--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の香り韓国ドラマあらすじ、 女の香り1話あらすじ‘指輪の行方’④

2011年07月27日 17:40

女の香り韓国ドラマあらすじ、 女の香り1話あらすじ‘指輪に行方’④

女の香り韓国ドラマあらすじ、 女の香り1話あらすじ‘キムソナ屈辱’①へ
女の香り韓国ドラマあらすじ、 女の香り1話あらすじ‘出会いと再会’②へ
女の香り韓国ドラマあらすじ、 女の香り1話あらすじ‘政略結婚と月休’③

女の香り韓国ドラマあらすじ、 女の香り1話あらすじ‘政略結婚と指輪の行方’

数年前にみた‘ミスターグッドバイ’を浮かばせるようなエンディングが決まったドラマのようだけど、‘女の香り’のあらすじを書こうと決めたのは、生きて生きながら色んな壁にぶつかり、転んだり泣いたりする私たちの人生の中で生きていて良かった!今日と言う一日を大切に過ごさないと!言う勇気を与えてくれるのではないかと思ったからです。
女の香りあらすじを書きながら、自分の人生を振り替えてみました。
もし、半年や数ヶ月の時間しか残ってなければ私は何をするのか?
女の香りのヨンジェのように旅に出るのか?などなど考えながら、女の香りあらすじを書いていいます。
女の香り韓国ドラマあらすじは大あらすじのようなものになると思いますが、詳細なラブシーンやドラマの内容が理解できない部分が出るときは、和訳の感じで‘女の香り’あらすじ特別編で記載するつもりです。
女の香り韓国ドラマあらすじ1話は5回くらいに分けて掲載するつもりです。
キムソナの復帰作韓国ドラマ‘女の香り’が視聴率15.8%で、さわやかな出発を知らせました。
7月23日初放送されたSBS新しい週末韓国ドラマ‘女人の香り’は、全国15.8%、首都圏17.5%の視聴率を記録しました。
ここからは 女の香り韓国ドラマあらすじ、 女の香り1話あらすじ‘キムソナ屈辱’です。

女の香り韓国ドラマあらすじ、 女の香り1話あらすじ‘金持ちと貧乏’④

‘女の香り’ナムグンウォンがイドンウクを自分の娘婿に決めた。
23日初放送されたSBS TV週末韓国ドラマ‘女の香り’(ノジソル;脚本、パクヒョンギ;演出)1話で、ソジングループのイム会長(ナムグンウォン)は、娘婿として決めておいたガンジウク(イドンウク)とゴルフを楽しんでいた。
カンジウクのゴルフの実力を見たイム会長は“セキョン(ソヒョリム)より実力が良くない”と大きく笑った。
そして、カンジウクに"女問題がない君のことが気に入った”と話した。

女の香りあらすじ1話 女の香りあらすじ1話 
▲女の香りあらすじ1話 女の香りあらすじ1話

イム会長は"君が偉い経営者になることは望んでいない。それはセキョンがすれば良い。女性問題で苦しませることさえなければよい。”と言い、カンジウクが気に入っていた理由を加えて説明した。
これにカンジウクは“セキョンを愛する人と結婚させるのが良いのではないですか?”と尋ねたが、イム会長は“君がセキョンを愛すればよいだろう。”とカンジウクに対する確固たる心をアピールした。
しかし、お互いに対する愛情が全くないカンジウクとイムセキョンは結婚する前から耳障りな姿を見せ、今後のドラマの展開に対する好奇心を加えた。

女の香りあらすじ1話 女の香りあらすじ1話 
▲女の香りあらすじ1話 女の香りあらすじ1話

ウィルソンの怒りを解きたいと思ったイヨンジェは、彼が食べがる食べ物の贈り物を包んでホテルを訪ねた。
ウィルソンは母親に捨てられたという記憶のために、韓国を嫌いながらも、心の中では懐かしさを持っていた人物だ。
イヨンジェは"今日のことは、もう一度謝罪申し上げる。しかし、私のために韓国に対する印象がこれ以上、悪くならないでほしい”と話した。
しかし、状況が少しは良くなるだろうと思っていたイヨンジェの予想とは異なり、他の問題が生じてしまった。
ウィルソンが大事にしている指輪(リング)がなくなったこと。
イヨンジェを呼び出したイムセキョン(ソヒョリム)は、いきなり指輪を出せと叫んだ。
イヨンジェが分からないと答えると、イムセキョンはヨンジェのバッグまで探し始めた。
その瞬間、ウィルソンが部屋から出てきて、イムセキョンは"指輪(リング)の価格に関係なく補償して差し上げる。上演だけは行ってください”とお願いした。
しかし、彼は"その指輪なければ絶対にピアノを打たない"とはっきり語った。

女の香りあらすじ1話 女の香りあらすじ1話 
▲女の香りあらすじ1話 女の香りあらすじ1話

重要な公演を成功させることができなかったイムセキョンは怒ってイヨンジェの頬を殴った。
その後、"むしろお金を盗めばよかった。そうだとここまで物事が絡まなかったのに!”と毒気漂う言葉を浴びせて出て行った。
結局、イヨンジェは悔しい濡れ衣を着せられて、こんこんと涙を流すしかなかった。
しかし、ウィルソンが帰国ために空港へ行ったとき、セキュリティー設置に引っかかったウィルソンは服に指輪が付いていたことに気づいた。
次回は、女の香り韓国ドラマあらすじ、 女の香り1話あらすじ‘時限付き宣告’⑤をお楽しみに・・・

女の香り韓国ドラマあらすじ、 女の香り1話あらすじ‘時限付き宣告’⑤へ

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/467-26a9502a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。