--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の香りあらすじ、女の香り12話、イドンウク、キムソナ‘あの日の花火’

2011年08月30日 19:47

女の香りあらすじ、女の香り12話、イドンウク、キムソナ‘あの日の花火’⑤

女の香りあらすじ、女の香り12話では、許しを得られなかったヨンジェ(キムソナ)の手紙、ヨンジェとジウク(イドンウク)がお互いを求めながらも近づけない、切ない場面が描かれています。
女の香りあらすじ、女の香り12話では、残る人が望むことは別れを準備する時間なのか?あるいは、なるべく死んでいく見せないことが苦しめないことなのか?を問う場面でした。
自己中心的になれないヨンジェ、そのヨンジェの気持ちを受け入れようと努力するジウクの切ない毎日、ヨンジェの苦しむ姿を見守ることしかできないウンソク(オムキジュン)の話、女の香りあらすじ、女の香り12話は6回に渡って書かれています。
ここからは、女の香りあらすじ、女の香り12話、イドンウク、キムソナ‘あの日の花火’⑤ になります。

女の香りあらすじ、女の香り12話、イドンウク、キムソナに近づけない。

‘女の香り’イドンウクがキムソナを見ても近づけなかった。
8月28日に放送されたSBS週末韓国ドラマ‘女の香り’12話で、キムソナが、携帯電話も置いて連絡が取れなくなり、オムキジュンとイドンウクがあちこち探して通い始めた。
チェウンソク(オムキジュン)は、ヨンジェが心配で電話をかけようとしたが、ヨンジェに毎日電話をしなくても良いと言われ、迷っていた。
その時、ウンソクは上司からヨンジェががん患者でありながら、タンゴ公演をしたのが、患者たちに勇気を与えているし、以前、5千万ウォン以上の寄付金も出したので、院長先生が食事にヨンジェを招待したと言う話を聞き、ヨンジェに電話をかけた。
しかし、ヨンジェのお母さんが電話を受けたため、かけ直すという言葉だけを残した。

女の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク 
女の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク 

一方、へウォンは結婚式の招待状を渡すために、ジウクの部屋を訪ねて、ヨンジェがジウクのために別れを告げるしかなかったことを話した。
ジウクはヨンジェが望むことだから、別れを受け入れると答えた。
最近、ヨンジェの行動が可笑しいと思っていたヨンジェの母はヘウォンに電話をかけてヨンジェの行方を聞かれ、へウォンはウンソクに電話をかけた。
へウォンの電話で、不安な思いに包まれたウンソクはジウクに電話をかけて“ヨンジェと一緒にいるのか”と尋ねジウクは“一緒にいない。何のことで私にまで電話をかけたのか”と尋ねて不安になった。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ バケットリスト 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ バケットリスト

キムドンミョン先生に手紙が届いた。
ヨンジェはキムドンミョン先生が自分を避けると、真心を込めて手紙を送った。
イヨンジェの手紙には“遠い昔から謝罪を求めたかった。申し訳ないと言う一言で許しを得たいのは私の欲だけど、遅くなたけどこの言葉だけは伝えたい。私の怖い嘘について何も言わずに口を閉じてくれたこと、心から感謝している。”と書いてあった。
ヨンジェの手紙を読んだキムドンミョン先生はヨンジェを許したような優しい表情になって、パン屋から出てきてヨンジェを探したが、どこにもヨンジェの姿は見えなかった。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク オムキジュン 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク オムキジュン

ウンソクはあちこちにヨンジェを探しに出て、タンゴ教室から公園を回って見るが、ヨンジェの姿はない。
ジウクから電話がかかってくると、どこへいるか心当たりはないかと聞かれたジウクは自らヨンジェを探しに出た。
ジウクは以前、ヨンジェの一日を映画のように過ごしたいと書かれたバケットリストを実現させてあげた日、プロポーズをして別れを告げられた場所へ向かった。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク

ジウクの思い通り、ジウクとヨンジェが花火を見上げていたその場所にヨンジェが座って夜空を眺めていた。
しかし、ジウクはヨンジェが苦しいながら口から出した言葉“私が嫌だ。私が死んでいく姿を見せたくない”を思い出して、ヨンジェがいる場所へ近付くことができず、その時にかかってきたウンソクの電話に、代わりに来てくれることを要請して、ウンソクがヨンジェを迎えに来た。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク オムキジュン 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク オムキジュン

悲しい目をしてぼんやりと座っているヨンジェの姿にウンソクは、“こんなことするなら、なぜ、別れたのか?”と怒鳴り、ヨンジェは今にも泣きそうな表情で“このまま。命が終わって欲しい”と悲しげに答えた。

女の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク オムキジュン 
の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク オムキジュン

ヨンジェを家に送っていたウンソクは、その後、ジウクに電話をかけ“ガンジウクさん今日はありがたかった”と話し、ジウクは多少安堵した表情を浮かべた。
ジウクはヨンジェが帰った後、ヨンジェが先まで座っていた、川辺に座っていた。
ヨンジェを恋しく思いながら…
へウォンは結婚をやめようかとヨンジェに話す。心が重いと…
ヨンジェは“そんなではない。私疲れた”と話して目を閉じた。
次回の女の香りあらすじ、女の香り12話、イドンウク‘愛とは’⑥をお楽しみに…

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/548-7e80e54d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。