女の香りあらすじ予告、女の香り13話、キムソナ、イドンウク‘デュエットソング’

2011年09月03日 18:16

女の香りあらすじ予告、女の香り13話、キムソナ、イドンウク‘デュエットソング’

女の香りあらすじ予告、女の香り13話、キムソナ、イドンウクデュエット誕生予告?

韓国ドラマ‘女の香り’キムソナとイドンウクが、幻想のデュエットソングを披露する。
キムソナとイドンウクは来る9月3日放送されるSBS週末韓国ドラマ‘女の香り’で、イソラとキムミンジョンのデュエット曲‘私たちは再び’を熱唱する。
韓国ドラマ‘女の香り’中のヨンジェ(キムソナ)のバケットリストの中で“本当に愛する人とのデュエット曲歌って見る”が含まれているだけに、視聴者の高い関心を引いている。
8月30日ソウルのある歌える居酒屋で行われた撮影でキムソナとイドンウクは久々と緊張した表情での演技に臨んだ。
歌手ではない二人が早朝から行われた熱唱演技に負担を感じるしかなかったはず。
しかし、キムソナとイドンウクは合間を縫って、磨きあげてきた歌の実力を誇示して幻想の呼吸を誇った。
‘私たちは再び’は、韓国ドラマ‘女の香り’中のヨンジェとジウク(イドンウク)の関係を物語るようなリアルな歌詞が印象的な曲だ。
ジウクはヨンジェに向けて、“こんなに多くの人々の中で、君を見つけなければいけなかった。差し出す手をつかんで”と歌を始め、続いてヨンジェも、“苦しく過ごす時間の中で君に出会ってしまった。貧しい記憶だけの私を抱いてくれ”と歌で答えた。

女の香りあらすじ予告、女の香り13話、キムソナ、イドンウク‘デュエットソング’ 
女の香りあらすじ予告、女の香り13話、キムソナ、イドンウク‘デュエットソング’

また、ヨンジェとジウクの胸切々たる愛を語るように、“全て知っていなくても私は感じることができる。愛を言わなくてもただ見ているだけでも、私たちは同じものになれる。”という歌詞が切ない目つきが引き立って見える二人の熱唱で、より目立っていた。
特に、二人の“私たちは再び”はイソラとキムミンジョンが歌った原曲とは違う感じの胸が熱くなった幸せを感じるようにしてくれる予定だ。
キムソナとイドンウクは完璧な呼吸のために、実際のスタジオで録音作業を経る努力まで傾けだったと伝えられた。
さらに、二人の“私たちは再び”は音源も公開される予定なので、一層期待を集める。
韓国ドラマ‘女の香り’製作社側は“歌手ではないが、キムソナとイドンウクは、プロの演技者たちらしく感情がよく溶け込むデュエットシーンを演出した”としながら“哀切ながらも胸が切ないデュエットの場面は、‘女の香り’の中の名場面として記憶されるだろう”と伝えた。
キムソナとイドンウクのデュエットの場面は韓国ドラマ‘女の香り’13話で確認することができる。
一方、キムソナとイドンウクの切ない愛の物語がより一層、気になっている‘女の香り’は、毎週土、日曜日の午後9時50分に放送されている。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/556-57cb1582
    この記事へのトラックバック