--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポセイドンあらすじ、ポセイドン1話あらすじとレビュー‘大ヒットの兆し’

2011年09月20日 02:16

韓国ドラマ‘ポセイドン’初放送、大ヒットの兆し、強烈アクション+迅速な展開+対立の構図好評

韓国ドラマ、ポセイドンあらすじ、ポセイドン1話あらすじとレビュー

韓国ドラマ‘ポセイドン’が注目をひきつけるのに成功し、大ヒットの兆しを見せた。
9月19日初放送されたKBS 2TV新月火韓国ドラマ‘ポセイドン’(脚本:チョギュウォン/演出:ユチョルヨン)1回放送分、ポセイドン1話は強烈なアクションと退屈する暇のない迅速な展開、豪華な出演陣たちの印象強い存在感との対立構図などで超特急マリンブロックバスタードラマの真面目を見せてくれた。
韓国ドラマ‘ポセイドン’は韓国内初の‘海洋警察未解決事件捜査班’のリアルストーリーを盛る‘新概念の捜査劇’としての海洋犯罪の事件を扱うだけに、迫力感あふれる浸透シーンを披露した。
浸透している本庁特攻隊が乗っているヘリーと海が一目で見えるように撮った空中撮影シーンは、緊張感を加えた。
特攻隊員たちが浸透作戦を繰り広げる姿は、アクション映画としても遜色がないほどであった。
これとともに、迅速な展開は視聴者が退屈する暇がないようにさせた。
最初の画面から、海上侵入シーンでスピード感あふれる画面を披露した後、一人二人ずつ明かされる各人物間の隠された物語は、視聴者たちと押し合いをするひまもなく、すぐに流れた。

ポセイドン1話 ユンホ チェシウォン イシヨン 
ポセイドンあらすじ ポセイドン1話 ユンホ チェシウォン イシヨン

また、イソンジェとチャンドンジク、チェシウォン(スーパージュニアー)とチョンユンホ(東方神起)の間に形成された対立の構図も、韓国ドラマ‘ポセイドン’に緊張感を加えた。
人物たちが放つカリスマ、それぞれ隠している胸に覆った事情などが描かれ、これから繰り広げられる四人の話への期待感を上昇させる効果ももたらした。
韓国ドラマ‘ポセイドン’の初放送を見た視聴者たちは、“大ヒットの兆しが見える”、“退屈を感じる間がない”、“俳優たちのカリスマが半端なものではない”、“今後もとても期待される”、“アクションも素敵で、目を離せない”、 “内容も面白かった”、“明日も本放送で見る”などの反応を見せた。
韓国ドラマ‘ポセイドン’は毎週月・火曜日夜9時55分に放送される予定である。

初放送、韓国ドラマ‘ポセイドン’刺激的なアクション+迅速な展開+俳優熱演3拍子の調和

超特急マリンブロックバスター韓国ドラマ‘ポセイドン’が、初回から強烈な映像と派手な見どころで合格点を受けた。
9月19日に初放送されたKBS2の新しい月火韓国ドラマ‘ポセイドン’(脚本:チョギュウォン/演出:ユチョルヨン/製作:エネックステレコム)では、韓国、中国、日本を舞台に活動する大規模な密航組織を一網打尽にするために、海洋警察庁の隊員たちの息苦しい追撃戦が興味深く描かれていた。
特に、 韓国ドラマ‘ポセイドン’では、さまざまな性格や事情を抱えている主人公と、彼らを取り巻く周辺の人物たちの関係が描かれ、これから繰り広げられる物語を覗かさせた。
ジョンリュル(イソンジェ)はこの日、海洋警察庁の仲間たちと一緒に最近の未解決事件の中の中心に立っている、大規模な密航組織の首長チェヒゴンの情報を入手して、他国の船舶を強制的に占拠してまで容疑船舶を追った。
しかし、フクサフェ首長チェヒゴンが乗っているだろうと思っていたジョンリョルの予想は見事に外れてしまった。
懲戒処分の危機に瀕していたジョンリュルは、庁長の助けを借りて未解決事件担当捜査9課CGI9(Coast Guard Investigation 9)という、新設部署を引き受けることになって新たに合流する捜査官たちを集める。
ジョンリュル(イソンジェ)は以前、3年前に、秘密捜査チームを設けてチェヒゴンの実体を暴いて行く途中、妻のミンジョンを失った。

ポセイドンあらすじ ポセイドン1話 ユンホ チェシウォン イシヨン 
ポセイドンあらすじ ポセイドン1話 ユンホ チェシウォン イシヨン

ジョンリュル(イソンジェ)は、自分の無理な捜査のために、妻を失ったという自責の念にさまようが、犯人を捕まえるための追跡に邁進する。
ソヌ(チェシウォン)も、海上警察特攻隊の次期エースだったが、チェヒゴン組織に接近するための捜査過程で同僚の女子警官を失って、無理な捜査を進行したために責任を負ってクンサン署へ発令されるようになった心の傷を持っている。
それから3年後、ソヌはジョンリュルの提案で本庁の捜査9課に復帰するようになり、もう一度、チェヒゴンの実態を把握することになった。
その他に、韓国ドラマ‘ポセイドン’は、ソヌとは明らかにならない葛藤を見せるカンウンチョル(チョンユンホ)をはじめとして、ジョンリュルと微妙な三角関係を予告したカンジュミン(チャンドンジク)、ヒョンヘジョン(チンヒキョン)など、登場人物たちの様々なストーリーラインで注目を引いた。
韓国ドラマ‘ポセイドン’1話は派手な映像美と、見どころも目を引いた。
韓国ドラマ‘ポセイドン’は、韓国内初の海洋警察の生活に光を当てただけのブロックバスター級海上警察装備が総出動した。 

ポセイドンあらすじ ポセイドン1話 ユンホ 
ポセイドンあらすじ ポセイドン1話 ユンホ 

大規模な密航組織を追跡する時に、お目見えしたホバークラフト、500トン級艦艇、カモプヘリコプター、チャレンジャーなどのニュースだけで見てきた、実際の海洋警察の装備が出演、リアルな海洋警察の話が描かれた。
アクションも漏らすことができなかった。
実際に、テコンドの有段者であるチェシウォンと合気道の有段者であるチョンユンホが広げ出したリアルなアクションは、この日の圧巻だった。
これと共に、様々な犯罪を解決するために、危険の中で常にさらされている海上警察の隊員たちの哀歓を見せた。
このように、初回を放送した韓国ドラマ‘ポセイドン’は、大作を作ってきたユチョルヨンPDとチョギュォン作家のスピーディーで熱いスケールがよくにじみ出て、劇の楽しさをさらに引き上げた。
加えて、韓国ドラマ‘ポセイドン’は親しみがありながらも、新鮮な組み合わせが似合う実力派俳優たちが大挙出演し、注目を集めている。
チェシウォン、イシヨン、イソンジェの出会いはもちろん、チンヒキョン、ハンジョンス、ゾングウンテク、キルヨンウ、チャンドンジクなど、海警たちの生きているキャラクターたちを生き生きと演技する実力派俳優たちの個性豊かな演技も劇に様々な楽しさを贈った。
韓国ドラマ‘ポセイドン’2話は9月20日夜9時55分に放送される予定である。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/579-05b7fe6b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。