ユアイン‘成均館スキャンダル’後作、韓国映画‘ワンドゥギ’製作発表会

2011年09月06日 17:02

ユアイン‘成均館スキャンダル’後作、韓国映画‘ワンドゥギ’製作発表会 ユアインインタービュー

ユアイン‘成均館スキャンダル’後作、韓国映画‘ワンドゥギ’、高校生の演技で帰ってきた!

韓国ドラマ‘成均館スキャンダル’のムンジェシン役以後、韓国映画‘ワンドゥギ’で帰ってきた俳優ユアインが、油を取り除いた演技を期待してくれと注文した。
韓国ドラマ‘成均館スキャンダル’のきれいなソンビから荒い高校生ワンドゥギに変身したユアインは“実は素敵なふりをすることに対して拒否感を持っている。今回の映画では韓国ドラマ‘成均館スキャンダル’での油をぱっと抜いて虚飾のない自然人に戻った。とても楽で良かった”とキャラクターに対する愛情を現わした。
俳優ユアインが韓国映画‘ワンドゥギ’を介して終えることができなかった高校生活を経験した。と打ち明けた。
9月6日、ソウル狎鴎亭(アクジョン)CGVで開かれた韓国映画‘ワンドゥギ’(監督;イハン、制作;ユビフィルムアナザームビス)の制作報告会に参加したユアインは撮影のビハインドストーリーと自分の高校時代の率直な話を伝えた。

ユアイン‘成均館スキャンダル’ 
ユアイン‘成均館スキャンダル’  ムンジェシン役


韓国映画‘ワンドゥギ’で、不遇な環境の問題児高校生ドワンドゥギ役を引き受けたユアインは“ワンドゥギにはドンジュ(キムユンソク)という良い先生がいるが、実際の学校生活では先生に対して懐疑的であったし、辞退まですることになった”と告白した。
続いて、“それで高校時代への未練が大きい。演技を通じて再び高校生の生活をして見るということが俳優としては良い点であるようだ”と明らかにした。
ユアインは“学生がストレスを解くところがない。私もストレスを解く方法を知らなかったので、辞退という極端な選択をした”とし、“生徒たちがあまりにもステレオタイプ的な生活ではなく、危険水位を超えない限り、小さくて可愛い逸脱をしてストレスを解けばよい”とアドバイスした。

ユアイン ワンドゥギ 
ユアイン 韓国映画 ワンドゥギ  ワンドゥギ役(ユアイン学生服画像)


韓国映画‘ワンドゥギ’中、貧しくて不遇な家庭環境で勉強もできない、問題児の高校生ワンドゥギを演じたユアインは“この年(1987年生まれ)に高校生役を引き受けるという負担感のため、韓国映画‘ワンドゥギ’撮影前の2~3カ月間、嘔吐が出るほど運動ばかりした”とし、これまでの苦情を打ち明けたりした。
引き続き、ユアインは“元々運動があまり好きではない”とし“他の人々が職場生活している分、その時間に運動をしなければならなかったのが最も大変だった”と付け加えた。
キムリョリョン作家の同名小説を原作にした韓国映画‘ワンドゥギ’は問題児ワンドゥギ(ユアイン)と彼の担任の先生ドンジュ(キムユンソク)の特別な指導を描く。

ユアイン ワンドゥギ 
ユアイン 韓国映画 ワンドゥギ  ワンドゥギ役

韓国映画‘ワンドゥギ’は、韓国において、70万部が販売されたベストセラー小説を原作に、世界の陰に隠れているのが楽な18歳の反抗児ワンドゥギとそんなワンドゥギを世の中の外に引き出そうとする独特な先生ドンジュ、お互いに指導者であり、メンティーになった二人の男の愉快で胸暖かい話を描く。
ユアインは韓国映画‘ワンドゥギ’で、世の中に背を向けた気弱な反抗児ワンドゥギに代わって、特有の純粋さと反抗的な気質が調和された魅力を見せ、無心であり断固ある姿の裏に深く弱い本音を持ったキャラクターを完壁に消化する。

ユアイン ワンドゥギ 
ユアイン 韓国映画 ワンドゥギ  ワンドゥギ役

ユアインとキムユンソクをはじめ、俳優パクスヨン、キムヨンジェ、キムサンホ、パクヒョジュ、イジャスミンなどが出演する韓国映画‘ワンドゥギ’は、来る10月にスクリーンを通じて観客と会う予定だ。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/562-c255dcb4
    この記事へのトラックバック