女の香り(女性の香り)韓国ドラマ 女の香りあらすじ*登場人物紹介

2011年07月24日 18:28

女の香り(女の香り(女性の香り))あらすじ*登場人物紹介

韓国ドラマ女の香り(女性の香り))女の香りあらすじ*登場人物紹介

女の香り(女性の香り))が新妓生伝(シンギセンデョン)後続で放映される。
女の香り(女性の香り)が期待されるのは出演陣(キャスト)だ。
イドンウクとキムソナの出演だけでも大きな話題を集めている女の香り(女性の香り)について紹介しようと思う。

女の香り(女性の香り)(2011年7月23日放送予定)(全20話)

編成:SBS土・日曜日(週末)21時50分放映予定
出演(キャスト):イドンウク、キムソナ、オムギジュン、ソヒョリム、ナムグンウォン
女の香り(女性の香り)(女の香り)紹介:時限付き宣告を受け、オールドミスの末端社員の人生を描いた作品だ。卑屈に会社に忠誠し、一日一日をとたばた暮らしていた従業員が幸せを求めて海外に旅に出てから、始まるロマンチックコメディー韓国ドラマだ。

◆女の香り(女性の香り)登場人物紹介

ガンジウク (イドンウク);ラインツアー戦略企画本部本部長。別名ガンボン

女性の香り イドンウク 
▲女の香り(女性の香り)登場人物紹介  
ガンジウク (イドンウク)

売上高500億台韓国最高の旅行グループ"ラインツアー"の代表、カンチョルマンの一人息子
仕込んでおいたような顔と体つき、あふれるお金、父が掘り起こしておいた坦々たる大道、会社に大さじだけ置けば良い人生。
出勤と同時に、女性社員たちに憧れの対象であり、男性社員にとっては憧れの対象だ。
ところが、10人に9人は羨ましいと思う人生が味気ない。ジウクは...
きれいに着飾った食卓に座るためには基本的に諦めるべきものがある。例えば、魂?
自分の人生を生きるのではなく、父が望む人生を生きている彼だ。
礼儀正しく丁寧な笑みを浮かべて、クールで柔軟な言い方だが、吐き出す言葉はすっかり冷たくて傾きかげんで、冷笑的だ。
ダンディーな都市貴族の姿で彼は毎日の人々に警告する。望むままにすべて差し上げる。
その代わりに私に最善、熱心、本気のようなものを期待するな。
ソジングループの三女、セキョンと結婚しなさいと言われても反抗なんてしなかった。
自暴自棄になった状態のジウクの人生は本当に退屈で味気ないものだった。
海外出張でのヨンジェと出会うまでは....

イヨンジェ(キムソナ);ラインツアー手配チームの従業員

女性の香り キムソナ 
▲女の香り(女性の香り)登場人物紹介  イヨンジェ(キムソナ)

仕事に出る時は肝も胆嚢家に置いて行く。
プライド?遠い昔にお茶漬けにして飲み込んだ。学歴も、家柄も、ルックスも平均値を少し下回る、何一つ人の前に出すことのできない人生。
世の中で一番恐ろしいことが会社で首になる(解雇)ことだ。
給料も給料だが、それより最も怖いのは‘この年齢で無職のタイトルまでつけたら、結婚が永遠に遠ざかって立ち去るかもしれない’という不安感のため、部長の人格冒とくとセクハラにも、“あら!関心に感謝します”と言える超絶忍耐の所有者になった。
少ない給料で母親(?)まで扶養しているうえに老後の備え、結婚資金、家賃準備まで心配が泰山だ。
職場では卑屈女、家では根気強い女、身なりはみずぼらしくて、日常には卑しいけと屈せずに我慢する。
必ず、今日より良い未来があると信じているから...
そんなある日、ヨンジェは、胆嚢がん末期で6ヶ月の時限付き判定を受ける。
食わず、着飾らず、使わなくて生きてきた人生に後悔がいっぱい...
死ぬ前にしなければならないことがあまりにも多いけど...その中で最も切実なのは愛である。

チェウンソク (オムギジュン);韓国医療センターの腫瘍内科医師

女性の香り オムギジュン 
▲女の香り(女性の香り)登場人物紹介  チェウンソク (オムギジュン)

患者を二度驚かせる。
ハンサムな顔で一度、無愛想な態度でもう一度。
別名ラポ(rapport、患者と医師との間の心理的な信頼関係)が大きく落ちる。
同僚の医師、看護師、患者と中々親しくなることができない。
自分の欠点を知っているが、直そうとする努力のようなものをしたことがない。
別に不便さを感じる事がない。
患者と親しいからと言って、実力のある医者になることはないのではないか!
自分の忘れたい過去を隅々まで知り尽くしているヨンジェとの急な再会がパニックっているのに、がん宣告に時限付き判定までしなければならないということが負担になる。
ヨンジェに再開したその日以降、穏やかな日常に亀裂が現れる。
患者にはいい医者。ヨンジェには良い男になりたいという欲望が芽生えてくる。

イムセキョン (ソヒョリム);ソジングループの末娘であり、ソジンカートの経営戦略担当常務

女性の香り ソヒョリム 
▲女の香り(女性の香り)登場人物紹介  イムセキョン (ソヒョリム)

神は不公平だという話を立証させようとしたのか神はセキョンだけにすべてを持ったらせた。
頭脳と各種のタレントはもちろん、ソジングループ一家の中で最も優れた外観を持った。
錚々たる彼女が財界20位圏中の人を抜いてジウクと政略結婚をすることになった理由は傷のためだ。
5年前、交通事故に遭い、生死を往来したとマスコミに報道されたが、実は自殺未遂だったことを上流階級ではみんな知っている。
彼女は愛、特に貧富の差を超えた愛を信じない。
だけど、愛されたくないのではない。
いくら政略結婚だが、ジウクが自分を愛してほしいと望んでいる。
私は彼を愛ししなくても、彼は私を愛ししなければならない!

特別出演 ;ジュンス(キムジュンス、JYJ)

女性の香り キムジュンス 
▲女の香り(女性の香り)登場人物紹介  ジュンス(キムジュンス、JYJ)

8月6日に放送される韓国ドラマ女の香り(女性の香り)5話で、同名(ジュンス)の人気歌手のジュンス役で登場、ヨンジェと甘いデートを楽しむようになる。
キムジュンスはヨンジェ(キムソナ)と一緒にしたデートで直接歌を歌ってあげたり、親切に写真も撮ってサインをするなど親しい姿をお目見えする。
時限付き人生を宣告されたヨンジェが、自分のバケットリストの一つである‘ジュンスとデートすること’に成功することになる。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/459-6829c24e
    この記事へのトラックバック