--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の香りあらすじ、女の香り11話、イドンウク、キムソナ‘悲しい未来’

2011年08月28日 06:35

女の香りあらすじ、女の香り11話、イドンウク、キムソナ‘悲しい未来’①

女の香りあらすじ、女の香り11話、イドンウク、キムソナの状態を知って涙“悲しい未来”

‘女の香り’イドンウクがイヨンジェが癌患者である事実を知ることになった。
イヨンジェ(キムソナ)がカンジウク(イドンウク)に癌闘病の事実を告白した。
8月27日に放送されたSBS TV週末特別企画、韓国ドラマ‘女の香り’(ノジソル脚本、パクヒョンギ演出)11話でカンジウク(イドンウク)は、イヨンジェ(キムソナ)が、がん闘病中であることを知ることになった。
カンジウクはユヘウォン(サヒョンジン)を追いかけていた癌病棟でイヨンジェの名前を発見して驚いた。
カンジウクが病室のドアーを開けようとした瞬間、チェウンソクが現れた。

女の香りあらすじ、女の香り11話、イドンウク、オムキジュン 
女の香りあらすじ、女の香り11話、イドンウク、オムキジュン

カンジウクは、“ここにいるイヨンジェさんが私の知っているイヨンジェで間違いないか?癌なの?”と尋ねた。
チェウンソクは、カンジウクを連れて出て、“どのように知ってきたのか分からないが、何もいわずに帰ってほしい”とし、“あの中にいる人、あなたが知っているイヨンジェで間違いない。私が言えるのはここまでだ。その後はヨンジェに聞いて。万が一、受け入れる自身がなかったら、何も知ろうとせずに、やめて。どうせ、二人は分かれただろう。”と忠告した。

女の香りあらすじ、女の香り11話、イドンウク、オムキジュン 
女の香りあらすじ、女の香り11話、イドンウク、オムキジュン

カンジウクは、イヨンジェとの過去を追憶して死に対して言及していたイヨンジェを思い浮かばせた。
8月27日に放送されたSBS TV週末特別企画韓国ドラマ‘女の香り’(ノジソル;脚本、パクヒョンギ’演出)11話で再び病院へ行ったガンジウク(イドンウク)は、患者服を着ているイヨンジェ(キムソナの)に会った。
病院でイヨンジェに会ったカンジウクは、“分かった。どんな状態なのか?何も隠さずにありのままを言ってくれ”と言った。
イヨンジェは“胆嚢がんだ”と打ち明けた。
カンジウクは、“別れようと言った理由がそのためなのか、いつから知っていた?私に会う前から知っていたのか?知って私に近づいてきたのに今になって心が変わった理由は何か”と尋ねた。

女の香りあらすじ、女の香り11話、イドンウク、キムソナ 
女の香りあらすじ、女の香り11話、イドンウク、キムソナ

イヨンジェは“長くは残っていない。三、四の月。より短いかもしれない知れない。このような私を受け入れることができるのか?だから帰って”とカンジウクを押し出した。
カンジウクは、“こんなことなら近づいてくるべきじゃなかった。そんな話は私があなたにこのように狂うほど陥る前に話すべきだった。”と言いながら涙を浮かべた。

女の香りあらすじ、女の香り11話、イドンウク、キムソナ 
女の香りあらすじ、女の香り11話、イドンウク、キムソナ

そして、“本当に残酷だね。あなたという女性が好きになった私が、猛烈に嫌だ”とし、先に背を向けた。
カンジウクは、イヨンジェの別離宣言に続く、癌闘病の事実に混乱を隠すことができなかった。
イヨンジェは涙を流した。
二人は涙を流して悲しみを吐き出した。
次回の女の香りあらすじ、女の香り11話、オムキジュン、イドンウクに警告②をお楽しみに…

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/537-24d9ce2b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。