--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成均館スキャンダルあらすじ|成均館スキャンダル第2話1和訳

2011年07月22日 18:33

成均館スキャンダルあらすじ|成均館スキャンダル第2話1、ソンジュンの冒険

成均館スキャンダル、韓国ドラマは現在BSジャパンで、成均館スキャンダル14話まで放送されており、7月25日月曜日には 成均館スキャンダル15話が放送される予定です。
成均館スキャンダルあらすじの書き直しです。最後まで読んだ方には不要だと思いますが…
成均館スキャンダルあらすじだけは完成したいと思っていましたが、時間もなく、大変な作業ですが、最近、面白い韓国ドラマが少ないので、 成均館スキャンダルを見直しながら、再度、 成均館スキャンダルあらすじに挑戦しています。
成均館スキャンダル第2話1では、ユンヒ(パク・ミニョン)を説得したいソンジュン(パクユチョン)!
原則主義者ソンジュンの冒険が見所です。
ここからは成均館スキャンダルあらすじ第2話1です。

成均館スキャンダルあらすじ|成均館スキャンダル第2話1、説得

直ぐ、頭の上に官軍が来ている足音を聞いたソンジュンはユンヒの肩を包んでいる手にもっと力を入れて、ユンヒを自分の胸に引き寄せる。
明かりも少なく、暗い山の中、そして、振りつつける雨の中でソンジュンとユンヒの姿を探すことを諦めた官軍は足を戻す。
段々と遠ざかる官軍の足音、でも、緊張を緩めることができないソンジュン!
ソンジュンの目は遠ざかっている官軍の後姿に…
ユンヒの口を防いでいる手には緊張感を現すようにもっと力が入って行く。

成均館スキャンダル第2話1-1 ユチョン パクミニョン 
成均館スキャンダルあらすじ第2話1 成均館スキャンダル動画キャプチャー

ユンヒは目の前にあるソンジュンの顔が気になるが、ソンジュンはユンヒが女性だとは夢にも思っていない。
官軍の足音が消え、暗い山の中は静けさに包まれていた。
ユンヒはそっとソンジュンの指を一本ずつ、離して見るが、静かになって安心したソンジュンがユンヒの口から手を離し、ユンヒの方に顔を向けた時、ユンヒとソンジュンの目と目があう。

成均館スキャンダル第2話1-2 
成均館スキャンダルあらすじ第2話1 成均館スキャンダル動画キャプチャー

あまりにも近くにあるお互いの顔に二人とも驚きを隠すことができない。
二人とも大きくなって行く目の大きさと心臓の動きが、心臓の音が…
先に、視線を変えて、ソンジュンに寄せられていた体を起こしたユンヒは、つばを飲んでみる。
その時でも、ソンジュンの手はユンヒの肩の上に乗せたれたままだった。
その場を何とか逃げたいユンヒは“息ができず、死ぬところだった。”と口を開くと、自分の手の位置に気づいたソンジュンは慌ててユンヒの肩から手を離す。

成均館スキャンダル第2話1-3 
成均館スキャンダルあらすじ第2話1 成均館スキャンダル動画キャプチャー

ソンジュンは何もなかったかのように“本当に、考えと言うものを持っているの?”と言いながら、不自然な感じで、袖をなでる。
ソンジュンは“そちのせいで、私まで危険に陥るところだった。ここまでは、なぜ、戻ってきたの?”と危険から逃げずに、戻って着たユンヒが理解できないと言う目つきでユンヒを見る。
ユンヒは目を丸めて“お金!本代をもらいに着たの!”と言うユンヒが不思議な感じでソンジュンはユンヒを見ているが、ユンヒは“本を持っていたら、お金を払って行くべきだろう?!”と言いながら、ソンジュンの目の前に開いた手を出す。

成均館スキャンダル第2話1-4 
成均館スキャンダルあらすじ第2話1 成均館スキャンダル動画キャプチャー

ユンヒの行動が理解できないソンジュンは言葉を失っていたが、ユンヒは“早く出して。50ニャン!”と言いつつける。

成均館スキャンダル第2話1-5 
成均館スキャンダルあらすじ第2話1 成均館スキャンダル動画キャプチャー

一方、ハインスの群れのビョンチュンは“逃がしてしまったって?!”と聞くとヨンハは“そんなに怒らないで…陰謀とわなの楽しみはいつも、このような反転にあることだから…”と言っているが、あまりにも落ち着いた声であった。
雨を見ながら話をしているヨンハは何を思っているのか?
ヨンハが望んでいたのはソンジュンとユンヒが無事でいることだったのか?なら、なぜ?
ゴボンは“でも、あいつら怪物じゃないの?活字だけが上手な100年書生だと思っていたのに…武芸がまた、普通以上だということは…偉大な人物かも…”と楽しいそうに笑ってしまう。
ヨンハは雨に手伸ばして、雨を観賞しているように見えるがなにか満足しているそうな笑顔がちらっと見えた。
ゴボンの空気を読めない話に、カンムの顔を固まる一方だが…
その時、ビョンチュンが足でゴボンを蹴りながら空気を換えようと“偉大な人物だって?!”と怒りを表す。
その時、センスを力いっぱいで開いたヨンハ。
何も言わずに、固まった表情で酒を口に注ぐハインス。

成均館スキャンダル第2話1-6 
成均館スキャンダルあらすじ第2話1 成均館スキャンダル動画キャプチャー

山から下りて着たソンジュンはユンヒにお金を払うつもりでお金を探すが、とこにもお金がない。
ソンジュンの行動を見ているユンヒの表情は段々と暗くなって行く。
ユンヒは“まだか、お金がないの?”と聞くとソンジュンは“ボクシ(覆試)の時に払う。”と言いながら、少し晴れた表情で“私が、間違いなく約束する!”と加える。
ユンヒは怒った表情でソンジュンの腕をつかみながら“行きましょう!私はあなたの部屋までも攻め込んで、必ず、もらうつもりだ!”と言うが、ソンジュンはユンヒの手を振って離し、“私、イソンジュン!だった50ニャンに信義をなくしたりはしない。”と言う。
ユンヒは“だった50ニャン…”と言いながら、怒りを最大限に抑えている。
ソンジュンは“丈夫同士の約束だ。本代は私が間違いなく払う。二日後、試験場で会おう。”と言うが、ユンヒは“私は科挙などは受けるつもりないから、本代は明日まで、必ず、貸し本屋に持って来て!”と言い残して、そな場を離れる。
ユンヒはそのまま帰るが、ソンジュンがユンヒの肩をつかみ止める。

成均館スキャンダル第2話1-7 
成均館スキャンダルあらすじ第2話1 成均館スキャンダル動画キャプチャー

ソンジュンは“なら、誰を訪ねればよいのか?”と言うと、ユンヒは“キムユンシク!キムユンシクなの。”とユンヒが名前を言うと、ソンジュンは“儒生、キムユンシク!その名で試験場に立って。字を売って権力を買う人が不満なの?飢えている民にご飯になる政治を願うと言ったのか?なら、正正堂堂に出仕をして。私のドポ(上着)裾ではなく、殿下に捧げるシグオン(試言)にその意を明らかにして!勿体無い才能だった。巨擘をして費やすには…”と言う。
ソンジュンの話を聞いていたユンヒは“貧富貴賎、老論南人、党色に関係なく、誰しもが実力さえあれば登科して官職付けると、まさか、そう信じているの?本当に科挙でそのようになると思う?私は、朝鮮がそんなに偉大な国だと…思わない!”と言って帰ってしまう。
雨の中で消えて行くユンヒの狭い肩がもっと悲しく思えるソンジュン!
ソンジュンもユンヒと同じ思いをしたのか?
何も言えず、消えて行くユンヒを眺めているだけ…

成均館スキャンダル第2話1-8 
成均館スキャンダルあらすじ第2話1 成均館スキャンダル動画キャプチャー

いつもの水車の隠れ場所、ユンヒの秘密の場所、ユンヒがユンシクになり、ユンヒに戻る場所!
ユンヒの姿に戻ったユンヒはひざを抱き上げて、悲しい顔をしていた。
学問が好きだけど、当時は女性の身をして学問をすることは許されるものではなかった。
その悲しい現実が、実力や才能だけでは何もできない女性の立場!

成均館スキャンダル第2話1-9 
成均館スキャンダルあらすじ第2話1 成均館スキャンダル動画キャプチャー

雨が降り続ける夜!
ソンジュンは本を読んでるが、その内容が頭に入らず、ユンヒの言葉が、朝鮮の現実が悲しいだけだった。
でも、ユンヒとなら、新しい朝鮮も夢ではないかも…
ソンジュンはユンヒを試験場に立たせる方法を考えていた。

次回の 成均館スキャンダルあらすじ第2話2をお楽しみに…

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/457-c4168cc3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。