女の香りあらすじ、女の香り10話‘別れを告げる’

2011年08月22日 01:07

女の香りあらすじ、女の香り10話‘別れる理由’

女の香りあらすじ、女の香り10話、キムソナ‘死にたくない’

ガンジウク(イドンウク)に罪悪感を持つイヨンジェ(キムソナ)はチェウンソク(オムギズン分)を訪ねて嵐のように嗚咽した。
8月21日放送されたSBS新しい週末韓国ドラマ‘女の香り’(脚本;ノジソル/演出;パクヒョンギ)10回放送分、女の香り10話でイヨンジェは“生きたい”と嗚咽した。
イヨンジェはカンジウクに亡くなった母の手紙を見つける道に同行した。
カンジウクは、交通事故で亡くなった母親を回想して“二度と誰かをそのように放したくない”と涙をこぼした。
イヨンジェはカンジウクの心を受け入れたことに遅れた罪悪感を感じた。
イヨンジェは友人ユヘウォン(サヒョンジン)が求婚した男が気に入らないと不満を吐露すると、“私は君がうらやましい”と本音を打ち明けた。

女の香りあらすじ、女の香り10話 キムソナ オムキジュン 
女の香りあらすじ、女の香り10話 キムソナ オムキジュン

イヨンジェは“私は結婚をすることもなく、子供を産むこともできない。私はできることが何もない。その人の心を受け入れるのではなかった。彼にしてくれることが、出来ることが何もない”と涙を流した。
続いて、ヨンジェはチェウンソク(オムキジュン)を訪ねて“私を助けたら駄目?君は医師じゃないの。私、生きたい。私に何とかしてくれ。お願いだから助けて。死にたくない。ウンソク。”と暴風嗚咽した。
チェウンソクは、“彼に真実を打ち明けて”と助言した。

女の香りあらすじ、女の香り10話、イドンウク、キムソナに映画のようなイベントをプレゼント

ガンジウク(イドンウク)は、イヨンジェ(キムソナ)に映画のようなイベントをプレゼントした。
8月21日放送されたSBS新しい週末韓国ドラマ‘女の香り’(脚本ノジソル/演出パクヒョンギ)10回放送分、女の香り10話で、カンジウクは、イヨンジェのバケットリストを見ることになった。
一日くらいは映画のように生きたいというイヨンジェの望みを知ることになったカンジウクは、イベントを準備した。
カンジウクは、イベント準備ために様々なロマンチックコメディー映画を渉猟した。
ラインツアーのスタッフたちにも旅行商品を作るのに役立つようだと助けを求めた。
すべての準備を終えたカンジウクは、イヨンジェをデートに誘った。

女の香りあらすじ、女の香り10話 キムソナ イドンウク デート 
女の香りあらすじ、女の香り10話 キムソナ イドンウク アイスクリームデート

カンジウクは、イヨンジェとアイスクリームを食べながらデートをしてわざとイヨンジェの服にアイスクリームをつけた。
ジウクは、ヨンジェを連れて洋服屋に向かってイヨンジェには、わざっと数多い服を試着させた。
ジウクは、“何枚か好きなものを買ってあげる。”としたが、ヨンジェは1枚だけを選んだ。
洋服屋を出たカンジウクは、後で歩いてわざっと花屋のバスケットを倒して“私が弁償しないといけない。”とし、バラの花束を買ってイヨンジェに抱かせた。
デートの最後は、イヨンジェが好きなジュンスの音楽と派手な花火、リングの贈り物を準備した。

女の香りあらすじ、女の香り10話 キムソナ イドンウク デート 
女の香りあらすじ、女の香り10話 キムソナ イドンウク 別れを告げる

夜には花火のイベントと一緒に指輪を渡して“いつまでも私のそばにいてほしい”と告白した。
ヨンジェは涙を流しながら、“受け取ることができないようだ。”とし、“カンジウクさんに会うのが嫌になった。”と話した。
ジウクが“もしかして、私の父のせいなのか?”と尋ねると、ヨンジェは“そうだ。考えて見たが、私はそのような侮辱的な言葉まで聞きながら、ガンジウクさんに会う必要がなかった。”と言った。
ジウクは、“タイミングがあまりにも残酷ではないか”とし“私たちの父は、私が説得する”とした。
しかし、ヨンジェは涙を流しながらも頑強にジウクから背を向けた。
ヨンジェは、自分の癌症状が悪化すると、ジウクに罪悪感を感じた。
ジウクには、過去、母親を交通事故で失った深い傷があるという事実を知ることになったヨンジェの罪悪感はますます大きくなったからだ。
ヨンジェは、最終的にカンジウクに別れを宣言する決心をした。
自分が癌患者だから、ジウクに傷を与えることを心配したヨンジェは別れを決心していた状況だった。。
ヨンジェは涙を流しながらも別れを告げるしかなかった。
ヨンジェのバケットリストは愛する人の胸で永遠に眠ることだが、ヨンジェの最後のバケットリストはどうなるだろうか?
ジウクと別れたヨンジェは抗がん治療を受けに病院へ行った。
チェウンソク(オムギズン)に、“こんな私だから、恋もできない私だから、とても嫌だ”と告白して涙を流した。

女の香りあらすじ、女の香り10話 イドンウク オムキジュン 
女の香りあらすじ、女の香り10話 イドンウク オムキジュン

ジウクはヨンジェが別れを告げたことを受け入れることができなかった。
ヨンジェの家とラインツアーでヨンジェの行方を探していたカンジウクは、イヨンジェの友達ユヘウォン(サヒョンジン)を可笑しく思い、後を追った。
ユヘウォンはその時、ちょうどヨンジェの病院を訪ねるところだった。
ヘウォンの後をつけていたジウクは、癌病棟の病室でイヨンジェの名前を見つけて驚愕した。
チェウンソクと会ったカンジウクは、“このイヨンジェが私が知っているイヨンジェで間違いないか?”と聞いた。
驚愕するカンジウクの姿で、8月21日の女の香り10話の放送が終わり、今後の展開に緊張感を加えた。
女の香り11話は8月27日の放送を予定している。
韓国ドラマ、女の香りは毎週土日夜9時50分に放送されている。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/530-0383c16d
    この記事へのトラックバック