル、警政は、操舵室で数年前にチェヒゴンの手に亡くなった妻の写真を発見し、もう一度挫折する。
クンサン海洋警察に勤務しているチェシウォンは、海上警察特攻隊エースの出身だが、作戦中、仲間を失ったことに責任を負って退いて閑職で勤務している。
彼もチェヒゴンによって愛する女性を失った痛みを抱えている。
海洋警察庁長は左遷されたグォンジョンリュルを再度呼んで、未解決事件担当捜査9課CGI9(Coast Guard Investigation 9)を創設して、メンバーを集めることを指示する。
チェヒゴンに対する検挙も注文する。
グォンジョンリュルは、キムソヌ、イスユンを呼び集める。
この日、韓国ドラマ‘ポセイドン’は、イソンジェ、チェシウォン、イシヨンなど、主人公たちの安定した演技で期待感を高めた。

ポセイドンあらすじ ポセイドン1話 ユンホ チェシウォン 
ポセイドンあらすじ ポセイドン1話 ユンホ チェシウォン

去る2008年放送された韓国ドラマ‘大韓民国弁護士’以後3年ぶりにテレビ劇場に復帰したイソンジェは安定した演技力で劇の中心を取った。
2011年の初めに放映終了した韓国ドラマ‘アテナ:戦争の女神’で、派手なアクション演技を披露したチェシウォンはさらに良くなった、アクション演技に、胸に痛みを抱えて生きる感情演技まで忠実に表現して期待感を高めた。
韓国ドラマ‘セレブの誕生’、‘イタズラなKiss’など、主にロマンチックコメディーに出演したイシヨンの変わった姿も目を引いた。
ブロックバスタードラマの代名詞ユチョルヨンPDのドラマらしく、数え切れない物量攻勢と絶えず続くアクションシーンも、様々な見どころを提供した。
KBS月火韓国ドラマは、前作‘スパイミョンウォル’の不振で低迷状態。
最も派手な見どころとしっかりしたストーリーで初お目見えした韓国ドラマ‘ポセイドン’が果たしてどれくらいの活力を吹き入れるか期待される。
韓国ドラマ‘ポセイドン’2話は9月20日夜9時55分に放送される予定である。

韓国ドラマ‘ポセイドン’反応、SNSも‘so hot’ポセイドン視聴率はどのくらい?

韓国ドラマ、ポセイドンの反応が熱い。
9月19日の夜、最初の回が電波に乗ったKBS 2TV韓国ドラマ‘ポセイドン’を見た視聴者たちは、SNSにも熱い反応を現わした。
韓国ドラマ‘ポセイドン’の反応は、大抵好評が多かった。
あるTwitterユーザーが“お兄ちゃんポセイドンを見てきました~本当に最高!本当にとてもおもしろく見ました!私の母が兄さんのキャラクターがとても可愛くて、演技も上手だと!これで、無条件にポセイドンを見ることに決まりました。チェ俳優さま、チャンファンになりました!兄さんは本当に最高です!ファイトです!”と出演中のチェシウォンを応援した。
また、他のTwitterユーザーが“ポセイドン見るとアイリスが頭に浮かんだが、作家が同じだねふふふ。これから月・火にはポセイドンみよう”と好意的な反応を見せた。

ポセイドンあらすじ ポセイドン1話 ユンホ チェシウォン 
ポセイドンあらすじ ポセイドン1話 ユンホ チェシウォン

me2dayを通じては、あるユーザーが“オ~マイガット、私は勉強をせねばいけないのに…ポセイドンにはまってしまった。どうしよう”と言いながら反意的な表現でポセイドンの反応を表現した。
韓国ドラマ、ポセイドンの熱い反応は、放映前からある程度予想された。
韓国ドラマ、ポセイドンは、超特急マリンブロックバスターとしての日中韓を舞台とする大規模な密航組織と海洋警察との対決を描く、韓国内では珍しい海洋アクションドラマだ。
時代劇やメロドラマに集約された、最近のドラマトレンドで、ポセイドンの登場は、若年層を中心に、放送前から熱い反応が寄せられた。
特に、検証された俳優イソンジェを軸にイシヨン、チェシウォン、ハンジョンスなど若い俳優らが布陣して、ここに、東方神起のチョンユンホとチョンジュリまでびっくり加勢し、若年層が爆発的な反応を起こすことができる条件が整ったわけだ。
SNSでポセイドンに良い反応が続き、9月19日に放送されたポセイドン1話の視聴率が注目を集めている。
また、9月20日続く2回放送分、ポセイドン2話で、同時間帯競争ドラマであるMBC‘ギェベク’とSBS‘武士のバックドンス’とどんな対決を広げるのか注目されている。
韓国ドラマ‘ポセイドン’1話の視聴率は9月20日午前に発表される予定である。
韓国ドラマ‘ポセイドン’2話は9月20日夜9時55分に放送される予定である。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/580-7ae777b1
    この記事へのトラックバック