‘女の香り’最終回、韓国ドラマ、女の香りが残したもの

2011年09月14日 00:14

‘女の香り’最終回、韓国ドラマ、女の香りが残したもの

‘女の香り’最終回、韓国ドラマ‘女の香り’の意味は?

 “私は今幸せです...私たち、明日は何をしましょうか?”
週末の夜のお茶の間を熱くした韓国ドラマ‘女の香り’が、キムソナ、イドンウクの胸いっぱいの幸福賛歌で大詰めの幕を閉じた。
去る9月11日放送されたSBS週末特別企画韓国ドラマ‘女の香り’(脚本;ノジソル、演出;パクヒョンギ、製作;Aストーリー)最終回は視聴率15.4%(AGBニールセン、首都圏基準)を記録し、有終の美を飾った。
韓国ドラマ‘女の香り’最終回は、時限付き人生を宣告されたヨンジェ(キムソナ)の死を置いて様々な仮想シナリオが出てくるなど、結末への関心が集中していた中で、最後まで希望の明かりを諦めない‘ヨンジカップル’の姿が描かれ、温かく仕上げされた。
韓国ドラマ‘女の香り’最終回の放送では、胆嚢がんの末期で6ヶ月の時限付き人生を宣告されたヨンジェが‘七ヶ月と二日目’を生きている姿が放送された。
まだいつ終わるか分からない‘時限付きの人生’だが、“今日、現在”は、幸せな、ヨンジェとジウクカップルのハッピーエンドを暗示した。
再婚に成功したスンジョン(キムヘオク)とドンミョン(チョンドンファン)も、仲睦まじい姿でヨンジカップルと一緒にした姿が描かれ、韓国ドラマ‘女の香り’は、胸の温まる感動を呼び起こした。
この2ヶ月の間視聴者たちを笑って泣かせた韓国ドラマ‘女の香り’が残したものは何かを考察してみる。

◆やっぱりキムソナ!名不虚伝‘ロマンチックコメディークィーン’キムソナと新しい‘ロマンチックコメディーキング’の誕生を知らせたイドンウクの幻想組合!

‘女の香り’最終回、韓国ドラマ、女の香りが残したもの キムソナ イドンウク 
‘女の香り’最終回、韓国ドラマ、女の香りが残したもの キムソナ イドンウク

これまで、愉快ながらも素敵な演技を披露して韓国最高のロコクイーン(ロマンチックコメディークィーン)に評価を受けたキムソナは韓国ドラマ‘女の香り’で、“やっぱりキムソナ!”という評価を得た。
特有の愉快さは相変わらず、がん末期患者の切々たる状況をリアルに描き出して一層成熟した演技をお目見えしたこと。
これに、軍除隊後、華やかにテレビ劇場に復帰したイドンウクは、これまでの空白が面目を失うほどジウク役に完全に憑依された姿でキムソナとの幻想の呼吸を見せてくれた。
何一つ不自由に見えない財閥男でありながらも、幼い頃の傷のため、いつも無気力だった姿やヨンジェに出会った後、生活の意欲を取り戻したジウクのイキイキしている姿など、ジウクのキャラクターの変化に伴う自然な演技で女心を搖るがした。

◆韓国ドラマOST界の歴史を書き直す!ドラマの深い感動がOSTにもう一度! 韓国ドラマ‘女の香り’OST突風!

‘女の香り’最終回、韓国ドラマ、女の香り ジュンス JYJ 
‘女の香り’最終回、韓国ドラマ、女の香り ジュンス JYJ

適材適所に流れて出てきた韓国ドラマ‘女の香り’バックミュージックも‘女の香り’の感動をより倍加させるのに大きな役割を果たした。
ヨンジェとジウクのラブラインのメイン媒体がタンゴだっただけに、‘女の香り’のあちこちでは、美しいタンゴのメロディーがBGMとして使われて甘美さを伝達した。
何よりも韓国ドラマ‘女の香り’OSTは、韓国内最高の実力派歌手たちが大挙参加した完成度の高い曲で、韓国ドラマOSTとしては異例的な記録を立てて、大きな話題を集めた。
特に、キムソナが崇拝している人気歌手として特別出演したりもしたJYJキムジュンスの‘You are so beautiful’は、放送後、爆発的な人気を得て、各種音源サイトチャートを席巻した。
また、キムソナとイドンウクが直接歌って話題を集めた‘私たち再び’もやはり胸が切々とする感動を与え、放送以後にもたゆまぬ愛を受けている。
韓国ドラマ‘女の香り’は終わったが、まだ終わっていないドラマの感動がOSTにつながっているわけだ。

◆美しいビーチを背景に広がる真夏のバカンスのようなスリル!魅惑的なタンゴの世界を見せてくれた派手な見どころ!

‘女の香り’最終回、韓国ドラマ、女の香りが残したもの 
‘女の香り’最終回、韓国ドラマ、女の香りが残したもの

熱い真夏に放送された韓国ドラマ‘女の香り’は、唯一の美しいビーチを背景にしたシーンがたくさん登場した。
日本の沖縄から、全羅南道莞島(ワンド)、チョンサンド、済州島まで清涼感あふれる海と青い空を背景にした韓国ドラマ‘女の香り’は、まさにバカンスに出てきたようなクールな風景を描き出した。
また、韓国ドラマ‘女の香り’には、タンゴという異色な素材が使われたおかげで、主演俳優たちの有頂天のタンゴダンスの振り付けを見る楽しさもかなり多かった。
忙しいスケジュールの中でも片手間にタンゴの練習をしてきたキムソナ、イドンウク、オムキジュン、キムグァンギュ、チャジヨンなどは、魅惑的なタンゴの腕前を現わして、‘タンゴブーム’を可能にした。
時には優雅に、時には官能的にテレビ劇場に派手な見どころを提供した。

◆真正性のある人生の意味を振り返ってみさせる愉快痛快ヒューマンメロ!あなたのバケットリストは何ですか?

‘女の香り’最終回、韓国ドラマ、女の香りが残したもの 
‘女の香り’最終回、韓国ドラマ、女の香りが残したもの

韓国ドラマ‘女の香り’は、ロマンチックコメディながらも真正性のある人生の意味を振り返ってみるする愉快、痛快なヒューマンメロと評価された。
人生の残りが半年しか残っていないという晴天霹靂のような現実の中でもヨンジェは最後まで、生の明かりを放さないまま、別の希望を見せてくれた。
死ぬ前にしたいと思っていた、‘バケットリスト’を一つ、二つ実行し、これまで忘れて生きていた人生の大切さをわかっているヨンジェの姿の中で視聴者たちは、自分の人生を振り返ってみる時間を持った。
視聴者の共感を得て、大きな愛を受けた韓国ドラマ‘女の香り’が、ドラマ以上の魔力を発散して、長い余韻を残している状況だ。
韓国ドラマ‘女の香り’製作社側は“過ぎた3ヶ月の時間の間、韓国ドラマ‘女の香り’のために休みなしに駆けて来た俳優たちとスタッフたちの努力に深く感謝を申し上げる”とし“‘女の香り’が、去る夏のバカンスのようなぴりっとして愉快な楽しみだったことを願う。最後まで‘女の香り’を大切にして愛してくださった視聴者の皆さんにも深く感謝を申し上げる”と伝えた。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/573-31a84d99
    この記事へのトラックバック