ボスを守れあらすじ(企画意図)とボスを守れ登場人物紹介

2011年07月28日 19:45

ボスを守れあらすじ(企画意図)とボスを守れ登場人物紹介

ボスを守れ(韓国ドラマ)企画意図

初心者女子秘書が超強力不良財閥2世のボスに出会って起きる前代未聞の、甘くて怖い‘不良財閥の手懐けプロジェクト’
ボスを祀る秘書から、秘書の面倒を見るのボスへ!
関係の逆転、また逆転をして広がる甘くて愉快な"ミルタンロコ(押し引きロマンチックコメディー)”
カエル王子が姫のキスに本物の王子に変身する?
いや、不良王子秘書のキスに本物の王子に変身する!

ボスを守れ 登場人物 チソン チェガンヒ キムジェジュン ワンジヘ 
▲ボスを守れ 登場人物 チソン チェガンヒ キムジェジュン ワンジヘ

ほとんどの雑務からキングメーカーの役割まで、クリントンとのスキャンダルで有名なルインスキーから、ジェクウェルチの秘密兵機と呼ばれるベドオスキまで。
秘書室、慣れているが見知らぬそこを、‘まともに’に除いてみる。
昨日まで敵だったが、今日は同志と明日は、また敵に。
必要により、ボスはボスたちで、秘書は秘書たちで力を合わせたり、離れる。
色とりどりの呉越同舟の難。
スペックに、就職難に、殺伐な組織生活に泣いて笑うこの世の青春を向けた暖かくて愉快な慰め。

ボスを守れ 企画意図 
▲ボスを守れ 企画意図

ボスを守れ(韓国ドラマ)登場人物紹介

チャジホン(チソン);Cグループの経営戦略の1チームチーム長&本部長(ゼネラルマネージャー)。

ボスを守れ チソン 
▲ボスを守れ 登場人物 チソン

Cグループのオーナーチャ会長の息子。
財界順位10位以内の大企業の子弟、どこでも通じる名刺、華やかな容貌と優れたファッション感覚、言えば口が痛いし、女たちのロマンの長い指と、(一見)優秀幼い目つきで水準級のピアノ演奏までこなす彼。
ここまで来れば娘を持つ政財界人たちに花婿候補1位に選ばれるようだが、全然!
表面だけは最高級品、中身は欠陥だらけの不良品と判明されて久しい。
父チャ会長が望むの息子像とまったく正反対の路線を歩んでいる彼は、しっかり遊んで食べる遊び人経営者だ。
あらゆる理由で遅刻、早退、欠勤を均等にし、偶然に出勤すれば、眉間いっぱい印象を固めて決裁書類置いて苦悩する。‘今度はどんな言い訳でさぼろうか...?’
そんなジホンが会社の業務に関心があろうがなかろうが会社は、問題なく動く。
そもそも彼の決済サインはショーに過ぎないこと。
彼のオフィスは会社の経営とはほとんど関係がない、人里離れた島のような所だ。
当然、父親チャ会長は無論、役職人の信頼、全くない。
外貌至上主義の女性職員の何人かを除外すれば、彼の前で頭を下げて振り返れば、アップデートされた新しいルーマーを交換するために忙しい従業員たち。
アイビーリーグにもフェンス立ててあげて入ったよ、誰とスキャンダルがあだこだ。いや、ゲイとよ。チャ会長が今度こそ戸籍から抜いてしまうそうだ。当然マスコミと証券界チラシも華やかに飾る。経営、経済、人物欄より事件事故やゴシップ欄が彼の得意先で、株価を落とす一番の貢献者であるCグループのX - MEN。

ノウンソル(チェガンヒ);Cグループの経営戦略の1チームチーム長&本部長の秘書

ボスを守れ 登場人物 チェカンヒ 
▲ボスを守れ 登場人物 チェカンヒ

ジホンが入れ替えた秘書が百人を迎えたという噂が出回っている時、信じようと信じまいと第百回目、面接を受けている女性がいたが、まさにノウンソルである。
3流大学出身、就職悲観自殺のニュースが出るたびに自分の話であるように同感する代表青年失業者。
一時、‘バルサンドンノ伝説’と呼ばれた、軽くて遊んでいた(?)の女性。
か弱い女なルックスの中に堅い骨密度と 強情っぱり、武功を隠している女性。
ちょっと待った!武功?なら、ヨウンチュン拳、太極拳などこのような...?
映画の中ヤングザウィ 、チャン ツィがしていた彼女の武道...?そう、その武功だ。
ウンソル年齢五歳の時である。
競争社会に適応できず、敗北者として住んでいた寡夫ウンソルお父さん、ノボンマンが深い息を吐き出す。
すべてやめて山に入ってしまうぞ!
まったく決断力、推進力などを持ってなかったウンソルおとうさんがこの時だけは不思議な豪気で入山を敢行した後、幼い時の夢だった武公の道を歩み始める。
そのように自称(!)武林高段者であるお父さんのお陰で、ウンソルは突然武林高段者の娘、ではなく、本人が武林高段者になっていく。
数時間の距離の町内の学校を歩いて通い、自然を師匠にみなし生存の専門家として生まれ変わり、朝夕に父ノボンマンと武功と道を積んで生きた歳月が13年。
ウンソルは、もうこれ以上はこのように生きていけないと思い独立を決心する。
父のようには住まないと、世の中の人々のように平凡な人生を歩むと、ウンソルは、父ノボンマンと一戦の熾烈な大連の後に下山する。
ウンソルは、夢に満ちていた。
同じ年齢の人のように平凡に友達とおしゃべりをして、芸能人を好きになったりしながら、常に甘いと思っていたも平凡な生活。
しかし、それは勘違いだった。
田舎の学校を通い、独学水準でやっていた勉強くらいでソウルの子供についていくのはあまりにも難しく、田舎から来たウンソルを相手にするには、ソウルの子達はあまりにも洗練されているか、勉強に忙しかった。

チャムウォン(キムジェジュン、JYJ);Cグループの経営戦略2チームチーム長&本部長(ゼネラルマネージャー)。

ボスを守れ 登場人物 キムジェジュン 
▲ボスを守れ 登場人物 キムジェジュン

ジホンといとこの関係。
現在のオーナーであるチャ会長の兄嫁であり、Cグループの系列会社社長シンスキの一人息子。
2チームの本部長だが、実質的にジホンの1チームまで専担しているグループのコントロールタワー。
人の心をよく読む方だから世渡りに優れ、いつでもどこでもジェントルさを失わない、財界のプリンス。
ジホンが事件事故のスキャンダルでゴシップ欄を上り下りする時に、ムウォンは、新しい世代を担う、最もパワフルな若い経営者で経済面を飾る。
評価がちょっと誇張された面はあるものの、決して間違ってはいない。
幼い頃から母親シンスキによって徹底した経営の授業を受けてきて、グループ入りの後、短期間でかなり刮目に価する成果を上げて、チャ会長及び、役職員たちの信任を得ていく最中だ。
そのおかげで証券界では次期CグループのCEOはジホンでははなく、ムウォンだろうという推測が飛び交っている。
もちろん、本人の目標も、グループの統括、経営権だ。
このようなムウォンの野望は、母親シンスキ社長から受け継いだもの。
元のCグループの会長職は次男であるチャ会長ではなく、長男だったムウォンのお父さんのものだった。
しかし、兄を追い出して経営権を獲得したチャ会長のお陰でムウォンのお父さんはグループの辺境を回り続けた末、死亡してしまった。
死因は癌だったが、シンスキとムウォンはムウォンのお父さんの死がチャ会長のせいだと思っている。
その後、チャ会長と談判の末に、シンスキは夫の系列会社を自分が直接引き受けて経営している。
一生を悔しさと恨みで生きていた夫の代わりに経営に邁進したシンスキは結構能力のある女性CEOになりつつある。
しかし、これだけでは悔しさが解けないシンスキは、夫の成し遂げられなかった野望を息子であるムウォンを通じて成し遂げようとする。

ソナユン(ワンジヘ);Pグループの長女。国際弁護士。

ボスを守れ 登場人物 ワンジヘ 
▲ボスを守れ 登場人物 ワンジヘ

帰国後シンスクキの周旋の下でCグループの顧問弁護士として働くことになる。
美しい女性。世の中のすべてを愛し、世の中の皆から愛されるような完璧な女性。
あふれることも足りないことも高級なスタイルと態度。
生まれた瞬間、産声さえも優雅に出したような気がする女。
その一方で、一見気さくな、財閥家の娘みたいではない彼女。
これらのすべては、彼女の徹底的な努力のせいだ。
彼女の自然さ、ありのままのようなナチュラルな格好良ささえも、努力の所産だ。
気さくさもそうである。
彼女は完璧強迫性の患者だ。
完全にナチュラルになるために、今日も努力に努力を加える。
万が一、スカートの裾がすこしでも曲がったり、ストッキングの一折でも傷ついたら?相手が予期しない言動で彼女を打って入って来たら?たとえばノウンソルのような女が。
ナユンはその瞬間、一発で崩れてしまう。
世の中のどんなことにも、動揺することはないようだった彼女は消えて、堂々たる静かな自信感も消えたまま、右往左往揺れる彼女。
そんなときこそ、本当の人間のようで、もしかしたら、より愛しくなるということを彼女本人は知らずにいる。
このような彼女の姿は、母親ファン館長をそっくりそのまま移したものだ。
どんなに完璧にセッティングしても、いつも欠点を探し出しながら、完全に完璧さを追求している母親に息が苦しいと感じながらも、皮肉に母親がそっくり似て行った彼女。
だから、より一層母親からの脱出を、自由を夢見てきた。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/469-6d52886b
    この記事へのトラックバック