--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボスを守れ、チソン、チェガンヒ、キムジェジュン、ワンジヘなど強大キャスティング!

2011年06月27日 05:05

ボスを守れ、チソン、チェガンヒ、キムジェジュン、ワンジヘなど強大キャスティング!

ボスを守れ、主演;チソン、チェガンヒ、キムジェジュン、ワンジヘキャスティング完了

さわやかで溌刺としたロマンチックコメディーのために"超強力ドリームライン"が浮かび上がった。
‘シティーハンター’の後続で8月3日に放映されるSBS新水木韓国ドラマ、ボスを守れでチソン、チェガンヒ、JYJキムジェジュン、ワンジヘ、パクヨンギュ、チャファヨン、キムチョンが強大呼吸を合わせるようになった。
ドラマを率いることになる4人の主演俳優の新鮮な出会いと3人のベテラン演技者の完璧な組み合わせで視聴者たちの期待感が高まっている。

ボスを守れ キャスティング キムジェジュン、チソン、チェガンヒ、ワンジヘ 
ボスを守れ、主演;キムジェジュン、チソン、チェガンヒ、ワンジヘ


ボスを守れは、就職難を経験した女性主人公が、紆余曲折の末、財閥企業の不良上司である男の主人公を迎える派遣秘書として就職することになりながら起る甘くて、怖くて、快活、明朗なロマンチックコメディーだ。
ボスを守れでチソンはどこか抜けているような容貌を持っている財閥企業の世間知らずの末息子チャジホン役に、チェガンヒは、代表青年失業者で、紆余曲折の末、財閥企業の派遣秘書として就職することになるノウンソル役を引き受けた。
ここでは、韓国テレビ劇場に初の演技挑戦状を差し出すJYJキムジェジュンは、強大な能力を備えた、"財界のプリンス"チャムウォン役、ワンジヘはあふれずも足りずとした完璧さを持つ弁護士ソナユン役を演じることになる。
何よりもチソン、チェガンヒ、キムジェジュン、ワンジヘが描き出すのは、新鮮な四角ラブラインに視線が集中されている。

ボスを守れ キャスティング キムジェジュン、チソン、チェガンヒ、ワンジヘ 
▲ボスを守れ キャスティング キムジェジュン、チソン、チェガンヒ、ワンジヘ

特に、以前に見せた事のない、図々しいながらも小心な、刺激豪快ながらもケチな、魅力的な演技を広げるようになる、チソンと韓国のロマンチックコメディー界の女王であるチェガンヒの出会い、アジアから愛されている最高歌手からドラマのヒーローに生まれ変わるキムジェジュン、特有の"チャドニョ(都市の冷たい女)"のイメージとシンクロ率100%を誇る演技を広げるようになるワンジヘの爽やかながらも愉快な魅力に、ボスを守れへの関心も増幅されている。
これに加えて、貫禄の演技力を土台にドラマの中心軸を作ってくれるパクヨンギュ、チャファヨン、キムチョンなど中堅俳優たちの"最強の組み合わせ"にも期待感を呼び起こしている。
ベテラン演技力を土台に劇的楽しさを倍増させる最高のキャスティングという評価の中で、ボスを守れの超強力ドリームラインが完成した。
‘ボスを守れ’製作社側は"‘ボスを守れ’に最も似合った演技者たちを見つけた"とし、"キャラクターにぴったりの俳優たちのイメージと安定した演技力、俳優たち一人一人が持っている八色鳥のような魅力の要素が‘ボスを守れ’を完成させてくれるだろう"と自信感を伝えた。
一方、超強力ドリームラインで、さらに興味を呼び起こしている‘ボスを守れ’とは"パリの恋人""天使の誘惑""糟糠の妻クラブ"のソンジョンヒョンPDと‘愛に狂う’のグォンギヨウン作家が意気投合、より一層期待感を集めている。
‘ボスを守れ’は‘シティーハンター’の後続で8月3日の夜9時55分に初放送される。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/433-7245d4ef
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。