--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パクユチョン、'成均館スキャンダルvsミスリプリー"どれだけ成熟したか?

2011年06月26日 21:14

パクユチョン、'成均館スキャンダルvsミスリプリー"どれだけ成熟したか?

ユチョン(JYJ)、'成均館スキャンダルvsミスリプリー"どれだけ成熟したか?

俳優パクユチョンが二回目の演技挑戦作で初めてとはまた別の魅力と成熟した演技力を披露し好評を受けている。
2010年KBS韓国ドラマ"成均館スキャンダル"で演技者申告式を行ったパクユチョンは最近、MBC月火韓国ドラマ"ミスリプリー"で穏やかな性格の財閥後継者"ソンユヒョン"に帰ってきた。
前作'成均館スキャンダル'で艶がない花ドリョンを演じたパクユチョンは2010年KBS演技大賞新人賞をはじめ、第47回百想芸術大賞TV部門新人賞と人気賞を引っつかんで、俳優として成功的な出発を知らせたことがある。
グループJYJのメンバーとして、韓国を代表するアイドルの中に位置づけられているパクユチョンはもう俳優としての領域を拡張することにも心血を注いでいる様子だ。
'成均館スキャンダル'以後、数多くの作品のラブコールを受けたが、悩み続けた上、最後に次期作を選定し、グループ活動で忙しい中でも、演技の練習と訓練に多くの精魂を込めたという言い伝えられている。
だからだろうか。 "ミスリプリー"の中の俳優パクユチョンは、一層成熟しただけでなく、ある程度経験豊富になった印象さえ漂う。
"成均館スキャンダル"当時、パクユチョンの演技力は、すでに"初挑戦としては期待以上"という評価を得たことがある。
俳優として充分な可能性を持っていたと言う話だ。

パクユチョン、成均館スキャンダルvsミスリプリー 1 
パクユチョン、成均館スキャンダルvsミスリプリー


高い身分の子弟として生まれ、学問であり、礼節、文武を兼備した冷たい性格の男に成長したものの、生まれて初めて訪ねてきた愛の前に混沌を感じる"イソンジュン"をかなりよく表現した。
ほのぼのとしたマスクと節制された演技が合わされて艶がない花ドリョンの成長と変化を成功的に描き出した。
視聴者たちだけでなく、専門家たちも好評を送った。
そのような作品で俳優の最高の栄誉である新人演技賞を二つも手に入れた。
そうかと言うと、最近、"ミスリプリー"の中のパクユチョンは、魅力的なオムチンア(優れた母の友たちの息子)であるのは前作と似ているが、確かに完全に別の人物を演技している。
かさかさとした性格を脱いで穏やかさを着たパクユチョンは誰にもマナーが良くて暖かい。

パクユチョン、成均館スキャンダルvsミスリプリー2 
パクユチョン、成均館スキャンダルvsミスリプリー


しかし、なぜか憂愁に満ちたオーラも彼を巻いている。
生母に対する記憶、財閥家の生まれとしての悩みが彼の語り口と行動のあちこちについている。
ある方向から見ると"ミスリプリー”の中のソンユヒョン(パクユチョン)は、"成均館スキャンダル"の中のイソンジュン、より一層多面的、複合的なキャラクターだ。
特に、今後、愛する女性チャンミリ(イダヘ)の実体を知ってから、ソンユヒョンの感情の変化は切実で生死を往来するキャラクターを表現せねばならない。。
彼の運命が根こそぎ揺らせる、その岐路で、ソンユヒョンの複雑で微妙な心理の変化がどれだけ出てくることができるのか期待が集められる。
'成均館スキャンダル'を通じて俳優としての成功的な信号弾を撃ったパクユチョンが果たして"ミスリプリー"で、また一度の跳躍に成功することができるのか、彼の歩みに関心が集中される。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/431-52a9caa2
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。