--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の香りあらすじ、女の香り9話‘熱い抱擁とキス’

2011年08月21日 00:27

女の香りあらすじ、女の香り9話‘熱い抱擁とキス’

女の香りあらすじ、女の香り9話、キムソナ、イドンウクに“恋愛しませんか?”ピンク色の告白

ガンジウク(イドンウク)とイヨンジェ(キムソナ)が嵐抱擁をした。
8月20日放送されたSBS新しい週末韓国ドラマ‘女の香り’(脚本;ノジソル/演出;パクヒョンギ)9回放送分、女の香り9話で、カンジウクとイヨンジェがお互いの心を確認した。
イヨンジェがカンジウクに、“私たち、恋愛しませんか?”と尋ねた。
カンジウクは答えの代わりに熱い抱擁をした。
カンジウクは激しくイヨンジェを抱きしめしたし、イヨンジェは息をだめて吐いた。
イヨンジェが“息ができない。”と言うとやっとカンジウクがイヨンジェを離した。

女の香りあらすじ、女の香り9話、キムソナ、イドンウク 熱い抱擁 
女の香りあらすじ、女の香り9話、キムソナ、イドンウク 熱い抱擁

カンジウクは、“ちょっと家に来てから行け”と言った。
カンジウクが水がコップを渡しながら、イヨンジェと指先が振れあい、二人は共に顔を赤らめた。
続いて、カンジウクは、“破婚した。”とイヨンジェに以実直告した。
イヨンジェは“"なぜそうした?”と反問した。
カンジウクは、理由を問うイヨンジェに“私のためにその決めたんです。私も私の人生を生きていたくなったから。”と言いながら笑みを浮かべた。
カンジウクは、“先、イヨンジェさんこそ、なぜそうしたの?私が嫌いだと言ったらどうするつもりだったの?”と尋ねた。
イヨンジェは“だから、嫌なの?”と再び質問し、カンジウクは、“いいえ”と答えた。
カンジウクとイヨンジェがお互いの心を確認した。
一方、カンジウクの破婚宣言にイムセキョン(ソヒョリム)のお父さんであるイムジュンヒ(ナムグンウォン)が気を失って、ドラマの展開に興味を加えた。

女の香りあらすじ、女の香り9話、イドンウク、父に“どうしてこんな変わったのですか?”涙の訴え

俳優イドンウクが父イジョンギルに心の奥に隠していた本音を打ち明けた。
8月20日に放送されたSBS TV韓国ドラマ‘女の香り’9話では、ガンチョルマン(イジョンギル)がイムセキョン(ソヒョリム)と破婚を宣言した息子カンジウク(イドンウク)に怒っている場面が描かれた。
イムジュンヒ(ナムグンウォン)会長は、娘のイムセキョンと破婚したカンジウクの会社に深刻な打撃を覆わせ、これを一歩遅れて知ることになったカンチョルマンは息子のカンジウクにその責任を回したこと。

女の香りあらすじ、女の香り9話、イドンウク 
女の香りあらすじ、女の香り9話、イドンウク

カンチョルマンは“それがどのような会社であると思ってそうしたのか?”と怒ったし、カンジウクは、“よく知っている。父親は会社の仕事に狂って母親が亡くなったのも知らなかった。”とし、過去を思い出した。
続いて、カンジウクは、“その時、わずか十二歳だった。一人で葬儀場を守りながら、どれだけ怖かったかを知ってるの?”と“家族を手放して、起こした会社ということもよく知っている。”と応酬した。
これに、カンチョルマンは“父が恨めしくて、つぶれてもそうでなくても、関係ないと言うのか?”と反問し、カンジウクは、イム会長にしがみつく父親に“どうしてこんなに変わったの?”と涙で訴えた。
カンジウクはカンチョルマンに、イムセキョンとの婚約について“しないつもりです。だから、お願い。私をほうっておいてください。”と繰り返し強調して、カンチョルマンが力を抜けた姿で起き上がる姿が注目を集めた。

女の香りあらすじ、女の香り9話、キムソナ&イドンウクの自転車キス

イヨンジェ(キムソナ)とガンジウク(イドンウク分)の自転車のキスシーンが描かれた。
8月20日放送されたSBS新しい週末韓国ドラマ‘女の香り’(脚本;ノジソル/演出;パクヒョンギ)9回放送分、女の香り9話でイヨンジェとカンジウクは、本格的な恋愛に突入、仕事を言い訳に莞島(ワンド)デートを続けていた。
カンジウクはイムセキョン(ソヒョリム)との破婚で危機を迎えた。
ソジングループの妨害工作で海外旅行商品を販売できなくなると、国内旅行での需要を転嫁しようとしていた。
カンジウクは、イヨンジェが企画した莞島(ワンド)島ツアーのために莞島へ向かった。
破婚のために、カンジウクの仕事が難しくなったという事実を知ることになったイヨンジェは抗癌治療まで後回しにしてカンジウクと旅を共にした。

女の香りあらすじ、女の香り9話、イドンウク キムソナ 自転車キス 
女の香りあらすじ、女の香り9話、イドンウク キムソナ 自転車キス

二人は莞島(ワンド)で企画案のとおりにデートを楽しんだ。
企画案には、自転車に乗って島を見て回ることもあった。
カンジウクは、“企画案に自分がしたいことすべて書いておいたようだ。”とした。
これに、イヨンジェは“ところで、私は自転車に乗れない。”と答えた。
結局、カンジウクトとイヨンジェは一台の自転車へ向かい合って一緒に座った。
イヨンジェがカンジウクの自転車の前のハンドルの間に座った。
二人は向かい合っ見たまま自転車に乗りながらキスを交わした。
女の香り10話は8月21日に放送される予定である。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/527-7f65ec86
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。