--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の香りあらすじ、女の香り12話、キムソナ‘ウェディングドレス’バケットリスト実現

2011年08月30日 19:34

女の香りあらすじ、女の香り12話、キムソナ、バケットリスト実現‘ウェディングドレス’④

女の香りあらすじ、女の香り12話キムソナ、バケットリスト実現‘ウェディングドレス’④ は女の香り12話中で2番目に切ない場面です。
女の香りあらすじ、女の香り12話では、キムソナがバケットリストを実現しても、受け入れにくい現実に悲しくなくしかない場面が描かれています。
ここからは、女の香りあらすじ、女の香り12話、キムソナ、バケットリスト実現‘ウェディングドレス’④ になります。

女の香りあらすじ、女の香り12話、キムソナ、ウエディングドレス着て悲しみ爆発

イヨンジェ(キムソナ)がウェディングドレスを試着してみて嗚咽した。
8月28日放送されたSBS新しい週末韓国ドラマ‘女の香り’(脚本;ノジソル/演出;パクヒョンギ)12回放送分、女の香り12話でイヨンジェの友人ユヘウォン(サヒョンジン)の結婚の準備のために一緒にウェディングドレスを見に行った。
ヨンジェに話があるとヘウォンが尋ねてきた。
ヨンジェも渡すものが会ったのに良かったと言いながら、以前からヘウォンが欲しがっていたイアリングを渡した。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イアリング 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イアリング

へウォンの話は今月の28日に結婚すると言うことだった。
ヨンジェは温かい笑顔で祝ってあげた。
ユヘウォンは結婚を迷っていた公務員である恋人と結婚前の妊娠で結婚を急ぐことになった。
へウォンが帰った後、ヨンジェの母はヘウォンの結婚の知らせを聞いてヨンジェに起こり始めた。
母の話を聞いていたヨンジェは自分ができないことでも悲しんで怒りを爆発させてしまった。
ヨンジェはベッドに身を投げて泣き続けた。
一方、ジウク(イドンウク)は何も食べず、普通の生活ができない状況だった。

女の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク 鉢植え 
女の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク 鉢植え

呆然としているジウクにホームヘルパーの人は心配そうに声をかけるが、ジウクはヨンジェが持ってきたあじさいの鉢植えを見えない場所に移してと頼んだ。
急に、電話を取り上げたジウクが出かけた先はセキョンの家の前だった。

女の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク ソヒョリム 車 
女の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク ソヒョリム 車

セキョン(ソヒョリム)は車の代理店へついて、ジウクに車を選んでくれと頼んだ。
硬い表情のジウクが気になるけど、セキョンは何も言わなかった。
ヨンジェは“友たちが結婚すると言うから、ウェディングドレスを見に行くことにした”と化粧をしながら通話をしていた。
相手はウンソク(オムキジュン)だった。ウンソクは“夕食は?”と聞き、ヨンジェは“一緒に食べるつもり”と答える。
ウンソクは“体に悪い飲食はできる限り食べないで、もし、酒を飲むことになっても、絶対に飲まないで。”と心配していた。
ウンソクガ忙しいそうな感じだったkら、ヨンジェは“ウンソク、忙しいそうだから、私に、毎日、電話しなくても良い。”と言うと、ウンソクは自分が毎日、ヨンジェに電話をしていたことに気づいて驚いていた。
ヨンジェはウンソクとの通話を終わらせて、出かけた。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ ウェディングドレス 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ ウェディングドレス

へウォンのウェディングドレス姿はとても綺麗だった。涙が出るくらい…
ヨンジェをもっと悲しくさせるウェディングドレス、死ぬ前に一度着てみたかったウェディングドレス…
二人は一緒に夕食を食べることにしたが、ユヘウォンは新郎の緊急呼び出しに戻るしかなかった。
ヘウォンが帰ってから、ウェディングショップに前に飾られているドレスを見たヨンジェは、ウェディングドレスの試着が可能かと店の人に聞いた。
イヨンジェは独りでウェディングドレスを着てみた。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ ウェディングドレス 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ ウェディングドレス

店員は、イヨンジェに“本当によく似合います。ウェディングドレスを着てみたくなったら、嘘のように、すぐ結婚することになります。”と褒め言葉をならべた。
ヨンジェは“写真一枚だけ撮ってくれもらえますか”とお願いした。

女の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク ソヒョリム 
女の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク ソヒョリム

ジウクは父と食事に行ったが、そこに現れたのはセキョンだった。
ジウクの父は結婚を早めようと話を進めるが、ジウクはこれから考えて見ると、結婚は二人に任せて欲しいと言った。
セキョンもジウクの意思に同意する意思を表し、ジウクの父の話はそこで終わった。
ジウクがセキョンを家まで送っていたた、セキョンはお茶でも飲んで帰ってとジウクを誘ってみるが、ジウクは次回にと答えて帰ってしまう。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ バケットリスト 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ バケットリスト

家に帰ってきたイヨンジェはウェディング姿の写真をバケットリストに貼り付けた。
バケットリストには、‘ウェディングドレスの試着’と書かれていた。
バケットリストに写真を貼り付けたヨンジェは涙を流した。
イヨンジェはバケットリストを破って投げたのはもちろん、部屋の中に飾られた鉢植えまで全部倒した後、ふらふらとしながら嵐の涙をこぼす姿を見せた。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ バケットリスト 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ バケットリスト

イヨンジェは愛する恋人カンジウク(イドンウク)との別れに耐えられない悲しみを感じたこと。
ヨンジェは一人で焼酎を飲んで、遠くからカンジウクの家を眺めて愛しい心を抑えていた。
ヨンジェの気配を感じたのか、階段を上っていたジウクが一度振り向くが誰もいない。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク

ジウクは肩を落として階段を上っていた。
以降、家に戻ったヨンジェは母に抱かれて大泣きをした。
特に、女の香り12話放送後、視聴者掲示板には“ヨンジェを助けてくれ”との意見が洪水になっており、ヨンジェに対する切ない心を伝えた。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ  
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ

加えて、韓国ドラマ、女の香りの視聴者は“バケットリストを整理して嗚咽する姿に心が切なかった”、“キムソナが嗚咽する姿を見て一緒に泣いた”、“キムソナの涙の絶叫に鳥肌が立った”、"キムソナは実質、名俳優だ。このように演技が上手な俳優は初めて見た”、“涙の女王という表現では物足りない!涙の女王以上”、“見る終始、目がパンパンに腫れるほど泣いた”、“暴風嗚咽に胸が痛い”などの賛辞を吐き出した。
韓国ドラマ、女の香りの視聴者たちは“ヨンジェが必ず死ななければならないのか”、“女の香り、毎回ごとに涙が出る”、“とても心が痛かった”、“死を待つというのは残酷なんだ”と切ない心を伝えた。
これを見たネッチズンだちは生を整理しているがん患者ヨンジェの姿と一緒に泣いた。
次回の女の香りあらすじ、女の香り12話、イドンウク、キムソナ‘あの日の花火’⑤をお楽しみに…

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/547-2aebfd7b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。