女の香りあらすじ、女の香り11話あらすじとレビュー‘視聴率21%’

2011年08月28日 18:06

女の香りあらすじ、女の香り11話あらすじとレビュー‘視聴率21%’

女の香りあらすじ、女の香り11話あらすじとレビュー‘キムソナ、イドンウク、本音を隠して涙の別れ’

‘その愛が今の私には贅沢ですよ。重荷になります。’
‘女の香り’キムソナ、イドンウクカップルの胸が切なくなる別離宣言が視聴者たちを泣かせた。
8月27日に放送されたSBS週末特別企画、韓国ドラマ‘女の香り’(脚本;ノジソル、演出;パクヒョンギ、製作;Aストーリー)11回放送分、女の香り11話は視聴率21%を記録(AGBニールセン、首都圏基準)、自己最高視聴率を更新した。
女の香り最終回までに5回放送を残した状況で、本格的な底力の発揮を稼働させたわけだ。
ヨンジェ(キムソナ)の癌闘病の事実を知ることになったジウク(イドンウク)は、深い衝撃を受けたにもかかわらず、ヨンジェに向けての切ない愛を現わして視聴者たちの胸を切なくさせた。
8月27日、女の香り11話の放送でジウクは突然別れを宣言したヨンジェの行方を追っていた中、ヨンジェが癌にかかり闘病中であることを知ることになった。
信じられない衝撃に陥ったジウクはヨンジェを恨む心を現わした。
ジウクは“こんなことなら...近づいてくるべきじゃなかった。私が君にこのように狂ったように陥る前に話すべきだった!”と大声を張り上げて、“本当に残酷だな...君と言う女を好きになった私が、猛烈に嫌だ”と痛い心を現わした。
突然襲った衝撃にジウクは嵐の飲酒で泥酔したりして、ヨンジェの家の前を徘徊して苦しい心を表わした。
ヨンジェに会うために家の前に訪れたジウクは“別れることがない”と話を切り出した後、“死ぬ前に俺と恋愛してみるのが望みだっただろう。だから死ぬまで恋愛しようぜ!”と話した。これにヨンジェは、“いやです!あなたに死んでいく姿、見せたくないです。”と断った。

女の香りあらすじ、女の香り11話あらすじとレビュー 
女の香りあらすじ、女の香り11話あらすじとレビュー

結局、ジウクは涙を見せて“愛してる...愛してるって”と言いながらヨンジェに向けての変わらぬ愛を告白した。
ジウクにもっと大きな傷を与えることができなかったヨンジェは、“その愛が今、私には贅沢ですよ。重荷になる…”と冷静な態度を見せた。
ヨンジェの続いた拒絶に怒ったジウクはウンソクと幻想のタンゴの公演を終えたヨンジェを訪ねて談判を建てることを決心した。
ジウクはやや激昂した声で、ヨンジェに向けて“最後に聞く。君が望むのなんだ”と厳しい質問を投げかけた。
何も引き継ぐことができないヨンジェにジウクは“君が望むことが私が去っていくことなの?”と尋ねてヨンジェは仕方なく“うん…そう”と答えた。
ジウクは“結局、できないということだね。そう…君が望むようにしてあげる”と言ってヨンジェを去った。
お互いに向かった切ない心を隠したまま、傷つける言葉を交わす二人の胸が切なくなる歩みは、視聴者の心までも痛くさせた。
女の香り11話の放送後視聴者たちは、“涙が乾く日のないジウクが可愛そう”“見ている間、ずっと胸が切ないです”“愛していると言うジウクの一言がどんなに心に痛く届いたのか”“ジウクに冷たくするしかないヨンジェの心が理解できます。”など、‘女の香り’の感想を吐き出した。
そうかと思えば、女の香り11話放送では、高校時代の先生であるドンミョン(ジョンドンファン)が苦労して見つけて尋ねたヨンジェの事情が描かれた。
ドンミョンは、ヨンジェの高校の国語の先生だったが、今は教職を辞めた後、小さなパン屋を運営している状態。
悩みいっぱいの顔で同盟を尋ねたヨンジェとそのようなヨンジェを冷ややかな態度で迎えるドンミョンの表情で二人の深刻な過去の歴史が予告されて気がかりなことを呼び起こしている。
本当の別れを宣言した2人、ヨンジェとジウクに繰り広げられる波乱万丈のストーリー展開が、‘女の香り’の関心度を上昇させている中で、放送回を重ねるごとに感動と楽しさ、メッセージと愉快さを抱かせているSBS韓国ドラマ‘女の香り’は、毎週土、日曜日の夜9時50分に放送されている。
女の香り12話は8月28日、夜9時50分に放送される予定である。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/543-d15ff301
    この記事へのトラックバック