女の香りあらすじ予告、女の香り14話、イドンウク、キムソナ‘子守り’

2011年09月04日 17:37

女の香りあらすじ予告、女の香り14話、イドンウク、キムソナ‘子守り’

女の香りあらすじ予告、女の香り14話、イドンウク、キムソナ‘子守り’複線?

‘女の香り’キムソナとイドンウクが、‘戦々恐々’ベビーシッターに挑戦した。
キムソナとイドンウクは9月4日放送されるSBS週末韓国ドラマ‘女の香り’(脚本;ノジソル/演出;パクヒョンギ)14回放送分、女の香り14話で、‘ボランティア活動をする’バケットリストを一緒に実行する。
ヨンジェ(キムソナ)の癌闘病の事実をジウク(イドンウク)が分かるようになった後、紆余曲折を経て再会した二人はベビーシッターのボランティア活動に乗り出したもの。
去る9月3日ソウルゲファドンで行われた撮影現場でキムソナとイドンウクは連日続いた撮影のせいでぐったりした状態だったが、二人は無邪気な子供たちと一緒に演技して童心に帰ったように熱心に撮影に臨んだ。
しかし、結婚適齢期のキムソナとイドンウクは、育児には、初心者に見えるしかない状況。
特に、イドンウクは、どうしていいか分からない初心者パパの姿をそのまま現わして撮影場を笑い海に作った。
下手に子供を抱きあげたイドンウクの行動に驚いた子供が表情をくずして、結局、泣きはじめたりした。
‘女の香り’中、ジウクもやはり子供を扱った経験がない初心者のベビーシッターに設定されたせいで、現場では演技なのか実際なのかわからない自然さがにじみ出た。

女の香りあらすじ予告、女の香り14話、イドンウク、キムソナ 
女の香りあらすじ予告、女の香り14話、イドンウク、キムソナ、ベビーシッター

子供を入浴をさせてあげる場面では、水遊びを打つ子供たちのおかげで、現場が中が水だらけになったりもして、賑やかに子供の騒ぐ声に数回のNGが続くなど、撮影条件が順調ではなかったがヨンジェとジウクは子供と一緒に楽しい遊びを楽しんだりして、お風呂もさせて大変なことだったけど、すばらしい経験をする。
具体的にどうすることも知らず、どたばたしているジウクとそのような子供たちを見て暖かいお母さんの姿を現したヨンジェは、まるで実際の家族のような感じを盛りだした。
二人のハッピーエンドを願う視聴者の立場からは、まるで夫婦のような姿の2人にもっと胸を切なくさせる感じを受けるしかないよう。
哀切ながらも、胸温かい二人の姿は韓国ドラマ‘女の香り’結末に対すて気がかりな事をもっと増幅させている。
韓国ドラマ‘女の香り’製作社側は“最後まで一緒にすることにした二人なので、これでヨンジェだけのバケットリストではなく、ヨンジェとジウクのバケットリストが次々実行されるべき”とし、“哀切ながららも胸温まる希望に満ちた姿が視聴者たちに笑いと涙、メッセージを伝えることができると期待する”と伝えた。
一方、韓国ドラマ‘女の香り’13話では、お互いを忘れることができず劇的な再会をしたヨンジェとジウクカップルがジウクの父、カン会長(イジョンギル)の強い反対にぶつかって、ヨンジェは自分の母親、スンジョン(キムヘオク)に癌闘病の事実を明らかにすることになる。
ヨンジェとジウクのおぼろげな愛は9月4日午後9時50分に放送を介して確認することができる。
残り2話、女の香り15話と女の香り16話だけを残している韓国ドラマ‘女の香り’は毎週、土日夜9時50分に放送される。
韓国ドラマ‘女の香り’14話は9月4日の放送を予定している。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/557-c4196469
    この記事へのトラックバック