成均館スキャンダルあらすじ|成均館スキャンダル第11話3

2010年10月08日 02:59


成均館スキャンダルあらすじ|成均館スキャンダル第11話-Ⅲ

韓国ドラマとしては展開が速いような遅いような感じですが、1話ずつ、詳細に描かれていますので、演出の細かい配慮も見逃さないように…
今回は11話の後半部分になっていますが、ドラマとしては中盤部で、阻止する側と事件を解決する側の対立が始まる前の静かな感じですが…
いつもユンヒのそばにいるのはソンジュン(ユチョン)であることに気が付きましたでしょうか?
ユンヒが困っている時はジェシン(ユ・アイン)が、大きな問題を解決する時は頭の鋭いヨンハ(ソン・ジュンギ)がいます。
しかし、白い服が似合うのは王子様、助け役は黒い面を被った黒騎士であること。
ラブラインはいつも王子様と姫だけど・・・  成均館スキャンダルのラブラインはどうなるのでしょうか?
成均館スキャンダル第11話Ⅲ編では、 王様は新政策を発表し、ソンジュン(ユチョン)、ユンヒ(パク・ミニュン)、ジェシン(ユ・アイン)、ヨンハ(ソン・ジュンギ)の活躍を無駄にしなかったが、王様の本当の計画は・・・
ここがみどころです。
成均館スキャンダルあらすじ第11話はエピソードが多いため、4回に分けて載せますので、最後までお付き合いくださいませ。
ここからは成均館スキャンダルあらすじ第11話Ⅲ編です。

成均館スキャンダルあらすじ|成均館スキャンダル第11話Ⅱ

成均館11-3-1 紅い紙の詩文と裏帳簿

ホンビョクソが書いた詩文と裏帳簿を机の上に置いた、王様は臣下だちに“禁難政権を廃止し、国民皆が商取引ができるよう許可する”と発表をする。

成均館11-3-1 王様 新政策発表

臣下たちは反対の声を上げるが、ソンジュンの父親がその政権に手をあげたため、新政策は公表されることになった。
王様はソンジュンの父が本当の臣下だと語るが、ソンジュンの父親の本音は王様の見方だろうか?

成均館11-3-1 怒る法務大臣 納めるソンジュンの父

ハ・インスの父親は新政策に賛成したソンジュンの父に怒るが、ソンジュンの父は民の心を得ることが先であると忠告をする。

成均館11-3-1 新政策発表の知らせ

成均館なかにも新政策の内容が知らされ、喜びの表情と怒りの表情が混ざる。

成均館11-3 ユチョン、ユ・アイン、ユンヒ、ソンジュンギ

ソンジュンとユンヒ、ジェシンが木の陰に座っているのを見つけてヨンハが走ってきて、ジェシンの目を両手で隠す。

成均館11-3 新政策発表を喜ぶユチョンユンヒジェシンヨンハ

ジェシンに怒られたヨンハはユンヒとソンジュンの肩を組み3人で遊ぼうという。
ヨンハの手をユンヒの肩から離そうとしたジェシンは皆を倒してしまう。

ジョンヤギョン先生は学生たちの安易が心配で王様のところへ行くが、王様は4人を宮に呼んでいると答える。

成均館11-3 王様に呼ばれ宮に来たユチョン、ユンヒ

お宮に行ったユンヒはヨンハが個性がない官服を着ているとからかいながらお宮は怖いところかもと言う。

成均館11-3 王様に呼ばれ宮に来たジェシン、ヨンハ

ジェシンは個性もなく、好みもきかない全て同じ官の征服をと言いながらヨンハの服をなでる。
皆が個性のない官服を着ているから良い政策が出ないと、ソンジュンが言うとそれはそうだと答えるヨンハ。
 
成均館11-3 ユチョン、ユンヒ、ジェシンもヨンハのセンスにびっくり

成均館11-3 期待を裏切らないヨンハのファッション  
 

成均館11-3 私はグ・ヨンハだ

その考えには今も変わりはないと答えながら、皆の前に立つ。天下のヨンハは中に着ている個性たっぷりの服を見せにらかしながら、“私はグ・ヨンハだ。”って、皆で笑いながら楽しくお宮の中に入る。
王様は4人にそれぞれの意味のあるものを下す。

成均館11-3 王様からの賞品 ソンジュンギ

ヨンハに下されたものは成均館盗難事件でなくした手作りお城だった。

成均館11-3 ヨンハがびっくり

お城を見て驚いているヨンハに王様は、ウンゾン家で生まれ育ったヨンハの活躍が大きかったと聞いたと言う。

成均館11-3 兄の詩文を手に取ったジェシン

ジェシンには詩文が下された。

成均館11-3 兄の名前 懐かしい ジェシン

成均館学生長、ムン・ヨンシンの試験の時のトップだった詩文だと言われる。

成均館11-3 王様が兄のことを知っているのはなぜ?

兄のものでしょうか?と聞くと王様は名文書だったから持っていたと答える。
ソンジュンには羅針盤が下された。

成均館11-3 ユチョン 迷ったら使え!

羅針盤を見ているソンジュンに王様は問う。
“今回のことで、父のことを疑ったことはなかったのか?”

成均館11-3 ユチョン 迷ったことがなかったか?

その問いに目を揺らせているソンジュンに王様は“答えろ”と言うけど、ソンジュンは答えることができない。
王様は“イスラムの本に書いてあったけど、羅針盤の針が揺れる限りはその羅針盤は間違うことはない。揺れる目を血縁関係の人であっても、警戒すべきその心を忘れるな!”と語る。

成均館11-3 ユンヒ 父の遺品を目の前にする

ユンヒに下されたものはパズルのようなものだった。

成均館11-3 ユンヒ、王様、私の父をご存知ですか?

ユンヒの父であるキム・スンホンの遺品だと言われ、ジョンヤギョンの目が大きくなり、揺れてしまう。
王様にユンヒが父に良く似ていると言われ、ユンヒは王様に“私の父をご存知でしょうか?”と反問をする。
王様は 成均館 博士キム・スンホンは一番大切に思う臣下であり、友であったと答える。
ユンヒの父の正体を聞いたソンジュン、ジェシン、ヨンハも驚く。
ユンヒは 成均館の博士だった父のことが信じられない。母に聞いた父の話とは全然違うものであった。

成均館11-3 ユンヒ 父の正体を知る

ユンヒは父が安置されているところに行き、父の名前を懐かしく見ている。

成均館11-3 ユンヒ 父のように歩みます 

成均館11-3 ユンヒ 父のことを知らずにごめんなさい

ユンヒは父の名前と一緒に書かれていた『サセンチュイ』を読みあげ、父が追求していた義理の世界はどんな所でしょうか?父がここにいるのをなぜ私は今日になってわかったのでしょうか?と一人で涙くむ。

成均館11-3 ユチョン、父上、ありがとうございました

ソンジュンは父に今回、新政策のことに父の力大きかったと聞いと言い、感謝の気持ちを伝える。
ソンジュンの父は当たり前のことをしたと答える。
父のことが模範になると思い、嬉しかったというソンジュンにソンジュンの父は結婚を早める事にしたという。

成均館11-3 ユチョン 結婚話にびっくり

その結婚話を聞いたソンジュンは言い訳を言うけど、ソンジュンの父はソンジュンの話を聞いていない。
ソンジュンは何も言えず…
このまま、ソンジュンはヒョウンと結婚してしまうのか?


次回の成均館スキャンダル あらすじ11話-Ⅳもお楽しみに…

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/52-910cd65a
    この記事へのトラックバック