女の香りあらすじ予告、女の香り9話‘テントのロマンス’

2011年08月20日 18:09

女の香りあらすじ予告、女の香り9話‘テントのロマンス’

女の香りあらすじ予告、女の香り9話、キムソナ&イドンウク‘テント寝!福不福ロマンス?’

‘女の香り’キムソナとイドンウクが1泊2日‘テントと同床’を通じて‘福不福ロマンスの饗宴’を開催する。
SBS週末特別企画韓国ドラマ‘女の香り’(脚本;ノジソル、演出;パクヒョンギ)でキムソナとイドンウクはお互いの心を確認した後、本格的なロマンスを繰り広げている、
8月20日に放送される‘女の香り’9回放送分、女の香り9話で、意図してないキャンプ場のデートの終わりにドキドキする‘テントと同床’をすることになった。
すでに、日本の沖縄での妙な最初の同床をした二人が落ち着かない第二夜を一緒に過ごすことになった。
特別な仲ではなかった最初の同床とは異なり、今回のテント寝は本格的な恋愛を始めた二人に開かれる特別なロマンスであるだけに視線が集中している。
去る8月15日に撮影が行われた全羅南道清算(チョンサン)では、笑い満開の‘紆余曲折’テントの設置から、心臓がどきめく‘テントで同床’までのキムソナとイドンウクの真夏の夜の楽しいキャンプデートが続いた。
‘女の香り’中で、旅行商品開発のために莞島(ワンド)を訪れたラインツアー本部長ジウク(イドンウク)は、ヨンジェ(キムソナ)が企画した旅行日程に直接キャンプをすることを決意、二人の楽しいキャンプのデートが始まった。
生まれて初めてテントを広げたジウクとは異なり、ヨンジェはてきばきとテントの設置もやすやすとやり遂げてジウクの心強い保護者の役割をこなし出した。

女の香りあらすじ予告、女の香り9話 キムソナ&イドンウク、テントロマンス 
女の香りあらすじ予告、女の香り9話 キムソナ&イドンウク、テントロマンス

実際に、撮影現場で二人は初めてのテントの設置に紆余曲折を経ながらも、絶景で有名な清算(チョンサン)の美しい自然を励みに愉快な撮影の雰囲気を継続した。
鏡餠呼吸を自慢する二人がまるで、実際のキャンプに来たかのように陽気な態度で演技に臨んだからだ。
夜遅くまで続いたキムソナとイドンウクのキャンプデートは、‘テントの同床’で仕上げられているようだったが、予想外の反転で、‘笑い過ぎ腹痛’のエピソードにつながることになる。
甘いロマンスと一緒に愉快な楽しさが感じられる二人の‘テントの同床’に関心が集まっている理由だ。
‘女の香り’製作社側は“晴れた日のおかげで、莞島(ワンド)の清算(チョンサン)での撮影が順調に進行された”とし、“つらいスケジュールの中でも愉快に演技に臨んでいる俳優たちのおかげで1泊2日、莞島(ワンド)の撮影が楽しく仕上げられている。テレビ劇場でも楽しいバカンスの愉快さを感じることができるだろう”と伝えた。
一方、視聴者の爆発的な声援があふれている‘女の香り’は、様々な視聴者掲示板を通じて‘ヨインペイン(女の香りに嵌り過ぎ)’が登場し、‘ヨヒャンアリ’を誕生させているなかで視聴者たちの期待感が爆発している。
SBS韓国ドラマ‘女の香り’は、毎週土、日曜日の午後9時50分に放送されている。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/523-ed0927c0
    この記事へのトラックバック